CATEGORIES

AD CORE DEVISE HISTORY : 041-MODEL (FILE No.23)

2015.02.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.54
アメリカン・ジョージアンスタイルをモチーフに、調和の取れた威厳あるデザイン041-MODEL
今回は昨年秋に発表したNEOCLASSICO Heritageの中から、041-MODELを紹介します。アメリカの植民地時代に大陸へ渡ったジョージアンスタイルをリデザインしました。サイズモジュールはゆったりくつろげるサイズ感ながら、日本で使い易いデザインにしています。スリップカバータイプも用意したことで、さらに豊かな変化のあるインテリアシーンを楽しんでいただけるダイニングチェアに仕上げました。

最大の特徴は、サイドチェアで幅480㎜、アームチェアで幅600㎜とゆったりとしたサイズ感。背も通常のダイニングチェアは100度ですが、よりリラックスできるように背当たりで110度傾けました。座は弾性ベルトをクロスに編み、その上に固さの違うウレタンフォームを多層に置き、ソファのような掛け心地を実現。座面はメンテナンスしやすいように取り外しが可能です。背は樹脂製ベルトのクロス編みにウレタンフォームを多層に置き貼り込みました。フレームはホワイトオーク材で、長く使える堅牢度と豊かな表情を出しています。今回NEOCLASSICO Heritageには使い込まれた上質なイメージを残しつつ、ナチュナルなヴィンテージ感を出した染色塗装、ヴィンテージホワイト(D-6)とヴィンテージブラック(D-7)を新たに用意しました。

スリップカバー(カバーリング)タイプは、カバーリングを変える事により、生活するインテリアシーンに合わせて表情を変えてお楽しみいただけます。カバー下のファブリックはベーシックモデル専用布が張られています。通常下張り用の布より強度があり、表面が滑りにくい仕上げをしています。カバーを装着した時に形が崩れにくくなる効果がある布を使用し、通常使用にも十分対応する事が可能です。また、カバーの座と背の接合部についてる布を、座のフレームにマジックテープで接合する事によって、座ってもズレないようになっています。アームチェアはアーム部内側にフェルトが付いており、アーム部の張り上がりの綺麗さと、木アームへの肘掛け時に柔らかなタッチを実現しています。

041-MODELは、使い方・素材感も大切にし、更にリラックスできるモジュールを追求しています。ベーシックモデルではシンプルなデザインを、スリップカバーモデルでは華やかさやモダンさを、様々な表情を楽しむことができる次世代に継承されるダイニングチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■041BC-MODEL 製品ページ ▶
   ■041C-MODEL 製品ページ ▶ [ 左 ] 041-MODEL アームチェアの側面、背の角度は110度傾けています。
[ 右上 ] アーム取付けの背部は組立時に接合したことで強度を上げています。その為、昔ながらの手法で張られています。
[ 右下 ] アーム部下は強度を高める為と座の交換を可能にしたデザインにしています。 
[ 左 ] 背・座の柔らかなラインは、形状に合わせたウレタンを使用して幾層にも重ねて仕上げています。
   背の内部ウレタン、ウレタンを取り付ける際、下の大きいウレタンが表にきて納まります。
[ 右 ] 座面の内部ウレタン、重ねたウレタンの上にはワタを置いて、優しい感触に仕上げています。
   座面のウレタンの下には、合板に弾性ベルトが使いしっかりとした掛け心地です。
[ 左 ] スリップカバーは、ベースファブリック・座面裏のマジックテープにより、整った形で納まります。 
[ 右上 ] カバーリングのアーム内側、一枚のフェルトがアームを被せるような仕上げにしています。
[ 右下 ] カバーリングは座面裏にあるマジックテープで固定。この接合で座面がズレないようになっています。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る