CATEGORIES

PRODUCT : CAMBIA DINING CHAIR

2017.09.22

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.99
今回はAD CORE シリーズより2009年に発表した、成形合板による座面とフレームのカーブが美しいスタッキングダイニングチェア、CAMBIAをご紹介します。イタリア語で「変更、切り替え」を意味するCAMBIA。フロントビューは落ち着いた印象、後ろ姿はシンプルでシャープなスタイルの二面性を持ったデザインです。

独創的な構造を持つCAMBIAは、背座にはエーディコアが得意とする3次曲面の成形合板、曲線の主要フレームには成形合板を使用。無垢材は直線の脚部にのみ使用し、パーツを削り出す際に出る無駄な材をできるだけ減らした、環境資源に配慮した構造です。成型合板で作られたフレームは美しいカーブを描き、無垢材を削り出して作られた脚に精度の高い加工をされた仕口で繋がります。この加工によりシャープなデザインを崩さずに、スタッキングできる構造になっています。3次曲面の成形合板がベースの座面は、一見フラットに見えますが、シェルの中央にすり鉢状に20mmのくぼみを持たせ、6層のウレタンを重ねることで、見た目からは想像できないほど上質な掛け心地に仕上げてあります。また、高度な加工技術によって実現した、厚み10mmの背板の木口に溝加工し、パイピングで張地を収めることで、シャープなフォルムで座面と背面のコントラストを引き立たせる、美しい仕上がりになっています。

見る角度により表情を変える洗練されたデザインに、長時間お掛け頂ける上質な座り心地とスタッキング機能を持たせたCAMBIA。高度な加工技術とディテールのこだわりによってデザイン性と機能を両立しました。スタッキング機能とシャープなデザインで大人数のダイニングの空間にも対応します。ぜひショールームで実際に座って頂き、その二面性のあるデザインと、見た目から想像出来ないほどの上質な座り心地を体感してみてください。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)


■CAMBIA CHAIR 製品ページ ▶

●画像はクリックすると拡大されます。

左:三次曲面の成形合板の背座。座面はすり鉢状に20mmくぼみを付け、ウレタンに厚みを持たせられるようにしてあります。背の木口にはパイピングを収めるため溝加工を施しました。右上:座面は厚みと硬さの異なる6枚のウレタンを使用しています。右下:座面の仕上がり。端部はフレームに落とし込み、座面もフラットでシャープなデザインです。 ※写真の商品は特注色の参考商品です。
左:スタッキングを可能にするためデザインされた成形合板のフレームはカーブを描き、無垢材の削り出しで作られた脚につながります。右:後ろ脚とフレームの仕口。無垢材の脚を切り欠き、ホゾで固定しています。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る