CATEGORIES

PRODUCT : MD-803.MD-804 ZAISU CHAIR

2018.02.22

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.104
今回はADCOREとして初めての和室家具、A-mode Heritage MD-803、804を紹介します。多様化するライフスタイルに対応するモダンデザインの座椅子です。

MD-803、804はMD-103NとMD-503の延長にあるデザインで、和室のあるダイニングシーンをモダンに演出します。どちらも従来の座椅子と比較してゆったりとしたサイズ感で、フレームに表情豊かなオーク材を使用しています。またバリエーションとして、底付き感のない座クッションタイプのAタイプと、座布団を組み合わせて使用するCタイプからお選び頂けます。Cタイプの座面は滑り止め加工をした張地を使用し、座布団がずれずに快適にお使いいただけます。オプションとしてオリジナル座布団クッション、MD-803-ZCをご用意しました。ウレタンとポリエステル綿を組み合わせ、へたりにくくしっかりとした座り心地です。座クッションタイプと座布団タイプ、どちらに座っても背の当たりの位置が変わらないよう、クッションの固さや厚みを調整してあります。

ダイニングチェアのMD-103NをベースにデザインしたMD-803はスクエアなデザインです。座クッションタイプは座面に厚みや固さの異なる5層のウレタンを使用しています。背にも4層の積層ウレタンを使用し、やわらかな背の当たりを実現しました。ラウンジチェアのMD-503をデザインのベースにしたMD-804はMD-803よりも更にゆったりとしたサイズで、畳の上でラウンジチェアのようにお使い頂けます。座クッションタイプは座面に厚みや固さの異なる7層のウレタンを使用しています。背中をホールドする笠木は贅沢にオークの無垢材を三次曲面に削りだし、ゆったりとしたサイズ感で柔らかな背のカーブは快適な背の当たりを実現しました。

どちらの座椅子も一般的な高さの座卓と組み合わせても使用する際、正座をしても膝がぶつからないよう、座のフレームは25mmと薄くデザインしました。薄い座のフレームと背のフレームの接続部は二本のホゾを差し込んだ後に精度の要求される仕口です。また地面に近づくにつれ広がる背のフレームが描く曲線は、強度を持たせ安定感を演出するMD-803、804オリジナルのデザインです。

和と洋のテイストを横断し、統一感を持たせるデザインのMD-803、MD-804。合わせて発表した座卓のMD-806との相性は抜群です。リビングに畳のある住宅やモダンスタイルの和室などでお使いいただけます。モダンヴィンテージデザインの座椅子をぜひショールームでお試しください。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)

■MD-803 ZAISU CHAIR 製品ページ ▶
■MD-804 ZAISU CHAIR 製品ページ ▶

■MD-806 ZATAKU TABLE 製品ページ ▶

●画像はクリックすると拡大されます。 左上:MD-804C 座布団タイプ。座のフレームを薄くすることで足入れを広く取っています。左下:座布団タイプの座面。滑り止め機能のある張地を使用しています。右上:薄い座のフレームと背のフレームの接合部は、ホゾをダブルに使用し強度を高めています。右下:椅子を動かした際に畳を傷つけないように、座面の裏のフレームにR面取りを施しています。 左上:座クッションの構成。厚みや固さの異なる5層のウレタンを使用し底付き感の無いしっかりとした掛け心地です。左下:モチーフとなったMD-103Nと共通の座フレームの面取り。木部に脚がぶつかっても当たりが柔らかいデザインです。右:MD-803A 座面につながる末広がりの背のフレームは強度を高めるデザインです。背クッションには4層の積層ウレタンを使用し、正座とあぐらで背の当たる高さが変わっても快適な掛け心地を実現しました。 左:MD-804A 三次曲面に無垢材を削り出した笠木は、ゆったりとしたサイズでやわらかな背当たりです。正座とあぐらで背の当たる高さが変わっても快適な掛け心地を実現しました。右上:笠木と背のフレームの接続には寸切りボルトという金物を使用し強固に固定しています。右下:座クッションの構成。厚みや固さの異なる7層のウレタンを使用し、底付き感の無いしっかりとした掛け心地です。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る