CATEGORIES

PRODUCT : MD-601 DINING CHAIR

2018.07.24

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.109

今回はA-modeシリーズより2013年に発表されたダイニングチェア、MD-601をご紹介します。無垢材のフレームで作られ、シンプルでありながら素材の温かみのあるMD-601は、モダンとヴィンテージ、両方のテイストを併せ持つカリフォルニアスタイルのダイニングチェアです。

MD-601は無垢材のフレームを精緻に加工し作られています。樹種は癖が少なく強度の高いビーチ材、塗装は5色からお選びいただけます。サイズは座面の幅が460mmとゆったりとしており、スタイルを選ばない様々なダイニングシーンにお使いいただけます。シンプルでシャープな印象ながら、木の温かみを感じることができる無垢材のフレームには、少し大きめの面取りが施され手触りがよく、また各パーツが滑らかなカーブで繋がっています。各パーツは精緻に加工され、接合の多くにホゾ組みを用いることで、高い強度を実現しました。更にコントラクトの用途でもお使いいただける強度を得るため、前後の脚は貫でつなげています。

シャープなフォルムのフレームと対照的な丸みのある座クッションは、座枠に張られた布バネに薄いウレタンを重ね、さらに厚み40ミリのウレタンを被せるように重ねて、合計5層のウレタンを使用しています。厚みのあるクッションは腰掛けた際に深い掛け心地をもたらします。6層のウレタンを重ねて作られた背のクッションも、座と同様に厚みがあり、固めのチップウレタンをベースに厚みの異なるウレタンを重ね、丸みのあるフォルムになっています。腰と背をしっかりと支え、安心して身を預けられるようになっています。

ナチュラルで癖が無く、様々なインテリアシーンでお使いいただけるダイニングチェアのMD-601。ただシンプルなだけでは無く、各所に込められた使い心地とデザインへのこだわりを感じることができます。MD-601でカリフォルニアスタイルのダイニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■AD-601 DINING CHAIR 製品ページ ▶

左:MD-601Aの無垢材のフレーム。各パーツは強度を高めるためホゾを用いて接合されています。右上:後脚と笠木の接合部。幅の細いホゾを使用しています。右下:パーツは接合後、手加工で仕上げなめらかなラインでつながります。前後の脚は貫でつなげ、コントラクトの用途でもお使いいただける強度を実現しています。 左上:座に使用されるウレタン。薄いウレタンを重ねた上にテーパー加工された厚さ35mmのウレタンをかぶせることで、深い掛け心地の丸みのある座クッションが出来上がります。左下:仕上がった座のクッション。厚みのあるクッションは深い掛け心地を実現しました。右上:背のウレタンのベースのチップウレタンは背板に落とし込まれています。合計6枚のウレタンを重ねることで座と同様に丸みのあるクッションが出来上がります。右下:背のクッション。厚みがあり、背と腰をしっかりと支えます。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る