CATEGORIES

PRODUCT : NC-022 LOUNGE CHAIR

2018.11.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.112
今回はNEO CLASSICOシリーズよりクラシカルモダンテイストのラウンジチェア、NC-022をご紹介します。
コンパクトなサイズ感のラウンジチェアのNC-022はファブリックにより大きく表情を変え、重厚なスタイルにも、やわらかなスタイルにも変化します。

NC-022は空間を広く見せるローバックと、よりフォーマルな印象を与えるハイバックタイプをご用意しています。脚部はメープルの無垢材を削り出し、座の柔らかいラインに沿うように高い精度で加工されています。座面の構成はフレームにダイメトロールという柔らかさと反発力を兼ね備え耐久性に優れた布バネを張り、その上に厚みと硬さの異なる6層のウレタンを重ねることで、底付き感の無い、身体の感覚に寄り添った上質な掛け心地を実現しています。

目に見えない内部構造ですが、背座のフレームは強度と軽さを両立するため中空になっています。美しい三次曲面のラインを作り出すために、中空のフレームはそれぞれ異なる形状の17枚の合板を放射状に並べてできています。合板の縁材には堅木の無垢材を三次曲面に削り出した物を用いることでエッジまで滑らかなカーブを作り出し、同時に強固な構造になっています。このフレームに下張りを施しウレタンを貼り、ファブリックを張りこむと美しい曲面の背座が生まれます。

クラシカルモダンテイストで上質な掛け心地を実現したNC-022。ゆったりとしたダイニングチェアとして、また上質な時間を過ごすためのパーソナルチェアとしてもお使いいただける絶妙なサイズ感のチェアです。1930年代の華やかなアール・デコのテイストを現代に蘇らせ、華美になりすぎないクラシカルなデザインはレストランやオフィスなどシーンを選びません。ぜひショールームでお確かめください。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)


■NC-023L LOUNGE CHAIR 製品ページ ▶ 左:フレームの構造、放射状に並んだ合板のリブは一枚ずつ異なった形状です。パーツごとに番号を振って組み上げられます。右上:リブを固定する縁材は無垢の堅木を三次元に削りだしたものです。右下:複雑な形状のフレームにウレタンを貼りファブリックを張りこむと美しい曲面が生まれます。 左上:メープル材の脚部。左下:後脚の角木。シンプルな構造ですが高い加工技術が必要とされます。右上:座枠に張られたダイメトロール。柔らかさと反発力を兼ね備え、高い耐久性を持った布バネです。右下:座面のクッションの構成。厚みと硬さの異なる6層のウレタンを重ねています。

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る