CATEGORIES

LA建築とインテリアデザインセミナーのアンケート結果発表!

2013.03.29

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.12
1月14日のエーディコア・ディバイズ東京から始まったLA建築とインテリアデザインセミナーは3月6日の沖縄を最後に全国13カ所600名を越えるお客様にご覧いただきました。大雪で脚を捻挫し松葉杖の東京からのセミナーでしたが、今回も穴を開けずにすみホッとしています。

各会場で皆様に、今回の住宅で一番印象に残り、気に入った住宅のベスト3を選ぶアンケートをお願いしました。次回の撮影に使用する住宅の参考にしたいと思ったのですが、プロの皆様が今、どのような意識を持って家を選ぶのか、どのインテリアが好まれるか、結果にとても興味がありました。会場では500名を越えるお客様からコメントとベスト3を記入いただきました。アンケートへのご協力ありがとうございました。今回の家はピエール・コーニッグのケーススタディハウスや、マリブのガーデンハウス、今の建築家のモダン住宅など様々なテイスト9軒を取材しましたが、どの家も今のLAできている旬のデザインばかりです。

結果は、1位 マリブのガーデンハウス、2位 果樹園の中の環境住宅、3位 ワーナーの副社長のサンタモニカの家、でした。どの家も1930年代からLAで始まるカリフォルニアスタイルの家で、4位になったノイトラの事務所兼住宅の建築家、リチャード・ジョセフ・ノイトラから始まったスタイルの建築です。世界的にもクールなモダンなインテリアから、ナチュラルで優しいモダンなインテリアが好まれてきていますが、皆様も同じ思いなんですね。2013年モデルの製品創りが間違っていなかった事と、次のデザインへの道を感じた結果でした。

今年はミラノサローネの取材は行きませんが、6月のロケハンと9月には撮影にLAへ行く予定です。8月にロケハンの模様をLAセミナーとして開催する予定ですので、楽しみにして下さい。 
(エーディコア・ディバイズ クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 1位 マリブのガーデンハウス(1954年-2004年改装)ハーパスバザー誌の元編集長のジュディスさんの家です。3エーカー(3600坪)の庭にはジュディスさんのアートが置かれ、東屋が点在するガーデンハウスです。 2位 果樹園の中の環境住宅(2003年)ドキュメンタリー映画監督の奥様と土壌改良の専門家のご主人と2人のお子さんがお住まいで、7エーカー(8600坪)の農薬漬けだった果樹園を農地改良して、オーガニックな生活をされています。 3位 ワーナーの副社長のサンタモニカの家(1948年-2000年改装)ノイトラ設計の住宅です。オーナーのお父様はノイトラ設計の住宅の家具職人でした。その家を手に入れてお住まいです。 4位 ノイトラの事務所兼住宅(1936年〜1966年)ノイトラがアムステムテルダムの建材メーカーVDLの援助を受けた実験住宅で、奥様と3人のお子さんと住みました。

革のお手入れ方法とは?

2013.03.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.8
例年になく桜の開花が早く、あっという間に春?と思ったのもつかの間、急に寒くなったり春めいたりと気温の差が激しい時期。衣替えのタイミングを迷ってしまいますね。

自宅で革のジャケットを片付けようとしたのですが、先日営業に見えた革問屋さんの一言が気になってちょっと考えてしまいました。いつもはカサついている部分に浸透性のクリームを塗って片付けていますが、その革屋さん曰く「革のお手入れは、何も塗らないのが一番!」と、言うのです。素上げの革ならともかく、表面加工している革にはクリームなど塗らないのが一番だと。確かに顔料や表面塗装をしっかりしている革にクリームを塗ってもあまり意味がありませんが、もし何も塗らないのが一番だとすると、一般的な皮革製品のお手入れ方法が違ってきますよね。そんな言葉が気になりつつも、レザージャケットに塗ったクリームがすーっと浸透して、しっとりしたのを確かめながら衣替えを進めるのでありました。

使い込まれた味わい深い革のソファや椅子はインテリアには欠かせないアイテム。張りのある滑らかな革や使い込まれた表情にエイジング加工した革など、鞣し方や仕上げ方によりお手入れ方法も異なります。伝統に基づいた昔ながらのやり方もちろん、最近では水洗いやイオンを使ったお手入れ方法もあるようです。革のお手入れ方法について、もっと掘り下げて検証しながら皆さんにご報告出来ればと思います。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/武田 伸郎)
               ヌクヌクのジャケットとビンテージレザーを張ったA-modeのチェア

ショールームのご案内(東京ショールーム)

2013.03.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.28
エーディコア・ディバイズ広尾の本社&ショールームは、閑静な住宅街の一角にあります。以前、個人のご邸宅だったガラス張り吹き抜けの開放的な3階建ての建物です。

エントランスを入っていただくとまず、迫力のあるイスラエルのAQUA社の照明がお出迎えします。3階は、天窓から柔らか光が漏れる明るい空間で、新作家具の展示を始めとするコーディネートと、お客様とゆっくりお打ち合せできるスペースとなっています。2階は人気のチェアのラインナップ。1脚ずつ座り心地を確認していただけます。1階はNEO CLASSICOブランドを中心としたのコーディネートです。
エントランスがちょっとわかりにくいかもしれませんが、紺色の「AD COREフラッグ」が目印です。是非、お気軽に遊びにいらして下さい。 ショールームページはこちら
(ショールーム担当:巻嶋 久美子) ショールームエントランスです。受付でお気軽にお声かけてください。 階段を登って3階までどうぞ♪ 天窓から柔らかな光が入りカフェのようなリラックスした雰囲気です。

エコクッションのご紹介(名古屋ショールーム)

2013.03.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.27
今回は皆さんにあまり知られていないアイテムをご紹介します!

エーディコア・ディバイズでは天然皮革を使用してクッションをつくっています。天然皮革は部位により風合いや質感が異なるため、通常は均一な部位を使用して残りは捨ててしまいます。ソファにするには小さすぎたり、シワがあったりする普段捨ててしまう皮革を、あえて質感の異なる組み合わせで製品化しました。クッションの中身も様々な種類のウレタンの端材を使用しているので、ECOな環境にもやさしいアイテムです。
その名も『EVERYTHING CUSHION-エブリシングクッション-』(エコクッション)是非チェックしてみてください!!
(名古屋ショールーム担当:小田切 里子) こちらがエブリシングクッションのカラーバリエーション。¥11,550
左から EC-1(ホワイト)EC-2(キャメル)EC-3(ブラウン)EC-4(チャコールブラウン)EC-5(ブラック)
名古屋ショールームにはEC-1(ホワイト)の展示があります。

イスラエルの照明(大阪ショールーム)

2013.03.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.26
ライティング・スカルプチャー(照明彫刻)をオーガニック・シルクで包み込んだ、ひとつひとつ手づくりで生産される、イスラエル「AQUA CREATIONS:アクア・クリエーション」社の照明をご紹介します。

照明でもありオブジェでもあり、芸術作品に近いとても素敵な製品です。エーディコア・ディバイズ大阪心斎橋ショールームでは、テーブルランプ「Perla:ペルーラ」を実際にご覧頂けます。「Perla:ペルーラ」とは、スペイン語で「真珠」を意味します。見かけも丸く、天然真珠のように少し黄味がかった光がシルクを通して、また微妙な隙間から優しい光が溢れてきます。
この独特の光と家具達の相性をぜひご覧にお越しくださいね。 (ショールーム担当:青木 由紀子) 見た目も独創的。。夜はまた違った印象になります。 微妙な隙間と陰で光を演出。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る