CATEGORIES

フロアタイルのご紹介(名古屋・栄ショールーム)

2013.07.31

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.48
エーディコア・ディバイズ名古屋 栄ショールームのフロアは東リさんの床材が敷かれています。OAフロアのため天然木のフローリングを敷くことができないため、『ルースレイタイル LL300Pエコ』と言う、リアルな木目が特徴的で、再生材料を15%以上使用したフロアタイルを採用しました。

リサイクル・リユース・リデュースに対応し、環境にも配慮したecoなシリーズです。タイルの一枚一枚の色柄に変化と濃淡があり、この不均一感や貼り合わせの継ぎ目が目立ちにくい特殊加工により、仕上がったフロアにより一層の自然感をもたらしてくれています。ショールームにお越しいただいたお客様も、一見天然木のフローリングと見間違える程の仕上がりに驚かれると共にご好評いただいております。お客様にトータルバランスをご確認いただきながら家具を選んでいただけるよう実際のお部屋に使用されることの多いナチュラルな色味を選びました。また、入口のマットは、『グラフィックタイルカーペット DC1101』を採用。こちらはダストコントロール機能に特化し、意匠性にも優れたカーペットで、出入り口付近の清潔さと美観を保ってくれています。

皆様ショールームにお越しの際にはぜひご紹介させていただいたフロアタイルと入口のカーペット、チェックしてみてくださいね!お待ちしております。(ショールーム担当:小田切 里子)
東リさんのサイトはこちら 『ルースレイタイル LL300Pエコ』が敷かれた、ショールーム。AD COREの家具たちもずらりと並んでおります。
床とのコーディネートのご参考にもされてください♪
天然木と見間違える仕上がりに!入口を開けると、グラフィックタイルカーペット『DC1101』がお出迎え。

植木は街の財産

2013.07.31

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.19
先日、自宅近くの学校にある桜の大木が切り倒されていました。枯れてしまった訳ではなく、校舎の立て替えの邪魔になったからが理由でした。毎年、柔らかな桜色が目を楽しませてくれ、春の訪れを知らせてくれていたので、かなりショックな出来事でした。緑の日陰が無くなり、急に寂しくなった空間と、大きくて元気だった事を証明している切り株を見ると悲しい気持ちでいっぱいになりました。

LAへ行くたびに思うのですが、なんと緑の多い事。眩しい太陽に乾燥した空気なのに、一年中、鮮やかな緑が目を休ませてくれます。以前はこれがLAなんだなと普通の事と思っていましたが、現地の方から、水道は650キロ先(東京から岡山くらい)から運ばれてきて水道代は高く、植栽にあげる水道代も大変な事を聞き、この緑が豊な生活の上に成り立っている事を知りました。それが、ビバリーヒルズなど緑が豊な場所ほど、生活が豊な事も。

LAでは自宅庭の芝生が伸び放題だと通報されたり、それが是正されないと、市の担当者が造園業者と来て、強制的に刈り取り、代金は家のオーナーに請求されるとの事。また、自宅敷地にある木であっても勝手に切る事はできません。切る時は市に届けを出す必要があります。勝手に切ってしまうと通報されて、数千ドルの罰金が課せられるそうです。罰金を払うのが嫌なら、同様の木を3本植えなければいけないそうです。知合いの方は水やりが大変だからと切ってしまったそうですが、結局3本の木を植える事になり、よけいに水やりが大変になったという事でした。そういった法律でも緑が守られているんです。

でも、それだけではありません。LAのモダン住宅がある文化度の高いエリアでは、街並の樹木や植栽も住人達の水やりや、清掃によって守られています。樹木や植栽も街の財産だという認識が高いという事です。それだから、住むエリアの価値が守られすから住宅が良く見え、保たれた価値の金額で住宅が取引されるようになっているのです。校舎だけ立派になった学校を見ながら、建物だけ立派でも緑と建物のバランスも大切なんだけどな、、と思ってしまいました。
                                (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 道の両側にある巨大な木はベンジャミン。日本では観葉植物ですが、LAでは巨大です。でもそれも日々世話をされているから育ったんです。 メルローズ辺りのインテリアショップのガーデンファニチャー展示。オリーブの樹々に囲まれた空間を作っていました。

AD CORE DEVISE HISTORY :ARCO [アルコ]( FILE No.05)

2013.07.30

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.19
極限のシンプルなライン、スタッキングチェアARCO/アルコ
今回お伝えします製品ARCO/アルコは、イタリア語で「弓」を意味します。今までにないフォルムのスチールパイプスタッキングチェアとして、2002年に発表。繊細な曲線を描くシャープなスチールフレームと、3次元成形合板を使用した穏やかなシェルの組み合わせにより、完璧なまでに精巧な曲線美を持つチェアシリーズです。

特徴である3次元曲線の脚部フレームには、クロームメッキのΦ12.7mmハイテンションパイプを使用。あくまでも細く、シャープなフォルムと強度を兼ね備えた脚部を実現しました。スタッキング時には、そのラインの美しさがさらに際立ちます。背座のバリエーションは合板タイプとファブリックタイプの2タイプを用意。合板のバリエーションにはビーチ材とチーク材を選ぶことができます。ファブリックタイプは天然木の突き板との組合せにより非常に美しい仕上がりです。

特にファブリックタイプ(Aタイプ)の仕様は、合板の小口に溝を掘って布地を納める、エーディコア・ディバイズ独自のデザイン。クッション性がありながらシャープなフォルムを実現しました。合板とはまた違った座り心地が味わえます。また集合で並べてお使い頂ければ、美しい風紋のようなラインを描き出します。単体の使用だけでなく、組合せでさらに便利に美しくなる家具です。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)
ARCO製品ページ たくさん並べることで、背のラインが美しい風紋のようにつらなります。 [左] 座面に接した脚部フレームは、座面と同じ曲線で精巧されたことで一体感が現れています。
[右] 木部をシャープに見せる為に、3次元成型合板の小口面を全て5mmの溝を掘っています。そこにパイピングで布地を収めることで、表面の薄い木部が見えシャープな印象を与えます。

イメージを伝える難しさ

2013.07.30

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.18
あるイメージを第三者に伝える事って難しい時がありますよね。それは形だったり固さだったり、匂いだったりもします。身の回りにある、例えば誰でも知っているモノを参考に伝えたとしてもそれを具体的に具現化することが非常に難しい時があります。

先日試作を進めていた「鉄の色」で、大変な苦労をしました。イメージは塗装によって鉄の素材感が消えてしまわない色。それは亜鉛メッキの電柱だったりロートアイアンの門扉だったり、ヴィンテージ風のメッキ仕上げだったり。スチール加工を請け負う工場の方にも、塗装屋さんにもなかなか分かってもらえません。自分自身のイメージがぶれていてキチンと伝えられないのです。そんな状態ですから、第三者に何とかして伝えるためには「これ!!」と、そのものズバリを提示しないといけない訳ですが、そういうものが中々有りません。そこでディレクターの瀬戸から出た案が「プラモデルの塗料」。子供の頃、戦車や戦闘機を塗ってたいわいる「ガンメタ色」です。グレーの濃淡の中にも、何ともいえない鉄の質感が感じられるあの色です。プラモデルの塗料を買い込み、いくつかのバリエーションをサンプルに塗り込んで検証しました。捌け塗りしたそのサンプルは、塗装の見本帳にはない何ともいえない表情がありました。後日、そのサンプルを塗装屋さんに伝えて、試作を仕上げてもらいました。

何事も、様々なイメージを駆使して試してみない事にはありきたりのものしか出来ませんよね。試作品は、刷毛塗りの質感溢れるガンメタ仕上げとはいきませんでしたが、有り体の工業用の塗装サンプルとは違った仕上りになったと思います。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/武田伸郎)

懐かしのプラモデル塗料。昔とちょっと匂いが違います。 鉄色塗装、あれこれ。

エコな素材Varia(東京・広尾ショールーム)

2013.07.30

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.47
エーディコア・ディバイズでは、リサイクルのペット樹脂(エコレジン)を40%使用し、植物、貝殻、リボンなどを挟み込んだとても美しいデザインパネルを取り扱っています。東京・広尾ショールームでは、壁一面にサンプルの展示をしていますので、ご来店頂いたお客様からもよく「これは何ですか?」というご質問を頂きます。

アメリカの3form社のVariaという商品で、弊社ではパネルの販売代理店をしています。200種類以上ものバリエーションがあり、キャンディーのようにカラフルで見ているだけで想像力が膨らみます。フレームを付けてパーテーションとしてお使い頂いたり、家具やカウンターの一部にお使い頂くなど、加工が容易なので様々なシーンにご利用頂けます。ご物件に、ご新居のご提案にぜひご活用ください。

施工例や詳細につきましては こちらをご覧頂くか弊社担当までお問合せ下さい。(ショールーム担当:巻嶋 久美子)
東京・広尾ショールームにはアートの様にサンプルが展示してあります。 ショールームに展示しているパーテーションです。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る