CATEGORIES

自分の始まりを思い起こす

2014.01.31

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.27
1月も末ですが、本年初めてのブログです。本年もよろしくお願します。もう一ヶ月経ったのですね。1月はアメリカ西海岸セミナーで飛び回っていました。あと少しで千秋楽です。十数回、この季節に休む事無く、最後までセミナーできる身体に育ててくれた両親に感謝します。

先日、雑誌社の取材を受けました。自分自身の話をする時、に必ずデザイナーを志したきっかけを聞かれます。忙しい毎日に、なんでこの仕事をしようと思ったのか?なんて忘れかけていました。改めて言葉にしてみるとと思い出します。私がデザインの仕事をしようと思ったのは、アメリカにきっかけがありました。高校1年生の時に初めて見たアメリカ西海岸の文化を紹介した雑誌「ポパイ」に影響され、スケートボードやモトクロスバイク、ジョギングなどの新しいスポーツやそのファッションを格好良いと感じ、自分に取り入れました。

スケートボードには本当にのめり込んで、高校2年生の時、プロになろうと思い、武者修行に渡米したのですが、結局は諦める事に、、。その時に肌で感じた、アメリカの巨大なショッピングセンターや公共の建物、ポップアート、、。とりわけ街全体にエアコンが効いている巨大な街のようなモールに驚き、そのインテリアデザイン、置かれている様々な家具等のデザインに、なんだか魅力を感じ、帰国する時にはそんな物の形を作る仕事をしたい、その勉強をしようと思っていました。親にとっては、渡米前とは、全く違った志を抱いて帰国した子供には呆れた事だと思います。その経験がなければ、今の自分は無かったでしょう。今思えば、アメリカに行かせてくれた親に感謝です。

高校2年生からずっと今の仕事を目指してきたので、飽きやすい性格の自分がよく持ったものです。久しぶりに、自分の始まりを思い起こす事をして、その時に目指した仕事ができているかを思うと、まだまだ頑張らないと、、と思いました。恥ずかしいのですが、高校生の時に思ったのがNYの5番街に店を出す事です。それまで頑張れるかどうか、、。年の始めに自分の始まりを思い起こす事もいいかもしれません。
(クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 久しぶりに出したスケートボード。板:Deck(デッキ)は1976年モデルのSIMS Lonnie Toft Model(シムス ロニー・トフトモデル)です。アメリカで手に入れたその頃の人気スケートボーダーのプロ用です。白とグリーンのWheel (ウィール)はランページ、ボウル用のハードで、付いている赤いWheelはソフトなストリート用です。Wheel の中心にあるベアリングもこだわり日本製のNTN製に交換しました。もう一つ大切なパーツはTruck (トラック)Wheelの中心にある金属のターンする為のパーツです。Truck&Truck を付けました。こんなふうにパーツを選ぶのも楽しかった思い出です。 赤黒の滑り止めも考えて貼りました。その頃は日本にプロ用モデルなどあまり入っていなくて、渡米してから購入しました。製材所でアルバイトしたお金をつぎ込んで手に入れました。たしか$500以上したような記憶が、、。すごく高価な物でした。右側のバッグはスケボー用のディバッグ。これを背負って毎日スケートボード場に通いました。その頃はロングヘアで真っ黒に日焼けして、アメリカではインディアンと間違われました、、。

新製品ソファ 納品第一号

2014.01.30

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.30
昨年発表した新製品ソファ A-mode MD-605 の初回納品が先日無事完了しました。優しいラインの木製フレームとちょっと懐かしさを醸し出すデザインは「ホームユースでもコントラクトスペースにも使える製品」と、好評をいただいていましたが、初めて納めさせていただいたのは広尾ショールームからほど近い個人のお客様でした。MD-605の3人掛けと1人掛け、オットマンの組み合わせをお選びいただいて、張り地は天然皮革の仕様です。

ご使用になるリビングが3階になるという事で、納入ルートの確認で事前にお伺いしました。玄関から階段途中でもカーブやクランクがありましたが、天井が高いため問題なく搬入設置も完了しました。お客様にお聞きしたところ、国内外の色んなソファを見て検討いただいたそうですが、決めては「とにかくシンプルなデザイン」と「信頼出来る国内生産」とおしゃっていました。ゆったりしたリビングに納まった真新しいソファセットは、どこかほっとするインテリアの中でちょっと落ち着かないようにも見えましたが、時間を重ねてお使いいただくことにより、しっくり馴染んでくるものと思われます。長くお使いいただければうれしいです。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/武田伸郎)
お客様のリビングにお届けしたMD-605ソファです。

AD CORE DEVISE HISTORY :MD-110( FILE No.10)

2014.01.29

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.29
無駄をそぎ落としたシンプルなスタイルと、作りと座り心地にこだわり抜いたソファシリーズ、MD-110
今回は、A-modeブランドの中からMD-110を紹介します。アメリカのカルフォルニアスタイルをイメージした、ファニチャーシリーズ。スクエアなデザインを基調とし、無駄な装飾をそぎ落としたソファシリーズとして2009年に発表しました。

奥行きが600mmのゆったりとした座面のクッションにはコイルスプリングを贅沢に使用しています。座面を薄くシンプルに見せるために使用するコイルスプリングの個数を増やし、鋼線も太くしました。オリジナルのコイルスプリングを使用する事により、ストロークの深い快適な座り心地を実現。また組み合わせが広がるシステムバリエーション、ヘッドレストも兼ねるハイバッククッションとMD-110のスタイルに合わせた羽毛クッションを用意しました。柔からかな曲面にフィットしたファブリックはカバーリングシステム、空間に合わせて自由なスタイルをお楽しみ頂けます。脚部にはスチール脚のシルバーとブラックの2種、木製脚、アルミ脚から選択することができ、空間を選ばず様々なシーンに対応できるソファシリーズです。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)
■MD-110製品ページ ▶ 無駄を削ぎ落したシンプルなスタイル [左上] 必要に応じてカバーの取替が可能です。
[右上] コイルスプリングを贅沢に使用、ストロークの深い座り心地です。
[ 下 ] 脚部はスチール・木・アルミの3種類から選択できます。

広尾のオススメランチ(東京・広尾ショールーム)

2014.01.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.64
寒さの中にも暖かい日が徐々に出てきて、春の気配が感じられるようになってきましたね。暖かい日には広尾をお散歩しながらランチでもいかがでしょうか。エーディコア・ディバイズ 東京・広尾ショールームの界隈には、幸せなことに美味しいお店がたくさんあります。贅沢なランチも多いのですが、私たちが日々通える美味しくてコストパフォーマンスの良いお店をご紹介します。

お昼前後にショールームにいらして頂いたお客様に、「近くで美味しいところはないですか?」とよく聞かれます。その時に胸を張ってご紹介出来るのが、行く度にこの味とボリュームでこのお値段で良いの!?と思う 『Bistrot La Cuillere』(ラ キュイエール)です。お店の方々も気さくで、アットホームな雰囲気も魅力です。前菜もメインも何種類かから選べて、どれも手が込んでいて大ぶりです。メインのお魚やお肉もとても美味しくて華やか。パンもお料理に合う物を焼いてもらっているそうです。小さいお店ですぐに席は埋まってしまいますのでお早めに。

ぜひ、エーディコア・ディバイズ 東京・広尾ショールームにお越し頂きながら、美味しいランチを召し上がってみてください。心よりお待ちしております。(ショールーム担当:巻嶋 久美子) 広尾商店街の一本裏ですが、赤い外観が目印です。
住所:東京都渋谷区広尾5-10-3 フロストバード広尾 1F
今日は大きなサラダと仔羊のハンバークでした。¥1,000〜いただけます。

是非…ご自宅の図面をお持ちください!(名古屋・栄ショールーム)

2014.01.27

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.65
皆様は家具をお探しのときに図面をもってお出かけされますでしょうか?
意外と忘れがちなご自宅の平面図…エーディコア・ディバイズ 名古屋・栄ショールームにお越しの際は、是非お持ちください。ショールームだと、どうしても家具の大きさとお部屋の間取りとのバランスが分かりにくかったり、ご検討中の家具を実際に置いたときに快適にお過ごしいただけるのかどうか…イメージし難い事もあると思います。

そんなときに便利なのが平面図。ショールームでは1/50の家具図面プレートをご用意しております。実際にお手持ちの図面に置いてみるとバランスの確認やイメージをしていただきやすく、大活躍しております。同じ商品でもサイズや形がかわったときのイメージ等もすぐにご確認いただけますよ。お手持ちの図面が1/50の縮尺でないお客様も図面のサイズを合わせてご確認いただけます。

お打ち合わせした家具の、木色やファブリックのサンプルもその場でお渡ししております。是非ご一緒にお部屋のトータルイメージを考えてみませんか?暖かいフレーバーティもご用意して、お待ちしております。
(ショールーム担当:小田切 里子)
こちらは新作のMD-607-150+MD-601S/Aダイニングセット。 実際に図面に置いてみると…ショールームの展示品と同じサイズがぴったり!!

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る