CATEGORIES

これからのファッションは

2014.02.28

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.28
先日、いつも行く洋服屋さんで私と同じくらいの年齢の店長と70年代後半の話になりました。前回のブログで書いた、スケートボードを久しぶりに出した事を話をしたら、ボードやパーツの話になり、盛り上がってしまい、ファッションの話になりました。ついこの前まではケネディ特集があったり、60年代といっていたような気がしたのですが、ファッションの今は70年代後半になっています。ファッション誌ではスケートボーダー特集をしていたり、スタジャンや、アランセーターやカウチンセーターの記事があったり、70年後半そのものです。それを知らない世代に新しいファッションとして受け入れられているようです。でも、それをそのままではなく、カッティングやデザインを今の時代に置き換えて出しています。

盛り上がった私達のそばで、私の担当の20代後半の子はキョトンとした顔で見ています。自分の生まれる前の事なので、流行っていた頃のイメージがつかめないのでしょう。私自身も若い頃に50~60年代の、ファッションに憧れていたけど、実際どうだったかは想像でしかできません。今から思うと、中学から高校時代はアメリカ東海岸のアイビー、プレッピーファッションが来て、その後西海岸のアメリカンファッションになり、カウチンセーターやスタジャンだった記憶です。アイビーファッションは親の世代なので、記憶にはまったく無かったのですが、格好良く感じて取り入れていて、その後の西海岸ファッションに凄く新しい印象を受けました。その後のDCブランド、アルマーニファッションも、。

その頃、新しく感じていたファッションがまた再燃しているのは不思議な感じですが、一度経験している者として、若い世代よりはアドバンテージがあるように感じます。インテリアの世界でもその頃のデザインが気になります。本業のデザインでも若い世代には負ける気がしないのは、その経験があるからなのでしょうね。想像の世界ではなく、実際の経験があります。私と同じ世代のアラフィフ世代の方も同じではないでしょうか?でも、そろそろまったく違う新しいデザインの方向性を見つけなければいけないのですが、、。

ウールリッチのシャツ、アランセーター、スタジャンなど久しぶりに引っ張り出してみましたが、サイズ感が少し違うかな、、。少しお直ししないと。                 (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) アランセーター:高校生の時、両親のロンドン旅行のお土産に、買ってきてもらいました。35年前のセーターですが、まだまだ着れます。アランセーターは漁に出る夫の無事と豊漁を願う女たちの祈りの意味が込められていると言われていますが、アラン諸島の漁業基地に出入りしていたスコットランド人家族のガンジーセーターがベースとなり、そこにアメリカ帰りの天才的編み手の女性が持つ技巧が融合し、島独特の派手好みの美的感覚から広がりました。編み手の組織化や仕上がりレベルの標準化など、売れる商品としての生産態勢を整え、家内制手工業としての形態を作り上げたそうです。そのアランセーターに注目したのが、1956年のクリスチャン・ディオールだったそうです。雑誌「ヴォーグ」や「ハーパーズ・バザー」は、このパリの最新トレンドをアメリカに伝えて、その後の大流行になったそうです。今では観光で生計が立つようになったアラン島では編む人が少なくなり年間400枚程度になり、貴重な物になってきました。ウールシャツ:Woolrichのシャツで脱脂していないウールで作られています。これも35年経っても現役です。
アランセーターに手作りのタグが、、。Woolrichのタグのデザインは変わりました。今、人気が再燃しているようです。アメリカで購入したスタジャンはかなり色が変色しています。袖口や本体はウールですが、化繊も入っているからでしょうか、ボロボロになっています。ウールだけのセーターやシャツはなんにもなっていませんが、アクリルなどは35年経つと劣化するのですね。下のレーシングジャケットは70年代の物をLAのスワップミートで10年ほど前に手に入れました。あまり着る機会はありません。

AD CORE の椅子がある美味しいお店 vol.1

2014.02.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.32
私たちの家具を、飲食関係のお店にお納めする事があります。最近は設計の方やデザイナーの方ではなく、お店のシェフやオーナーが家具をお選びになる事が増えています。お店のメニューや雰囲気に合わせて、デザインはもちろん座り心地までこだわってセレクトするようです。ここ広尾ショールームの近くにも、AD CORE の製品をお使いいただいている人気のお店があります。恵比寿駅から歩いて5分、明治通りから1本入った路地にひっそりと佇むイタリアンのお店「ベヴィトリーチェ Bevitrice」。オープンから18年、人通りの少ない目立たない場所にあるお店ですがいつもたくさんのお客様でにぎわっています。

うちの椅子をお納めしたのが8年前。白い天然皮革を張った AD-021A LUSSO チェアのアルミハンドル付の仕様です。時にお客様をお連れしたりメンテナンスにも何度かお伺いしました。先日もスタッフとランチにお伺いしたのですが満席!で入れませんでした。そんな人気のお店なのですが、先日4月18日をもってお店をクローズするとのご案内をいただきました。シェフの堀田さんが今年還暦を迎えることから、第一線を退いて、当面は畑仕事などをしながら今後の事はゆっくり考えるとのことでした。 

お店がクローズする前に、機会を設けてお伺いしないといけませんね。皆さんもぜひ。人気のお店なので予約は必須です!(エーディコア・ディバイズ 企画開発/武田伸郎)

Bevitriceのサイトへ 恵比寿にあるイタリアンの名店。うっかりすると通り過ぎて見逃してしまうかも。

札幌代理店 札幌ファニシング展示風景

2014.02.26

AD CORE DEVISE SALES BLOG Vol.11
エーディコア・ディバイズ北海道地区代理店の札幌ファニシングの展示風景をご紹介します。現在、5Fフロアに商品の展示をしていますが、今回訪問の際にレイアウトを変更して、より見やすくし直しました。製品をモチーフにしたポップなアートパネルもディスプレイして、ブースがより華やかになりました。レイアウトの変更やディスプレイを変えるだけでも、同じ家具が全く違う印象に見えてくるので不思議です。

メインに展示してあるのは、シンプルなデザインの中にも座り心地にこだわったMD-505ソファやMD-101.MD-105のダイニングセットなど、A-mode(エーモード)ブランドの中でも人気の高い製品ばかりです。是非、お立ちよりいただき座り心地を体感してください。今後もますます充実したブースづくりを心がけていきたいと思います。
(東京営業 遠藤聖子)

札幌ファニシング ホームページ▷
ダイニングセットMD-105-180 ¥142,000 MD-101S ¥40,000 MD-101A ¥55,000 + オプションハンドル ¥3,000
リビングセット MD-505-3P ¥346,000  MD-505-OT ¥80,000  MD-502-120LH ¥117,000(価格はすべて消費税別)
リビングセット MD-110-3P ¥274,000 MD-110-OT ¥81,000  MD-106-120L ¥95,000(価格はすべて消費税別)

AQUA CREATIONSペンダントライトの新展示が始まりました。(東京・広尾ショールーム)

2014.02.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.69
穏やかな光が降り注ぎ、春の訪れを感じられるようになってきましたね。エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームでは、今年の1月に「三井ガーデンホテル・大阪プレミア」2Fのレストランに納品させて頂いたのを期に、AQUA CREATIONの「mimoza」ペンダントライトのディスプレイを始めました。

エーディコア・ディバイズでは、以前よりイスラエルAQUA CREATIONSの照明を取り扱っています。以前から展示あるタイプは、オーガニックシルクのプリーツが美しいシリーズのペンダントライトやブラケットですが、Mimozaシリーズはもう少しモダンで、どんな空間にもマッチするデザインです。神経細胞をイメージしたと言われる金属フレームに伸縮性のある樹脂素材をスプレーした和紙の様な風合いのシェードは、浮かび上がるランダムな陰影がとても美しいシリーズです。価格は決して安価ではありませんが、アートを飾るイメージでぜひご新居やご提案にいかがでしょうか。他では無いデザインにひと際愛着が湧くと思います。

家具だけではなく、エーディコア・ディバイズオリジナルのライティングもご覧頂けますので、ぜひエーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームにご来店くださいませ。心よりお待ちしております。(ショールーム担当:巻嶋 久美子) Mimoza Pendant,2012 φ500 H400 ¥457,000(消費税別途)

AD CORE DEVISE HISTORY :ZONA( FILE No.11)

2014.02.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.31
リビングとダイニングの境界を分ける為に生まれたソファ、ZONA/ゾナ

今回お伝えします製品ZONA/ゾナは、イタリア語で「領域」を意味します。特徴である背とアーム部分の木パネルがインテリアに合わせてそれぞれの空間を演出してくれます。あくまでもシンプルを貫くスクエアなフォルム。単体の使用だけでなく、豊富なサイズ・バリエーションから組み合わせができるソファシリーズとして2001年に発表しました。

1人掛けから3人掛け、オットマンからシェーズロング、コーナー等、様々に組み合わせができます。またシステムだけでなく、デザインについても組み合わせが可能。背座はカバーリングシステム、お好きなファブリックで、自由なスタイルがお楽しみ頂けます。モダンな印象がある背とアーム部分のパネルにはメープル(13色)、チーク材から選択できます。さらに背中のクッションはハイタイプとロータイプを選択ができ、またオプションとしてご用意することもできます。座面のクッションにはポケットコイルスプリングを使用。へたりなどへの耐久性があり、しっかりした座り心地と柔からさを両立します。脚部にはアルミ脚と木製脚を用意。

またアームに備えてあるクッションは、位置を変えると枕になり、デイベットの様に使用して頂くことも可能です。背と座が分離ができ、ファブリックの取替が簡単にできます。また元に戻すときも、ガイド穴に差し込めば背と座のズレがなく戻せます。シンプルなデザインと異素材の出会い、無限に広がる組み合わせで様々なシーンに対応できる、ソファシリーズです。(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)
■ZONA/ゾナ製品ページ ▶ 背とアーム部分の木パネルが部屋の領域を作り出します。 [左上]マジックテープで止めていることで、簡単に張地変えれます。
[右上]背は後ろのパネルと前の座面の間にはめ込むことで、安定した納まりになります。
[左下]座面にはポケットコイルスプリングを使用。
[右下] サイドアームのクッションは向きを変えると枕になり、ソファがデイベットとして使用できます。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る