CATEGORIES

立体的に見る事、見せる事

2014.08.29

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.35
私たちの眼が顔の前に向いてついている理由は(他の動物の多くは頭の横に目がついています)、祖先が恐竜の生き残りの巨大肉食鳥を避けて、樹の上に生活するようになり、枝から枝へ飛び移るための距離感を計るために、立体的に景色が見えるように顔の前に眼球が移動したそうです。その後、寒冷化した地球で、エサ不足に陥った霊長類はエサを見つけるために、遠くまで見える視力を持つようになり、さらに目を進化させたそうです。

デザインの仕事をしていて大切な事は、いかに立体的に物の形を考えられるかです。紙に描くスケッチを陰影を付けて描くのも、完成の姿を立体的にイメージするからです。家具の三面図は平面ですが、外形線、内接線や補助線など様々な線に強弱をつけて、平面だけど立体的に見えるような描き方を心がけます。全て同じ線で描いてしまうと、のっぺりとした図面になり、図面から形が伝わってきません。職人さんが作る時に間違わないように、図面から浮き出て見える図面を描くのが、図面描きのこつで、それが死命だと、学生の頃にアルバイトしていた家具工場の設計の方に教えられた事を今でも思い出します。今は使わなくなりましたが、トレーシングペーパーで椅子の図面を描いていた頃は、鉛筆の筆圧や固さを変えながら描いていました。それも紙面の中にバランス良く描けるかも大切です。

今でもその頃のバランス感覚や表現方法が、カタログ製作や撮影等の時に本当に役に立っています。今では、パソコンを使って描くようになり、線の強弱がディスプレイ画面では見えなくなり、レイアウトも後で調整できるので、描き始めの準備をしなくてもよくなりましたが、昔はトレペに描く前に、別の紙で構想して、薄い線で下書きをして、レイアウトを確認してから実線を描きました。そうしないと実線は消しゴムで消すと白くなり、青焼きすると白く線が出てしまうので、汚い図面になるからです。また鉛筆だったので、図面が汚れないように、描いている途中でも定規を拭いたり、直接、紙に腕が当たらないように紙を置いたり、、、。本当に大変でした。そして、いかに平面の図面が立体的に見えるかを心がけ、0.5ミリ、0.3ミリのシャープペンを使い、ペンを回しながら、均一な線で強弱を付けていました。本当に手間でしたが、それが今の仕事に役だっています。

最近は、電車内で見かけるサラリーマンや子供達がしているスマホゲームや、立体的に見えない説明図(取扱い説明書もパソコンで見るようになり線が均一化したり)が多いように感じます。せっかく進化して、立体的に見る眼や立体的に考える脳を持ったので、使わないともったいないような気がします。でも、年齢を重ねて、遠近が弱くなってきた事に焦りを感じている今日この頃ですが、、。
11月発表の新作は陰影を形に表現した製品を出す予定です。お楽しみに!
PACEのサイトへ▷
                                 (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) デザインする時は未だにクロッキー帳に鉛筆でスケッチです。2ミリシャープペンを使います。今は普通の文房具屋さんに替芯と芯研機が売っていないのが困りもの、、。写真は2011年モデルのPACEのアームチェアの図面を描く前のスケッチです。フリーハンドでも以外と正確なんです。 同じ太さの線で描くと平面的な図面になります。(下の図面は全て同じ線)外形線を太く、それ以外は場所によってメリハリを付けると図面が浮かび上がります。(上の図面)写真では分かりにくいのが残念ですが、、。

AD CORE DEVISE HISTORY :MD-107L( FILE No.17)

2014.08.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.43
天板の高さを650と低く押さえた安定感のあるダイニングテーブル。無垢素材を、天板・脚部全てにミニマルなモダンデザインに表現しました。A-modeブランドのMD-107Lは、天板のソリッドウッドの動きを考慮した構造と、安定感のある天板と脚が、シンプルな空間を演出するダイニングテーブルとして2013年に発表しました。

素材感溢れる材料はホワイトアッシュ材・ウォールナット材・チーク材の3種類から選択することができます。天板サイズはW2400/W2100/W1800の3タイプをご用意。奥行き寸法も950mmとゆったりとしたサイズです。無垢材のテーブルはオイル仕上げの物が多くありますが、MD-107Lは水滴でのコップの跡や反りの問題を考慮して、ポリウレタン塗装にしています。さらに素材感を最大限に活かすために、無垢天板はうずくり加工で仕上げています。一般的なポリウレタン塗装とは違う手触りが、木の質感を楽しめます。低く押さえられた高さはH650で、SH400のMD-503と合わせてリビングセットのように、リラックスしてお使い頂けます。移動できる脚部は左右に広げて取付けても、座った際に邪魔にならないようにデザインされていて、人数や様々なレイアウトに対応できます。

MD-107Lは、全て無垢材を使用しています。無垢材は反りや収縮が生じやすいデリケートな素材です。そのため反り止め材を天板裏に木目に対して交差して取り付けています。反り止め材には動きの少ない、強度のあるスチール製の反り止めを使用。また天板の側面の長手方向にも板を取付け、厚みを50mmにし長手方向の反り止めにもしています。

リビング・ダイニング兼用のコーナータイプ、ベーシックなスタンダードタイプなど、あらゆるインテリアシーンに合わせてお使い頂けます。MD-107Lは、今までの無垢材テーブルにはないモダンなテーブルシリーズです。 
                              (エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)

■MD-107L製品ページ ▶ SH400のMD-503に、高さ650に合わせたテーブルです。
奥行き側に座った際、脚が当たらないよう、テーブルの脚に空間を設けています。脚を外側に移動した際も、脚が邪魔にならずご使用頂けます。
[ 左 ]天板トップのうずくり加工 、ウレタン塗装のみで仕上げているサンプルと比べると質感が違います。
[右上] 見付け50mmになる木口は長手の反り止めにもなります。
[右下]天板反り止めは、より強度を上げるため、L型のアングルを溶接してT型で取り付けています。
   また無垢材は縮む為、動きに対応できるよう、取り付け穴は 長穴設定しています。

秋のディスプレイチェンジ(東京・広尾ショールーム)

2014.08.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.91
まだ8月の終わりですが急に気温が下がり秋の空気になって来ましたね。夏が終わりを告げて、あっという間に涼しくなると少し淋しく感じます。

エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームでは、秋に向けてディスプレイを変更致しました。今年のディスプレイのトレンドはミラノサローネでも多くみられたように、「ゴールド」や「セラドン(グリーン系)カラー」ということで、今回の秋は少し華やかにゴールド&セラドン系のカラーを取り入れてみました。派手になりすぎずに品よくまとめるのは難しいですが、輝きのあるディスプレイは通りを歩く人の目にもとまるようです。

来週は暑さが少し戻りそうですが、ぜひイメージチェンジした雰囲気をご覧にエーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームにお越し下さいませ。ご来場心よりお待ちしております。(ショールーム担当:巻嶋 久美子)
エントランスは、革張りのラウンジ(NC-023)と漆のテーブル(NINFEA AD-065)をあわせてシックに秋らしく。 ゴールドと秋の木の実のコーディネート。

こだわりの熟成牛のお店(名古屋・栄ショールーム)

2014.08.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.90
エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームから徒歩1分の所にある、栄で人気のステーキ店「Gotti's BEEF(ゴッチーズビーフ)」をご紹介いたします。

先日テレビで紹介され話題となった、行列の出来る京都発祥の熟成牛ステーキ店です。熟成牛とは、文字通り熟成させた牛の事で、熟成させる事によって旨み成分アミノ酸を生成し酵素の働きによって肉質が柔らかくなります。なんとこちらのお肉は熟成期間約50日。たっぷり時間をかけ旨みを引き出しているそう。熟成する事で、香りの高いお肉になるそうです。

ずっと気になっていたこちらの人気店のランチに出掛けてみました。ランチメニューの「熟成牛のサービスステーキ」は、200g/300g/450g/1kgから選ぶ事ができ、グラムによって金額が変わります。ランチ時にはライス・スープ・サラダセットがあり、柔らかくおいしい熟成牛がお値打ちに頂けます。店内のディスプレイや内装はアメリカンテイストのカジュアルな感じで、女性グループのお客様も多く、とても賑わっています。

エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームにお越しの際に、とてもジューシーで美味しい熟成牛を召し上がってみてはいかがですか?お店の場所やおすすめのメニューをご案内いたします。(ショールーム担当:小田切 里子)

Gotti's BEEF(ゴッチーズビーフ)のサイトはこちらから ショールームから徒歩1分のたての街ビル1階にOPEN! こちらはランチメニュー「熟成牛のサービスステーキ+ライス・スープ・サラダ」セット。(200g ¥1,400-)

新しいポストカード(大阪・心斎橋ショールーム)

2014.08.25

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.89
エーディコア・ディバイズショールームでは、新しい写真付きポストカードを作成しました。

3つのブランド・製品をイメージして頂けるようにカタログのイメージ写真を載せたものと、ショールームにも展示しているアートパネルを載せたもの計8種類を作成しました。このポストカード、ご来店して頂いたお客様へお渡ししたり前回ご紹介させて頂いたBARやショールームのお花をお願いしている花屋さんなどに置いて頂いています。やはり名刺サイズのショップカードよりインパクトがあり、実際の商品をイメージしやすいとの事で大変ご好評を頂いております。ポストカードなので、手書きのメッセージを添えてお渡ししたり送付させて頂く事もあります。日々インテリアや家具についてのご相談をお伺いする事が多く、「その後いかがされているのかな?」「布のお色決まったかな?」などご来店頂いた時のことを振り返りながら書いています。ついつい長くなってしまい最後は字が小さくなってしまったりしますが、お客様から直接お礼のメールやお電話を頂いたり、はがきを持ってご来店してくださったりととても嬉しくなります。

これからもお客様のインテリア、家具選びのお手伝いができればと思います。ぜひお気軽にお問い合わせ、ご来店くださいませ。お待ちしております。                        (ショールーム担当:青木 由紀子) 製品のイメージ写真を使用しているタイプにはショールームのご案内もできるように地図を掲載しています。 写真立てに入れてインテリアとしてもご使用頂けます。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る