CATEGORIES

写真とインテリア

2014.12.26

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.40
今年も終えようとしています。皆さんはどんな一年だったでしょうか。3月までは消費税前の駆け込み需要でインテリア業界も盛況でした。当社は在庫を持たない受注製造のため、売上にはあまり関係ありませんでしたが、、。今年もしばらく続くアメリカを意識したインテリアやファッションが人気でしたが、来年はどのような新しいデザインが生まれてくるのでしょうか。私自身は4月のミラノサローネ、秋のアメリカ西海岸への取材旅行をしましたが、しっくりくるのはアメリカでした。

11月の新作ではアメリカンクラッシックをイメージした製品を発表しましたが、西海岸で取材した写真を展示の一部として使いました。私自身が撮りためた写真の中から、展示コーナー別にシーンに合う写真を選びパネルにしました。サイズはB0とB1と大きなサイズで、木製パネルにしました。LA住宅では家具だけでなく、インテリアの一部としてアートが使われます。日本では大きなアートは美術館に置かれ、小さな風景画しか使われませんが、LAでは壁面の空間を埋めるように大きなアートが置かれます。現代アートだけでなく、パサディナのハンティントンライブラリーへ行った時に家具と一緒にインテリアの一部としての展示も印象的でした。撮影に使用する住宅の現代アートが素晴らしく、当社の展示会でも家具に関係するアートパネルを製作し展示するようになりました。

10月にアメリカ西海岸の住宅を10軒訪問したのですが、壁の写真が印象的でした。1920年代のナビスコの工場だったビルを改装したロフトの住宅や、建築家の環境住宅もモノクローム写真を効果的に使い、壁面と空間のバランスをとっていました。訪問した中で一番印象的だったのが、トップフォトグラファーのグレン・ルッチフォードが作ったベニスビーチにあるThe Rose Hotel。カメラマンの彼自身が撮影した写真だけでなく、セレクトしたアートワークは素晴らしい物でした。しかも、トップフォトグラファーであっても、インテリアに溶け込むようなセレクトなのには感心しました。その他、どの住宅でも写真の多くはモノクロームの写真で、空間に違和感なく溶け込んでいました。

今回は、グレンさんのThe Rose Hotel、1920年代のナビスコ工場跡のロフト、LAダウンタウンのアールデコビルの3カ所かで撮影したカットとハンティントンビーチの夕暮れの写真を展示しました。各展示シーンに合っていたでしょうか?今は東京、名古屋、大阪ショールームの展示に使用しています。製品だけでなく、写真も見ていただければ、今回のコンセプトを感じていただけると思います。ぜひ、ショールームへ足をお運び下さい。 
                                 (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)  グレン・ルッチフォードが作ったベニスビーチにあるThe Rose Hotel。撮影していたらちょうど70年代のクーペが通りかけたのでシャッターを押しました。今はこの年代の車が流行です。 展示したのはモノクローム写真ですが、元写真はカラーです。カラーでも雰囲気ある写真が撮れたのですが、モノクロームにするとより雰囲気が出てインテリアに置きやすくなります。The Rose Hotel、ナビスコロフト、ダウンタウンのイースタンビルのロフトです。

物造りとは

2014.12.25

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.39
家具を造り出す作業は表面のデザインだけでなく、使い心地、座り心地、強度など様々な事を考えながら造ります。普段見えない中身がとても重要です。でも、その中身を見る機会はなかなかありません。ラウンジチェアやソファの構造を書いた資料は少なく、社会人になって工場で勉強しました。

社会人になって間もない頃、埼玉の工場で試作の張りをお願いしていて、待ち時間にその工場で張替えを待っている椅子やソファを剥がさせてもらいました。最初はお手伝いのつもりでしたが、その大変さにビックリしたのですが(張るより剥がすほうが手間)海外製品や古い家具の中身を見る事ができるので、次第に夢中になりました。気がつくと指や手のひらが水ぶくれに、、。それからその工場へ行くたびに剥がすお手伝いと称して、勉強させてもらいました。その時の経験は何事にも変えられない知識となって自分の物になりました。

11月に発表したウィングチェアは回転脚付きの少し背の低いバージョンより少し背辺りが固いとのお客様の声がありました。回転脚タイプは座った時の衝撃をガスダンパーで受け、背も後ろに少し動くために柔らかく感じますが、木脚タイプはダイレクトで動きが無いために固く感じるのが原因でした。展示会後に工場で職人さんと一緒に改良を行い、同じ掛け心地を感じられるようにしました。その際に布を剥がす事をしたのですが、久しぶりに何百本のタッカーを抜きながら、若い頃に張り替え工場で剥がさせてもらった事を思い出しました。この大変さを知らずに手直しや、やり直しを頼んではいけないな、、と。気がつくと水ぶくれが出来ていました。         (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 2015年モデルのウィングバックチェアは背が成形合板でできており、背後ろ全周のふちに5ミリの溝が掘られていて、その溝に前布、後布が張られ、パイピングで押さえられています。 左上:前布と後布が溝の中に入れられます。左下:溝の中にタッカー(ホッチキスの針の大きな物)で止められています。右上:タッカーを千枚通しとニッパーで取ります。溝の中なので大変です。右下:背だけで数百本のタッカーが止まっています。

河口湖湖畔の不思議な美術館

2014.12.24

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.51
先日テニスをしに河口湖まで行ってきたのですが、庭園が素敵な美術館へ立ち寄りました。久保田一竹美術館、ミシュラン観光ガイドで三ツ星を獲得した美術館で、展示品の着物と合わせて庭園も素晴らしいというので脚を運んでみました。久保田一竹(くぼた いっちく)氏(1917-2003)は、室町時代の「辻が花染め」を独自の「一竹辻が花染め」として現代に蘇らせ、生涯その技法に人生を掛けた方で、美術館には着物の作品が展示してあります。

美術館へ行ってみると、その入り口と門扉に驚かされます。河口湖湖畔、富士山を臨む着物の絞り染めの美術館というイメージとはかけ離れた、エスニック調の不思議なしつらえ。中に入ってもガウディみたいな雰囲気やアジアやアフリカン的なプリミティブなオブジェやベンチ、日本的な庭園とのなんとも不思議な組み合わせ。館内に入ってもその不思議な感覚は同じで、本館展示室はヒバの巨木を用いた木組み構造なのですが工法が伝統的な仕口ではありません。なかなか豪快な(強引な?)組み方で、さらに不思議さは増してきます。肝心の展示品は「一竹辻が花染め」の工程の細かさや作品のあでやかさは目を見張るばかりで、展示場の映像では染めの工程が紹介されていたのですが、その工程たるや気の遠くなる作業でした。でも、作品は作業の細かさや時間の掛け具合など関係なく、その表情や色合いが素晴らしく、赤や橙の鮮やかなものから雪景色を表したモノトーンの繊細なグラデーションを表現した着物まで、染めの事など良く知らない僕でもとても感動しました。

「辻が花染め」は室町時代に栄えた紋様染めですが、江戸時代初期に表現の自由度に勝る友禅の出現により衰退したと言われています。二十歳の時にこの「辻が花染め」に出会った久保田氏はその美しさに惹かれ、伝統技術の再現に加え独自の表現、技法を追求し「一竹辻が花染め」として蘇らせました。アメリカ伝統のクラシックな「ジョージアンスタイル」をリスペクトしながら現代にリデザインしたエーディコア・ディバイズの新製品「Neo Classico Heritage」のコンセプトにもどこか繋がりますね。

美術館を出ると、富士山を一望出来る絶景スポットがあります。冬の澄んだ空気の中、くっきりとした富士山を拝む事が出来ます。暮れも押し迫ってくると何となく厳かな気分にさせられました。今年も一年、ありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。(エーディコア・ディバイズ/企画開発 武田 伸郎)
本館展示室前のギャラリー。手積みの琉球石灰岩の円柱が特徴的な建築物。

AD CORE DEVISE HISTORY : PACE (FILE No.21)

2014.12.22

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.50
フォーマルな印象の中にも家族が集えるリラックスしたイメージを持つダイニングチェア、PACE/パーチェ
今回は、AD COREブランドの中から、PACE/パーチェを紹介します。AD COREらしいシャープなイタリアンモダンテイストでありながら、柔らかな優しい印象も兼ね備えたダイニングチェアとして2011年に発表しました。

PACE/パーチェは、ソリッド家具が持つ重厚さを押さえ、柔らかで自然な木の素材感を引き出したデザインが、フォーマルな雰囲気でありながら家族が集う時のリラックス感を創り出します。ゆったりとしたサイズの座面は弾性メッシュのスプリングを使用。座のファブリックはカバーリングシステムを採用し椅子のフレームを包み込みました。三次元成形合板の柔らかなカーブの背は、フレームと同素材を使用することで、優しく背を支え全体に柔らかな印象を与えています。

さらに背の仕様を成型合板で仕上げたタイプと、背座共カバーリングシステムを採用したタイプの2種類を用意しました。無垢感のある背は、3次元に成型した3mm合板のフラッシュ構造です。上下で厚みが異るフラッシュ構造を可能にしたのは、現代の加工技術があってこそ実現しました。フラッシュ構造にしたことで、精度と強度が向上し軽量化にも繋がりました。3次元成型合板の柔らかな背のカーブに合わせて、緻密に仕上げられた無垢材のフレームが滑らかに連なるよう加工しています。

クリーニングが可能なカバーリングシステムは、汚れが気になりがちなダイニングチェアでも安心してお使い頂けます。またカバーリングを変える事で、季節や調度に合わせたお好きなファブリックで自由なスタイルがお楽しみ頂けます。ゆとりのあるサイズの座面には弾性メッシュスプリングを使用したことで、デザインの柔らかさと相まって優しい座り心地になりました。フレームは、ホワイトアッシュとウォールナットの2種類から選択できます。PACE/パーチェは、これまで蓄積した家具造りのノウハウから、「リラックス」と「優しさと快適性」を考えて生まれた、 技術を尽くして実現したチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)

   ■PACH 製品ページ ▶ [ 左 ] ベースとなる柔らかな背のカーブに合わせて、フレームを滑らかに納まるよう加工しました。
[ 右 ] 背の成型合板パーツ、形が異る3mmの成型合板をフラッシュ構造で仕上げました。
[ 左 ] カバーリングは座面裏にあるマジックテープで固定。更に背座のスリットからも固定しています。
[右上] アームは2つのパーツで構成され、接続部分をホゾとダボを併用し、強度を上げて滑らかに仕上げました。
[右下] 座面内部には、幾層にも重ねたウレタンと、ベースにクッション性に優れた、布バネファニチャーメッシュを使用。

東京・恵比寿イルミネーション情報(東京・広尾ショールーム)

2014.12.19

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.105
すっかり寒くなりましたが、空が澄んでイルミネーションが夜空に美しく映える季節となりましたね。エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームから徒歩で約10分の恵比寿ガーデンプレイスでも、毎年素敵なイルミネーションで彩られているのでご紹介させて頂います。

こちらのイルミネーションの特徴は、バカラクリスタルの巨大なシャンデリアがセンター広場にライトアップされている所です。15年間行っているそうですが、今年は恵比寿ガーデンプレイス20周年と言うことで、国内外で活躍するデザイナーGLAMOROUS森田恭通氏とのコラボレーションによって製作され、バカラ史上最大の大きさを誇るシャンデリアだそうです。シャンデリア17基を4層に組み合わせ、高さ8.4m、幅4.6m、 灯数410灯、重さ1.8tとバカラの伝統技術が結集した作品となっています。広場中央に敷かれたレッドカーペットからシャンデリアまでのアプローチがとてもゴージャスで、近くに行くとしばらく見とれてしまうほど綺麗でした。たくさんの方々が続々と見に訪れ、写真に納めたりゆっくり眺めたりしていました。2015 年 1 月 12 日(月・ 祝)まで、広場全体にイルミネーション装飾なども施された『Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち- 』を開催中です。

エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームにお越しの際は、夕方にタイミングを合わせて頂いて、ぜひ期間中に恵比寿ガーデンプレイスの大人っぽいイルミネーションもぜひ見に行ってくださいね。(東京ショールーム担当:巻嶋 久美子) レッドカーペットが敷かれたイルミネーションの並木道の突き当たりに巨大なシャンデリアがそびえています。 建物の2階部分まであるシャンデリアはとても華やかで、ずっと眺めていたくなります♪

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る