CATEGORIES

写真撮影のコツ

2015.08.28

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.49
先週、アメリカ西海岸インテリアレポートを開催しました。募集開始からすぐ満席になり席をギリギリまで増席し対応させていただきましたが、暑い中、窮屈な席でも熱心にお聞きいただき、ありがとうございました。500名を超えるお客様にお越しただき、西海岸への感心の高さを再認識しました。

今回も会場でアンケートをお願いしたのですが、写真講座希望にチェックを入れていた方が多く、また、セミナーで使用した数百枚の写真が、私の撮影と思っていない方も多くいらっしゃいました。14回開催のミラノレポートや今回で10回目になる西海岸レポートの写真は全て私自身の撮影で、今回も2千枚を超える中から選び編集をした写真ばかりです。どうやってインテリア写真を撮るのかよく聞かれます。今回のメルマガでは少し撮影のコツをお話しましょう。

建築やインテリアの写真で大切なのは水平垂直が出ている事です。それが曲がっていると歪んで見えてて不安定な写真になってしまいます。プロが使うあおり付きのカメラだと水平垂直が出ますが、三脚を立てての撮影なんで普通では無理です。そうなると、できるだけ撮る時に水平素直に注意して撮るしかありません。画像ソフトのフォトショップを使って修正はできますが、あまりにパースがついた写真を修正するとおかしな写真になってしまいます。よほど良いカメラを使っていると思われていますが、皆さんとあまり変わらないカメラです。iPhoneでもインテリア写真は綺麗に撮れます。

当社のスタッフもそうですが、ほとんどの人の撮っている姿を見ると、撮りたい被写体にカメラを向けて下を向いて撮影しています。たとえば、家具を撮ろうとして家具が画像の真ん中になるように撮るのでカメラが下を向いて、画像がパースがついてしまっています。その家具が置かれた空間全体を撮ればパースが付かないバランスのよい写真になるのですが、、。空間を撮る時には天井、壁、窓など水平垂直になっている所がありますので、それを基準にしてカメラが下をあまり向かないように撮るのがコツです。人は気になる方向に神経が向いてしまいます。それを我慢して置かれた空間全体を見て撮影するようにしたら、そんなに歪んだ写真にはなりません。カメラにはグリット(画面に水平垂直線が出る)機能があります。これはiPhoneにも付いていますので、それを使用すると便利です。また、iPhoneにはHDR機能が付いていて連射して露出の違う画像を自動的に露出の違う写真を合成して補正してくれます。インテリア写真の敵、窓の光へ向いて暗くなる逆光の時にも自動補正して綺麗に撮れます。新しいカメラにはその機能が付いていますので、利用するのも良いかと思います。

それと写真を撮る時に大切なのは順番です。沢山撮り過ぎてどこか分からなくなる事がありませんか?ロケハンや取材で訪問した家での撮影では外観、入口、リビング、ダイニング、キッチン、庭、ベッドルームと家に招かれたように順番に撮影をする事です。どんどん行きたくなる気持ちを押さえて順番に撮っていきましょう。空間の全体写真、そのコーナー写真、そのコーナーにある小物写真と順番に撮って行きましょう。そうするとフォルダに入れてから整理も楽だし、どこの写真が分からなくなる事もありません。物語を作るように写真を撮っていけば、人に順番に見せても分かり易い写真になります。

最後になりますが、写真の本当に大切なのはピントです。ピントがずれた写真はどうしようもありません。ピントだけでも出ていれば、PCソフトを使って修正できます。早撮りしないといけない時は画像よりもピントに気をつけて脇をしめて、手ぶれに気をつけてシャッターを押しましょう。そうそう、手ぶれする原因はシャッターを強く押しすぎる事です。そっと優しくシャッターを押してシャッターが切れるまでジッとしましょう。

9月1日からロサンゼルスへカタログ撮影に行ってきます。撮影はフランス人カメラマンのドミニック氏にお願いしています。今回もどんな写真が撮れるのか楽しみ。新しいカタログは11月に完成予定です。お楽しみに!
(クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 左上:窓枠が下方向にパースがついています。普通に立って目線で撮りました。左下:iPhoneは下を向いています。右上:壁も窓枠も家具も垂直になっています。右下:iPhoneは垂直になっています。その時は腰を落として膝を付くくらいカメラ位置も下げています。(写真は全てiPhone5で撮影) 左上から時計回りに:引いた部屋全体の写真→リビング全体写真→リビングのテレビボードの写真→テレビボードの上の小物の写真。小物になったらパースは気にしなくてもかまいません。立体的に形が分かるようにカメラを向けて好きに撮りましょう。(写真は全てiPhone5で撮影)

素材としての「樹」

2015.08.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.67
あんなに暑かった夏が、あっという間に秋の気配。まだ8月というのに、ちょっとひんやりした風を感じたりすると、ちょっと拍子抜けした気分になります。この間まで、真夏の日差しを避けるように、街路樹の影を伝いながら歩いていた事を忘れてしまいそうです。東京の都心でも、立派な街路樹が有る通りがたくさん有ります。久しぶりに見た甲州街道は、トンネルのように生い茂った巨大なケヤキ並木に驚きました。広尾本社近くの明治通りの桜並木も、とってもきれいですよね。

私達の廻りには、街路樹や公園など身近なところに「樹」が存在しています。ところがこの身近な樹、樹木として立っている樹と「素材」として使用する「木材」のとらえ方が、なかなか難しいようです。私も素材として様々な樹木は見てきましたが、生木として立っている樹を見た事があまりありません。国産材が本当に減っている昨今、ますます見る機会が無くなってくると思われます。

今年の夏、福島の旧堀切邸を見る機会がありました。(江戸時代から続く豪商、国家と地域に多大な貢献をした堀切家の旧邸)1775年建築の土蔵や、近代和風住宅の「主屋」など、歴史的価値の高い建物がきれいに整備されていてとても見応えが有りました。さらに目を引いたのが、庭に植えられた国産樹木の数々。「シラカシ」や「ヤマザクラ」など、今ではほとんど見る事がない樹木を見る事が出来ました。製材された素材で見るのとはまた違った印象を受けます。
散歩のとき、旅行のときなど樹木を見る機会がある時は、「どんな樹なのか」「どんな材料?」なんて事をちょっと考えみてはいかがでしょうか。かえでの樹なら「メープルに近いかな?」、楢の樹があったら、今流行の「オーク材?」なんて眺めて見て下さい。きっと楽しいと思いますよ。(エーディコア・ディバイズ/企画開発 武田 伸郎)

庭園も素敵な旧堀切邸。見学無料です。 それぞれの樹には、樹種名がつけてあります。左が「ヤマザクラ」、右が「シラカシ」。

秋のディスプレイ(東京・広尾ショールーム)

2015.08.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.129
毎日暑い日が続いていましたが、いつの間にか暑さも峠を越え、夜風は秋の気配を感じられるようになりましたね。エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームでは、秋を意識したシックなディスプレイへとチェンジしました。

今回は、秋冬のファッションでも流行の兆しのマスタードイエローやダークグレー、オレンジ等を使い、落ち着きのあるディスプレイとなっています。ショールーム3階に展示のある『AD CORE』はスタイリッシュなブラックの小物をポイントにして暖色系のクッションで秋っぽさを加えました。『A-mode』はナチュラル感を大切にしたいので、素焼きの器に細かい葉のグリーンを用いて優しい印象に仕上げています。1階の『NEO CLASSICO』&『NEO CLASSICO Heritage』には、マスタードイエロー&ダークグレーを差し色に加え、グッとシックな雰囲気に。1階は多肉植物をふんだんに用い、ブロンズ等と合わせてヴィンテージ感もだしています。

少し暑さも和らいだこの時期に、エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームにぜひ足をお運びくださいませ。ご来場お待ちしております。(ショールーム担当:巻嶋 久美子)

ナチュラルな花器に細かい葉の植物を植え込んで、秋らしいクッションをコーディネート。 左:ダークグレー&マスタードイエローのファブリックでクラシカルな雰囲気に。右:大きなブロンズの鉢に多肉植物を寄せ植えし存在感を。

AD CORE DEVISE HISTORY :ADESSO( FILE No.29)

2015.08.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.66
今回は、AD COREブランドの中から、ADESSO/アデッソを紹介します。アデッソは、昨日でも明日でもない「今」を表現したチェア, 既存のスタッキングチェアにはない、新しいスタイルのバンケットチェアです。 最高の加工精度を駆使し、奇をてらうことなく、そのフォルムの中に 技術を凝縮したデザインのチェアとして、 2005年に発表しました。

最大の特徴はスタッキングさせる為のカーブしたサイドフレーム、強度とデザインを両立した独自のラインです。3次元成型合板で高い強度を出したサイドフレームと緩やかな後脚がジョイントする仕口は、現代の加工技術があってこそ実現しました。サイドフレームの緩やかなカーブは座の前部を広くし、布バネファニチャーメッシュを使用したことで長時間の使用にもしっかり応えるゆとりのある快適な座り心地にしています。更に後脚は、広がった座面でもスタッキング出来る様に脚先を外側に広げてデザインしています。加えてサイドフレームとジョイントした後脚は、断面を菱型にデザインした特殊な脚を使用しました。後脚の背から脚先まで繋げたラインは、シャープなデザインをより際立たせます。

背にはオプションとして、オリジナルハンガーハンドルを用意しました。ビーチ材を使用した成型合板の木製ハンドルとアルミハンドルの2タイプからお選び頂けます。シャープなラインの中にも柔らかな手触りを感じて頂けるオプションパーツです。椅子の出し入れをスムーズに行って頂けるとともに、ジャケットハンガーとしてもお使い頂けます。

今までのバンケットチェアは座り心地を犠牲にして機能だけを追求したものがほとんでした。使用頻度が高くて移動が多い、丈夫でたくさん重ねられる椅子・・・ADSSO/アデッソは、従来のイメージを払拭する新しいバンケットチェアです。強度と座り心地を兼ね備えた、様々なインテリアシーンに合わせてお使い頂けるインターナショナルサイズのチェアです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■ADESSO 製品ページ ▶ 左:スタッキングさせる為のサイドフレームは3次元の成型合板とホゾ加工のジョイントで高い強度を出しています。
右:サイドフレームの緩やかなカーブが座面を広くし、布バネファニチャーメッシュの上に固さと大きさの違うウレタンを重ねて座り心地を充分に練り上げました。
左:後脚の先を外側に広げることで、スタッキングを可能にしました。更に座面後ろフレームの下部はスタッキングの際、座面に痕がつかないように、座面に合わせた形に仕上げています。右上:成型合板のアームは、スタッキング可能な形状でフレームに接合されています。右下:オリジナルハンガーハンドルは、ビーチ材を使用した成型合板の木製ハンドルは13色から色を選ぶことができ、アルミダイカストはグレーの染色塗装で仕上げたものを用意しています。

リニューアル!(名古屋・栄ショールーム)

2015.08.10

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.128
エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームがある『CTV錦ビル』の共用スペース・化粧室が全階リニューアルいたしました。

各フロアごとに色分けされた、カラーパネルのスタイリッシュな給湯室が。エーディコア・ディバイズのショールームがある3Fはイメージカラーの赤が採用され、スタイリッシュなイメージに仕上がりました。先日、キッチンが赤で統一されていると言うお客様と打ち合わせの際に、お部屋全体のカラーバランスを合わせる時に大変参考になりました。家具を選ぶ際も、単体ではなくトータルでバランスを考える事がとても重要です。化粧室は白を基調とした明るいイメージに変わり、大きなミラーも設置され明るい印象になりました。昔はすこし古いイメージだったのでショールームにお越し頂いた事のあるお客様からはリフォームして綺麗になったねとご好評をいただいております。

このように、リフォームでカラーや材質をチェンジするだけでもイメージがかなり変わってきます。家具も、張り替えや木部のカラーチェンジで、イメージを一新してみてはいかがですか?ご要望に応じてメンテナンスも対応させていただいておりますので、気になる方は是非お声掛けください!お待ちしております。
(ショールーム担当:小田切 里子) 白と赤のコントラストが際立ってスタイリッシュに!各階のイメージカラーで統一されています。 大きなミラーも3枚設置されており、とっても明るい雰囲気になりました。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る