CATEGORIES

2015夏アメリカ西海岸レポートのアンケート結果とトレンド

2015.09.28

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.50
2015夏アメリカ西海岸レポート(Vol.10)は今年の8月に東京、名古屋、大阪と当社ショールームで計7回のセミナーを開催し、500名以上のお客様にご覧になっていただきました。今回はカタログ撮影を行う家のロケハンのレポートの為、いつものレポートと違いリアリティを重視した住宅が多く、驚きは少なかったのですが、それが良かったと多くのお客様から声をいただきました。今回もセミナー後に参加の皆様にどの住宅が良かったのかアンケートしました。いつものアンケート違い、撮影に使用する家が中に2軒入っているので、その結果の上位に入っているか気になる所でした。それでは結果発表です。

1位:Brier Drive house /シャヴィーシックな女性カメラマンの住宅 1952年建築
ウエストハリウッドの山の上に建つ1952年の住宅です。オーナーは女性カメラマンのエニーさん。2006年にこの家を購入し、友人のデコレーターのレイチェルさんとシャヴィーシックな住宅に改装しました。自分たち自身で漆喰を叩いて剥がしたインテリアや、増築された棟には中古建材を使用するなど、材料にもこだわたそうです。今の西海岸で旬なシャヴィーシックが見れる家でした。

2位:Blue Jay Way house /最新クールモダン住宅 2013年建築
こちらもウエストハリウッドに建つ住宅ですが、2013年建築に建てられた最新モダン住宅です。オーナーは歯医者さんで奥様は韓国系の方でした。中は真っ白い家具が並び、歯医者さんらしい?清潔感のあるインテリアです。見晴らしが素晴らしくハリウッドが見渡せるプールと寝室が印象的でした。若いお金持ちに好まれるクールモダンなインテリアでした。

3位:Danalda Drive house /新しいアメリカン住宅 2013年建築
ビバリーウッドにある比較的新しい住宅街で、2013年に建てられたアメリカン住宅です。ハリウッド映画の新興住宅街と家をイメージするような新しい住宅で、アメリカ人に一番なじみのある住宅です。オーナーは小学生2人の子供を持つ若いご夫婦で、清潔感のあるインテリアで、白染色オーク材のフローリングが明るいインテリアを作っていました。

レポートでも話をしたのですが、今回訪れた新しい住宅では、主寝室のバスルームは、バスタブは1つですが、両側に洗面台とシャワーブースが分かれていているのが、トレンドでした。忙しい夫婦らしい合理的な考えからなんでしょうね。でも、ベッドはキングサイズベッドが一つです。今迄見た住宅は100軒以上ですが、夫婦の寝室が分かれていたり、ツインベッドの部屋は一つもありません。国民性の違いかもしれませんが、同じベッドに寝ないのに一緒に住んでいる事はありえないという事もあるそうです。

ロサンゼルスでの撮影は3週間前に終えました。カタログ撮影に使用した住宅は僅差ではありましたが、上記の中には入っていませんでした。撮影した写真を見ながら画像調整を進めていますが、なかなかの写真が出来上がっています。実際の住宅に当社の製品がどう入って変わっているか、カタログの完成を楽しみにしていて下さい。                                                (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)
1位:Brier Drive house /シャヴィーシックな女性カメラマンの住宅 1952年建築 2位:Blue Jay Way house /最新クールモダン住宅 2013年建築 3位:Danalda Drive house /新しいアメリカン住宅 2013年建築 主寝室にあるバスルームでは真ん中にバスルームがあり、左右に夫婦の洗面、シャワーブースが分かれています。それが4軒ありました。同じ時間に起きてシャワーを浴びるからなんでしょうね。

西海岸カタログ撮影記 その1

2015.09.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.69
今月の初め、アメリカはロスアンゼルスにてカタログの撮影を行ってきました。この間視察に行ったと思ったら、あっという間に撮影本番がやってきた感じです。今回は出発前に製品も倉庫に無事入庫し、ちょっと一安心しての渡航でしたが(一度、撮影前日の夜まで、荷物が引き取れない緊急事態がありました・・・)それでも何が起こるか分かりません。入念な準備をして、LAへ向かいました。

ロスへ着いて早々に不測の事態が発生です。下見の時にあれ程大丈夫と言っていたのに、撮影1件目の住宅の内装やあつらえが完成していませんでした。現地に着いて早々現地の確認、きれいに片付いてはいませんでしたが、何とか撮影は出来そうでした。瀬戸が綿密に組んだスケジュールのもと、荷物の確認や備品の調達、モノの移動や段取りを踏まえて撮影に臨みました。

撮影は2日間。2件の住宅をお借りしています。限られた時間内で予定のカットを撮り終え、元の状態に戻さなくてはいけません。僕が最も注意するのは、時間内に撮影が完了するようにモノの移動や準備、現場の段取りを進める事です。現場の工程を頭に入れて、撮影を妨げないようにモノを移動、時間のロスが無いように何度も頭の中でシュミレーションします。(とはいうものの、なかなか思い通りにはいかないのですが)

作業を手伝ってくれるのが、頭領のラウールさんをはじめとする力持ちのスタッフ達。はじめは荒っぽい仕事ぶりでしたが(カッターが手元に無かったりすると、なんでも歯で噛み切ろうとするんです・・・)、身振り手振りでコミュニケーションを取りながら、2日目には段取りを踏まえて指示をしなくても動いてくれるようになりました。

皆さんの協力も有り、無事撮影を完了する事が出来ました。下見の時はロスらしからぬ最悪の天候でしたが、今回はなんとか天候も持ってくれました。(撮影の翌日からピーカンだったのですが)これからカタログ製作の最終追い込みです。11月の新作展示会で、皆様にお配りする予定です。今から皆さんに、カタログを見ていただくのが楽しみです。(エーディコア・ディバイズ/企画開発 武田 伸郎)



撮影現場の裏側。ここは持ち込んだ製品の開梱場所。 今回作業を共にした皆さん。真ん中が頭領のラウールさん。 撮影後期。瀬戸のポートレート撮影風景をお見せします。

AD CORE DEVISE HISTORY :048-MODEL( FILE No.30)

2015.09.24

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.68
今回は昨年秋に発表したNEO CLASSICO Heritageの中から、048-MODEL(コロニアルスタイル キャビネット)を紹介します。様々なデザインを源流に持つコロニアルスタイル様式をモチーフにデザインしたキャビネットです。素材感溢れるホワイトオーク材を、引出しや扉の框組にも無垢材をふんだんに使い、彫りの深い印象的なキャビネットシリーズとして、2014年に発表しました。

TVボードは、ホワイトオーク材の無垢材をフレームにまわして、表面にうずくり加工を施した厚突板をはめ込み、木目を引き立たせた、重厚な厚みを持つ天板に仕上げました。彫りの深い印象的な扉のバリエーションは、用途やデザインに合わせて3パターン用意しています。リモコン操作が可能な木製ルーバータイプと、収納したアイテムが確認できるクリアガラスタイプ、木肌の質感を活かした木製扉タイプからお選び頂けます。TVボードのバックパネルには、AV機器の熱を放出するルーバー孔と配線孔を設け、さらに内部には電源コンセントを取り付けました。

サイドボードは、無垢材を使用した引出しを設置、内部の箱には桐材を使用しています。下の扉はTVボードと同じデザインで、クリアガラスタイプと木製扉タイプの2種類用意しました。TVボード・サイドボードの全ての扉・引出しにはソフトクローズ機能付の金物を使用し、扉の開閉にも優しく対応してくれます。ツマミにはブロンズ色で仕上げた真鍮製を用意しました、ヴィンテージ感ある色合いがよりキャビネットを際立たせます。また壁面に設置した場合、巾木で隙間が出来ないように、背面の台輪のみ脱着を可能にしています。

更に今回NEO CLASSICO Heritageには使い込まれた上質なイメージを残しつつ、ナチュナルなヴィンテージ感を出した染色塗装、ヴィンテージホワイト(D-6)とヴィンテージブラック(D-7)を新たに用意しました。048-MODELは、サイズバリエーション・扉のデザインを選べることから、一般住宅からオフィスまで、幅広くご利用頂けるキャビネットシリーズです。

(エーディコア・ディバイズ 企画開発/菊地 裕輔)


   ■048-MODEL 製品ページ ▶ 左上:天板の木口には厚み20mmの無垢材を用いて掘りの深い印象的な仕上がりにしました。右上:ルーバータイプの扉は、無垢材を五角形に加工した羽を使用し、上から内部は見えませんが、水平から内部が見えて、リモコン操作を可能にします。左下:TVボードの内部には2口コンセントを取付けてあります。右下:棚板の後ろには配線が通せるようスリットを設けています。 左:ガラスタイプの扉は、格子を面取り加工し、ガラスをより際立たせる仕上げにしました。右上:引出しのスライドレールは意匠を考慮し、箱下に取付けています。脱着も簡単にできソフトクローズ機能が内蔵されています。右下:ソフトクローズ機能が内蔵された、ガンメタル仕上げのスライド丁番。

恒例のSALE準備中(東京・広尾ショールーム)

2015.09.23

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.132
日一日と秋が深まってきましたね。これからの季節は過ごしやすくなるのでインテリアなどのイベントも多くなる時期となります。エーディコア・ディバイズの各ショールームでは11月の新作展示会を開催予定ですが、スペース確保のため毎年各ショールームの展示品の一掃SALEを行います。東京・広尾ショールームは10月31日(土)11月1日(日)、名古屋・栄ショールームは11月7日(土)8日(日)、大阪・心斎橋ショールームは11月14日(土)15日(日)の日程で開催予定です。

ショールームの展示品は、お客様に人気が高く、お問合せの多い商品を中心にご覧頂けるようにしております。展示品一掃SALEでは、毎年ショールーム展示品をお値打ち価格にてご提供させて頂いています。展示品は展示期間や状態によって価格を設定しますが、質の良い状態を維持しているものが多くとってもお買い得です。中には、「えっ!?」と二度見してしまうくらいの価格になる事もあり、宝探しの様なイメージでお買い物が楽しめます。「チェアを1脚追加したい」とか「お得な価格でお引越に合わせて家具を新調したい。」など。ぜひお友達もお誘い合わせの上お越し下さい。まだ準備が始まったばかりですが、ご近所の方は既に何組かセールの下見にお見え頂いております。楽しみにしていただけると本当にやりがいが出ますね。

過ごしやすい気候のこの時期に、SALEの下見も兼ねてぜひエーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームに脚をお運びください。ご来場心よりお待ちしております。(ショールーム担当:巻嶋 久美子) 人気の高いA-modeのシリーズのダイニングセットもお値打ち価格で販売予定! リビング&ダイニングをセットで展示していますので、合わせて購入頂ければトータルコーディネートが完成します。

秋のフレーバーティをご紹介します。(名古屋・栄ショールーム)

2015.09.09

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.131
エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、フレーバーティを秋の香りにリニューアルしました。世界中の紅茶・緑茶専門店『LUPICIA』の、2種類のお茶をご用意いたしました。りんごとベリー類をふんだんに使い、香り高い緑茶の「アップルベリー」と、本格派のオレンジリキュールとビターチョコレートを思わせる大人っぽい雰囲気が魅力的な紅茶「オランジュショコラ」。こちらはミルクや砂糖をたっぷりいれても美味しくいただけます。

どちらもご来場いただいたお客様からはすでに大変人気で、先日お打ち合せの際にお客様からお茶のお問い合わせをいただきました。お店や種類をご案内したところ、二度目のお打ち合わせの際に「早速買いに行って、自宅で飲んでますよ」と、嬉しいお声掛けをいただきました。お気に入りの家具でほっこり美味しいお茶を召し上がりながら、ゆったりした時間をすごしてみてはいかがでしょうか?

日によって茶葉の種類を変えてお出ししておりますが、お声掛け戴けばどちらもお作りいたします。ミルクや砂糖もご用意がございますので、ご遠慮せずお声掛けください。ショールームでお待ちしております。
(ショールーム担当:小田切 里子)
『LUPICIA』のサイトはこちら 秋のフレーバーティ「アップルベリー」と、「オランジュショコラ」どちらも香り豊かなお茶です。 日替わりでお出ししておりますが、ご要望もお受けいたしますのでお気軽にお声掛けください。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る