CATEGORIES

人の手と指の感覚

2016.05.30

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.60
先日、当社の製品製作を協力いただいている山形の工場で2日間、製品の製作工程を、材料取りから組立、完成まで全てを見てきました。年に一度必ず製品の全ての工程を、自分自身の勉強の為にも見るようにしています。試作で工場内で立会う事はあるのですが断片的な製造だけです。通常品として工場ラインで流れる製品を一から完成まで全ての工程を通して見る事は、工場の方もあまりありません。31年以上通っている工場ですが、いつも発見があり、本当に楽しい時間でした。その工程を見ながら、ドイツの車メーカーの工場のドキュメンタリーを見ていた事を思い出しました。

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェのシュトゥットガルト本社の歴史的建造物のある工場を、新工場にするドキュメンタリーですが、その中で一番力を入れていたのが最先端の塗装工場でした。より高品質の塗装にするために人の手が入らないように工場全体をクリーンルーム化して、埃を取るブラッシングまで完全ロボット化した塗装ラインです。ポルシェを代表するスポーツカーの911のボディのラインはプレスするのが難しく、911が発表された1964年からボディの塗装前には人の手でなでて、少しでも歪みがあればチョークでマーキングして修正する、ハンドメイド的な工程が有名で、多くの人の手が入る作りが売りでした。そんな記憶があったので、ポルシェも完全ロボット化したんだと少し残念な気持ちになりかけました。

しかし、一つだけ人の作業が残っていました。映像の中で、塗装自体はクリーンルームの中でロボットが行うのですが、塗装の仕上り検査で、光を使い塗装品質を確認する工程です。ここにはロボットはおらず、2 人の作業員が注意深くボンネットを見つめ、手袋を使わずに素手でそっとその表面に触れていました。次の工程で研磨が必要とされる不均一な塗装を見つけるにはこれが最良の方法そうです。ロボット化が進みセンサーが発達しても人の手の感覚にはかなわないそうです。山形の工場では塗装前の下地を掌と指でなぞるように触れて、完成時もなでる検査工程を見ていて、この映像を思い出していました。物は違っても最後は人が一番のセンサーなんだなと、、。どのくらいの凸凹を、人の指は感じる事ができるのでしょうか。調べると、2013年9月12日にストックホルム大学の心理学者チームが、「人間の触覚の限界」を研究した論文を発表。論文によると、人間の指は、13ナノメートルの小さな隆起が付けられた表面と、何もない表面を区別することができるそうです。10万分の1ミリ少しの表面が分かるなんて凄い精度です。

私自身、工場内で流れている製品をいつも手に取り、なでていて、塗装仕上がりの時にも触るようにしています。家具会社によって塗装の仕上がりは違います。当社の協力工場の塗装はいつもなでているのですぐに分かります。普段の生活でも物に触れるクセがあり、洋服の生地や、鞄や靴の革素材、食べ物はスーパーでもついやってしまうそうになり、気がついて手を引いています。ついトマトや茄子なんか触りたくなってしまいます。でも、昔、母親が八百屋さんやスーパーで物を手に取りながら選んでいたのを思い出しました、キュウリはトゲトゲのある物、茄子は張りがあって指滑りがよく艶やかな物、トマトは固めでずっしりと重さがある物など、指先がセンサーだったんだと。今は袋に入っている物が多く、触れない物が多くなってきましたが、、。

ぜひ、皆さんも物を選ばれる時、家具も触って優しく触れてみて下さい。良い物かどうか分かると思います。当社の家具も全てが良い触れ心地であるように品質に気をつけないといけません。  (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇) 左:ポルシェの新工場の塗装後検査ライン。素手で塗装の表面を触れて検査しています。他の塗装ラインでは、ほぼ全てをロボットが作業を行います。右:1970年代のボディ製作ライン。人の手でボディ組み立てと表面仕上げをしています。(Porsche AG本国サイトから) 左:組立後、塗装前の表面研磨の仕上がり検査です。ひっくり返して指先で裏側や、脚先まで触れて確認します。右:R1.5の面取りは指先で触って確認します。ゲージより指先の感覚が大切なんです。両方とも女性の職工さんですが、作業中でも手袋はしていません。

お気に入りの陶器でコーヒーを楽しみます。

2016.05.29

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.79
先日、栃木県は益子の陶器市に行ってきました。以前、九州に住んでいた時には有田の陶器市に毎年出掛けていたのですが、その時以来の久しぶりの陶器市です。来場者が100万人を超える有田程ではありませんが、それでも延べで40万人が訪れる益子の陶器市、渋滞に巻き込まれないように早朝から参加しました。

たくさんの出店やショップ、作家さんの陶器が所狭しと並んでいる中、通りに沿ってお店や製品を眺めて歩きます。一口に益子焼きと言っても実に様々なデザインのものがあり、老舗のお店や作家さんの出店有りで見ているだけでも楽しくなります。jしばらくお店を眺めていると、益子焼の特徴も何となく理解出来てきて、製品を見ているうちに良いものとそうでないものが何となく分かってくるような気になります。そんな気になっているだけですが、それも楽しみの一つです。現在、益子には400を越える窯があり、その大半は益子町以外から移り住んできた作家さんで、ある方は伝統を踏まえた上での作品作り、ある方は新しいデザイン感覚でと、様々な作品が焼かれており、益子焼は日々変化しているのだそうです。

そんな益子焼き、色々探している中で僕が目をつけたのが、陶芸美術館前に出展していたお店で見つけた小振りなマグカップ。益子焼の特徴である釉薬を活かした、とても微妙な色合いが印象的で、シンプルな形も気に入りました。益子焼きは、素朴なぽってりした形が多いのですが、見つけた作品はすっきりしたフォルムでした。陶器市期間中の特値がついていて、あれこれ悩んだ末に購入しました。

購入したマグカップは、仕事場で使用しています。使い始めてもうすぐ一月経ちますが、中々味わい深くお気に入り度が増しています。後で調べてみたら、秋田出身の方で、某有名百貨店などにも販売している作家さんでした。控えめながらフォルムも色も特徴がある作風で、何ともいえない味わいがあります。お気に入りのマグカップでコーヒータイムを楽しんでいます。(企画開発 / 武田 伸郎) 五月晴れの益子陶器市。 事務所で毎日使ってます、お気に入りの益子焼き。

デザインの視点 MEDUSA・メデューサ AD-981

2016.05.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.82
メデューサはイタリア語でくらげ。1998年に水中をゆらめくクラゲをイメージしデザインしました。円形の座と、ゆるやかにカーブした脚のフォルムが空間に柔らかな印象を与えます。エーディコア・ディバイズでは椅子に合わせて、カウンターチェアが多く用意されています。その中でメデューサはシンプルなスツールとしてバーカウンターやコーナースツールとしてお使いいただける製品です。

クロームメッキの足掛けを持った、ゆるやかに下に伸びるビーチ材の脚部が座のフレームにしっかりとつながり、その円形のフレームの中に丸い木座が納まります。一見、簡単等に見える構造ですが、丸い木座は逃げの無い高い加工精度で木枠の中に納まり、脚部と座の色を変える事によって座が引き立ちます。シンプルな円形の座は一見フラットに見えますが、すり鉢状にへこんでいます。その形状が人のおしりに合うように3次元の成形合板で作られています。

座には2種類あり、ビーチ材単板合板のPタイプとウレタンフォームのクッション材が入っているAタイプがあります。Aタイプのクッション材の入っているタイプも3次元成形合板の下地が使用されており、一見薄く見えますが、中心部では40ミリのクッション材がしっかりと体重を支えます。同じ座を持ったスツールがサーコロ・デュエでサイコロ形状の本体と座の組合わせが楽しむ事ができます。高さはバーカウンターに合わせてH1,000~1,100用のハイカウンターのSH750とキッチンカウンターH800~850用のSH600、テーブル用のSH450の3種類があります。

ゆらめくようなフォルムのスツールは海に溶け込むくらげのように、空間に溶け込みます。モダンなキッチンからクラッシックなバーカウンター、化粧コーナーまで幅広い用途でお使いいただけます。                                                     (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)

■MEDUSA・メデューサ AD-981 ▶
左:ゆるやかなカーブの脚が座フレームを支えます。その脚には傷に強いクロームメッキの足掛けが付きます。右:真円の座が丸いフレームの中に落とし込まれています。座合板と周りのフレームには隙間無く納まっています。 左:一見分かりませんが、座はすり鉢状にへこんでいて、おしりにフィットするようになっています。右:サーコロ・デュエの座と兼用でウレタンフォームのクッション材入りの座をお選びいただけます。

爽やかなディスプレイに変更しました。(東京・広尾ショールーム)

2016.05.27

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.157
一気に夏を思わせる蒸し暑い日が続いていますね。これから迎える梅雨入り前にエーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームでは、爽やかなディスプレイに変更しました。

今回のテーマカラーは『ブルー』。クッションや小物に取り入れて、夏を先取りした爽やかなコーディネートにしています。それぞれのブランドイメージに合わせ、違った雰囲気を出しています。AD COREはガラスとシャープな葉や石を使い、モダンでクールな印象に。A-modeはネイビー×ホワイトのクッションやロープを使った小物でマリンテイストをプラスしています。無垢天板のダイニングテーブル上のアジサイはグリーンからブルーに色が変化するので、少しずつ変わっていくのが楽しみです。NEO CLASSICOには草花のモチーフを取り入れ、爽やかな雰囲気の中にもエレガントさをプラス。NEO CLASSICO Heritageにはグレイッシュなブルーをプラスして大人っぽい雰囲気にしています。

ディスプレイ変更に合わせてエントランスと1階の家具のレイアウトも変更しております。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。冷たい季節のフレーバーティーをご用意してお待ちしております。
(ショールーム担当:西條 恵理)
テーブルコーディネートはガラスの食器にブルーをアクセントにして夏らしい爽やかなセッティングです。 ブルーのクッションをプラスしてソファも衣替えです。ナチュラルな雰囲気のアジサイは『フェアリーアイ(妖精の瞳)』という品種です。

ショールームにお越しの際は是非お立ち寄り下さい(名古屋・栄ショールーム)

2016.05.16

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.156
エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームからすぐの場所にある地下街、セントラルパークにオープンしたOSLO COFFEE(オスロコーヒー)へランチタイムにお邪魔しました。

ノルウェー首都名がついたお店は、北欧食材をふんだんに使用したフードメニューと「エアロプレス」、「ハンドドリップ」の2種類の抽出方法に拘ったコーヒーがコンセプトのカフェです。店内は北欧風のインテリアで統一され、オシャレで落ち着いた雰囲気でゆったり寛ぐことができます。

ランチタイムは4種類のメニューからワッフルサンドかパスタをチョイスできます。初回はせっかくなのでワッフルランチを頂きました。ワッフルの甘さにエビやアボガド、チーズの塩加減がなかなか癖になる美味しさでした。栄ショールームすぐの地下街にあるので、ショールームにお越し頂いた際は、是非お立ち寄り下さい。いつでもご案内させていただきます。
(ショールーム担当:小田切 里子)
お店は地下街のど真ん中にあるので、アクセス抜群です! ワッフルランチ。
ノルウェーサーモン・デンマークチーズなど北欧食材を使用したメニューです。色合いも鮮やかで綺麗でした♪

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る