CATEGORIES

アート写真の価値

2016.07.29

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.62
私をはじめ多くの日本人は今まで写真に対してあまり芸術的な価値を持っていなかったのではないでしょうか。欧州で壁を飾る絵画と同じように、アメリカでは現代アートと写真はインテリアの一部として重要なアイテムとして住宅の壁を飾られています。そして、ロスのインテリアショップに飾られているその写真に表記されている金額に驚く事があります。自分自身、新作展示会でのスタイル作りの需要なアイテムとして自分自身で撮影したイメージ写真を使用するようになってから、インテリアにおけるアート写真の重要性を感じるようになりました。

先日、横浜に今年の春にできた商業施設のマリン アンド ウォーク ヨコハマに行った時の事です。ロスにあるフレッドシーガルの日本2号店が入っている西海岸イメージの商業施設ですが、その中にある一軒のファッションブランドの中に飾りを兼ねて販売されている写真集が数冊置かれていました。その中に見覚えのある写真が表紙になっている写真集ありました。子供用の三輪車をアップした写真なのですが、その写真が飾られた家に行った事を鮮明に思い出しました。以前ブログで紹介した、リチャード・ノイトラが設計した住宅のJeff Ayeroff邸にその写真は置かれていました。取材時にヴィンテージ家具が素晴らしく、コルビジェの住宅に置かれていた家具など驚く物が多くあり、どれも価値ある物ばかりですねとオーナーに話していると、この家の中にある物で一番価値があり高価なのは、この写真だよと指を差したのは、暖炉の上にかけられたその三輪車の写真でした。その時は高価と言っても写真だからそんなにはしないだろうと、心の中で思っていました。

その三輪車の写真が表紙になっていたので、どのような写真なのか興味を持ち写真集を購入しました。調べるとその三輪車の写真はUntitled, 1970という作品で、ウィリアム・エグルストンという1939年生まれの米国の写真家が、1976年、MoMAにて世界初のカラー写真展「William Eggleston's Guide」を開催し、その作品集の表紙を飾ったのが、三輪車の写真でした。当時はモノクロがアート写真で、カラーが広告写真とされていた写真の世界で、カラー写真をアートとして発表したエグルストンの作品は、ニューカラーとしてムーブメントを起こしたそうです。アート界に衝撃を与え先駆者として知られているエグルソトンの写真は現在、高値で取引され、代表的な三輪車の写真は2012年3月にクリスティーズのオークションで57万8千ドル(6000万円以上)で落札されました。その写真が、その住宅の暖炉の上に飾られていたんです。その家のオーナーがこの家の中で一番価値がある物がこの写真と言った意味が、数年後始めて理解する事ができました。カラー写真がアートとして認められるようになった記念的作品だった事もありますが、写真にアートと同じような価値がある事を認識させられました。

ロスでのカタログ撮影でお世話になっているYASUKOさんは多くの有名フォトグラファーと仕事をされていて、沢山の写真を見て来たそうです。先日、どのフォトグラファーが好きですか?聞くと、沢山の写真家の名前が、、Helmut Newton   Guy Bourdin   Irvin Penn   Diane Arbus  Alexander Rodchenko   Weegee    Paul Strand   William Klein   Robert Frank 。その中でも一番なのが、日本でも有名なヘルムート ニュートンだそうです。YASUKOさん自身、ヘルムート ニュートンが亡くなるまで、多くの仕事を一緒にされたそうです。そんなYASUKOさんに当社の家具は素敵と、仕事をご一緒できるのは本当に光栄な事です。来週から始まるアメリカ西海岸ヴィンテージ住宅セミナーでは三輪車の写真のある住宅をはじめ、アメリカを代表する有名建築家が手がけた住宅を多く紹介します。お楽しみに! (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)
リチャード・ノイトラが設計した住宅のJeff Ayeroff邸に、その写真は置かれていました。リビングの暖炉の上に掛けられている写真です。 ウィリアム・エグルストンの写真集ガイドは、1969年と1971年の間に撮られたエグルストンの故郷メンフィスの人々と風景を375ショットから編集された48のイメージが含まれています。右下:現在のエグルストンです。

AD CORE DEVISE スタッフTシャツ

2016.07.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.81
ぐずついた天気が続いていましたが、ようやく梅雨も開けて、いよいよ夏本番です。今年の夏は早くから猛暑になるとの予報が出ていましたので、暑さとの戦いがいよいよ本格化してきます。

真夏になると、出勤するだけで汗だくになる事もあるのですが、当社では毎朝、社員全員で全社清掃を行いますので、その掃除で毎日一汗かく事になります。また、夏の納品作業や、メンテナンス作業の際も、汗だくになる事も多々発生します。エーディコア・ディバイズでは、これまで夏用のスタッフウェアとして、オリジナルのポロシャツを製作してきましたが、今年はスタッフTシャツを作成しました。ファッションアイテムでも、今年はTシャツが注目されています。シンプルな白やブラックのカラーが今の気分みたいです。(イタリアの洒落者達の間でも、今までは考えられなかったTシャツにジャケットスタイルなども流行しているようです)今回製作したのは、男性がVネック、女性はクルーネックのコットン100%のベーシックなTシャツ。今の気分で、タイト過ぎず緩過ぎず、ナチュラルフィットのスタイルを狙ったのですが、皆それぞれ体型が違うので一番難しいところです。Tシャツはサイジングが命ですから。カラーは、白、ブラックとネイビーの3色。バックの首元にロゴを品よくあしらいました。

オーダーして数週間、夏の到来に合わせてTシャツが完成しました。着心地も良く、中々かっこ良くし上がりました。当初は「Tシャツはラフすぎる?」と、尻込みしていたスタッフも今では、作業に欠かせないヘビーローテーションのウェアになっています。最近は、朝の掃除前にTシャツに着替えたら、そのまま1日を過ごしてしまうことも・・・。ネクタイ着用からクールビズ、Tシャツスタイルと、楽な格好になれてしまうと戻れなくなりそうですが、Tシャツを着ている時でもだらしなく見えないように、スタイリッシュに着こなせるようスタッフ一同がんばります。(企画開発 / 武田 伸郎) AD CORE DEVISE スタッフTシャツのスタイリング。Vネックのメンズとクルーネックのレディースモデル、スタイリッシュに着こなせているでしょうか。

ZONA特注ソファを納品しました。(東京・広尾ショールーム)

2016.07.28

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.162
関東地方もやっと梅雨明けし、夏本番がやってきますね。季節に合わせて衣替えをするように、インテリアで気分を変えてみるのはいかがでしょうか?ソファの買い替えにいらっしゃったお客様をご紹介させていただきます。

当時お使いのソファのお悩みは、L字型に組んだソファのパーツが動いてしまうこと。毎日、動いてしまったソファを直しクッションを整える作業が大変なご様子でした。お客様は4世代8人家族なので、ソファの大きさも240cm×240cmくらいの大きなものでした。ショールームでいろいろソファをお試しいただき、その中からシンプルなデザインのポケットコイルを座面に用いた上質な座り心地のZONAをお選びいただきました。サイズや背クッションはL字に組み合わせる特注仕様。2つに分かれているソファは連結パーツを付け、ズレないように対応させていただきました。ソファの木製パネルは壁面キャビネットと色を合わせ、シックで落ち着いた空間になりました。アクセントのクッションは奥様お気に入りのSumiko Hondaのピンクのカーテンに合わせピンクの花柄を取り入れました。ソファクッションのブルーにも映え、落ち着いた空間の中で華やかなアクセントになっています。夜、ご家族がそれぞれのお部屋にいかれた後に、おひとりでこの空間で寛ぐのが楽しみと仰って下さいました。

エーディコア・ディバイズのショールームではインテリア相談を承っております。新築のインテリア相談だけでなく、家具を買い替えのお客様のご相談も承っております。図面やお部屋の写真、お好みのインテリアの写真などございましたらお持ち下さい。ご希望やお悩みに合わせてご提案させていただきます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(ショールーム担当:西條 恵理) 窓側のソファは特注サイズ。背クッションも特注仕様です。国内で受注生産しておりますので、お部屋に合わせてサイズオーダーが可能です。 木部色を合わせることにより、お持ちの家具ともコーディネートできます。お選びいただいたクッションの生地もカーテンとピッタリです!

AD CORE DEVISE HISTORY :PANNELLO( FILE No.35)

2016.07.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.85
モダンと優雅さを融合させたシステムソファ、PANNELO/パンネロを紹介します。
パンネロは1人掛け、2人掛け、オットマン、シェーズロングとコーナータイプのバリエーションラインナップ。様々なパネルレイアウトとファブリックの組み合せにより、空間を選ばずインテリアシーンに合わせてくつろぐことが出来るシステムソファとして2009年に発表しました。

イタリア語で「パネル」の意味を持つパンネロは、領域を区切る間仕切りとして使うことが出来るよう背面から見ても美しいデザインで、座った際にもやさしく囲われた安心感をもたらします。エッジにパイピングが施されたサイドパネルとバックパネルは、取外しが出来る構造になっており、サイドパネルは左右の付替えも可能です。ご購入後もお部屋のレイアウト変更にフレキシブルに対応出来るようにデザインされました。ボリュームのある座面はポケットコイルを使用し、ゆったりとした座り心地の中にもしっかりとした感触を持たせています。また座面のファブリックはマジックテープで固定されているため取り外してのお手入れも可能です。背のクッションも座面と同様にファブリックの取り外しでき、こちらは中身に上質なウレタンが使用されています。座ると優しく囲まれるリラックスした印象の置きクッションは、へたりの少ない羽毛を使用しています。シーンに合わせてクッションのファブリックをお選びください。そして脚部は13色対応のビーチ材、シンプルながらエレガントな雰囲気を纏う手の込んだ作りになっています。

様々な空間やライフスタイルにフレキシブルに対応するパンネロは、住居からオフィスエントランス、商業施設まで幅広くご利用いただいています。すっきりとした印象ながら上質なインテリアシーンを演出するパンネロ。ぜひショールームでお試しください。                        (エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)

■PANNELLO(パンネロ)ソファ製品ページ ▶ シンプルな座面に空間を区切るパネルを取付けた構成です。背クッションの中身はウレタンで、ファブリックは取外しが出来ます。 左:マジックテープで固定されたカバーは取り外してお手入れが出来ます。右:左右の入れ替え、取り外しのできるサイドパネル。模様替えの際にも安心です。縁はパイピング処理されておりシンプルながら上品な印象です。

トータルインテリアプランの打ち合わせ。(名古屋・栄ショールーム)

2016.07.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.163
東京本社ショールームと大阪・心斎橋ショールームに続き、エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームに、打ち合わせを効率よくしていただく為にサンプル什器を新設しました。

エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、A-mode(エーモード)、AD CORE(エーディコア)、NEO CLASSICO(ネオクラシコ)のオリジナル3ブランドと、2015年からの新シリーズのNEO CLASSICO Heritage(ネオクラシコ ヘリテージ)をリビング・ダイニングのシーンで展示しています。 ブランドごとに、コンセプトやデザインスタイルが違い、製品毎に使用されている木材質・部材のパーツ等が異なります。打ち合わせコーナーには、実際の商品と合わせてイメージしていただきやすい大判のマテリアルとカラーのサンプルや実物のパーツサンプルをご用意。その他、内装材、ファブリック、他社家具メーカーなどのカタログも豊富に取り揃えておりますので、トータルでのインテリアプランをごゆっくりご確認頂けます。是非ご活用下さい。

新築のコーディネートから家具の買い替え等、様々なインテリアのご相談・プランニングのご提案をさせていただております。是非お持ち寄り下さいませ。(ショールーム担当:小田切 里子) 豊富な木色もよりイメージしやすく大判サンプルにてご確認頂けます。 4つのブランドシーンにて展示中です。お気に入りの組み合わせを見付けにいらしてください。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る