CATEGORIES

集いの場所のアイテム

2016.10.27

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.66
先日、アメリカ西海岸へ取材旅行に行ってきました。帰ってから新作展示会の製品とカタログの準備に追われる毎日です。今回の新作のイメージは1960年代後半から70年代。お披露目までネタバレはできませんが、ダイニング用のベンチを数点発表する予定です。私自身、デザインする時に、自分自身で使用感や快適性をイメージして形にするのですが、ベンチは人間工学からの寸法ではスツールに近く、デザイン性と快適性を出すイメージをまとめるのに時間がかかりました。

アメリカ西海岸取材では、今回もロサンゼルスのダウンタウン近くのアートディストリクトを訪れました。そのエリアには、いつもランチをするホットドック屋さんがあります。ソーセージを数十種類の中からを選び、パンに挟むトッピングを2種類選ぶドイツ風のホットドッグが大人気で、今回もオーガニックコーラに、お気に入りのホットドックとポテトフリットを食べました。アメリカのハンバーガーやホットドックの多くの店では価格がリーズナブルでも、トッピングを指定する事ができます。ジャンキーな食べ物好きにはたまらない国です。そのホットドック屋さんは中心に大きなテーブルとベンチが並ぶ席がメインで、片側にベンチとスツールがある席があるのですが、いつもは中心の大きなテーブルから埋まっています。日本人的には知らない人と相席をするのは気が引ける事もあり、スツールがある部屋の周りの席で座る事が多いのですが、今回は空いていた事もあり、大きなテーブルにベンチの席に座りました。隣には白人の年配のグループの方々です。大きなテーブルの所々に、ホットドックにかけるマスタードが5種類置いていて、焼き上がったばかりのホットドックにかけて食すのですが、これがまた美味しいんです。

食べている時に、隣の年配の方がそこのマスタードを取って下さいと声をかけてきます。そうだった、ここはアメリカだった!西洋では一般的に人前に手を伸ばす事はせずに、前の人に取ってもらうのがテーブルマナーでした。自然に声をかけられたので自然と渡します。マスタードも種類が多いので、選ぶ事もありその場が和みます。日本だと知らない人に声をかけづらい事もあり、自分で取りに行くのですが、、。大きなテーブルにベンチという事もあり、同じ席に座っている人たちが急に近く感じるようになりました。これが、大きなテーブルとベンチの役割なんだと、理解をする事ができました。日本だと大きなテーブルに知らない人と座ると、なんとなく気を使うので、空けて座るのですが、そこではどんどん詰めて座っていきます。ギュウギュウですが、なんとなく親近感が湧いて楽しくなってきます。ベンチは狭い空間を有効に使う役割ではなく、人と人の距離を近くして和やかな空間を創るためにも有効なアイテムなんだなと感じました。

2017年モデルとして3種類のベンチを発表します。フォーマルなインテリアに使用できる製品もありますので、ぜひ発表へおいで下さい。今回も壁を飾るのはアメリカで撮影したイメージ写真です。展示コンセプトに合わせて撮影した写真もアートパネルとして飾りますので、新作との組合わせをご覧いただければと思います。東京、名古屋、大阪の会場で皆様とお会いするのを楽しみにしています。               (クリエイティブ・ディレクター/瀬戸 昇)
アートディストリクトにあるホットドックの店「Wurstküche」ヴォルストキッフェ。店内のセンターには長いテーブルが2台あり、ベンチが置かれています。なぜか大テーブルのベンチ席から埋まっていきます。知らない人通しにぎやかです。 左上:ヴォルストキッフェの入口は分かりづらいですが、いつも行列です。左下:マスタードの種類が多い。右上:再度オーダーで頼んだポテトフリットはディップが10種類の中から2種類選べます。ラージサイズで$5.5で3人でシェアして十分な量です。(スモールは$3.5)右下:大きなホットドックは20種類のソーセージから選び、トッピングは9種類から2種類選べます。写真はオニオンとザワークラフト。これで$6.5!安くて美味しいんです。

日本のモダンデザイン 1965

2016.10.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.83
1965年、東京オリンピックが開催された翌年、ビートルズが来日する前の年になりますね。今から約半世紀前のことになります。アメリカが世界を席巻したミッドセンチュリーを経て、世界中の様々な影響を受けながら日本でも建築をはじめとする独自のデザインや文化が生まれ始めた時代です。

来月発表する今年の新製品を、1965年に設計された建築物で撮影を行いました。ディレクターの瀬戸が、不思議なアンテナで探し出してきたほとんど知られていない物件です。日本では旧い建築物は資産価値が無くなるため、貴重で素晴らしい建築物でも建て替えられてほとんど残らない状況にありますが、今回撮影を行なったこの建物は、奇跡的に一部水回りを増設しただけで、設計当初の状態をほぼ保ったまま使われていました。床や天井はもちろん、木製の窓枠(だいぶ建て付けが悪くなっていましたが)まで当時のまま。オーナー曰く「多少不便かもしれないが、出来るだけオリジナルのまま」お使いになっているそうです。その建築は、外観も内装も派手さが無く天井も高くないのですが、これまでカタログ撮影で見てきた様々な西海岸の住宅には無い、日本的なモダニズムを感じました。壁面コーナーの微妙な曲面やエントランスに設けた天窓からの光など、上手く説明が出来ないのですが、派手さや豪華さではなく、端正で控えめなディテールにこだわった心地良い空間がそこにはありました。もちろん眼下に広がる湘南の海も、心地の良い空間の大切なファクターの一つだと思います。

撮影時期の天候がほとんど雨続きで、天気予報でもほとんど雨でしたが、ピンポイントでその日だけ予報が外れて快晴!!撮影も無事終了することが出来ました。今年の新製品は、昨年までの西海岸スタイルから視点を変えて日本的なモダンをテーマにしました。60年代というのもキーポイントです。来月からスタートする新作展示会、新しいパンフレットの出来映えもぜひご覧下さい。(企画開発 / 武田 伸郎)
新製品の撮影風景。天気は良好、時間との戦いです。 撮影終了後、バルコニーからの絶景です。

AD CORE DEVISE HISTORY : 047-MODEL(FILE No.38)

2016.10.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.88
2015年に発表されたNEO CLASSICO Heritageブランドのリビングテーブル、サービングテーブルの047-MODELをご紹介します。ナチュラルな質感のホワイトオーク材の天板と、アンティークメタルのコントラストが特徴的で、どこか懐かしい印象を与える047-MODELですが、シャープな印象も併せ持つのは各所にこめられた精緻なデザインによるものです。

テーブルの天板の表面はホワイトオークの厚突きの突板です。この突板はランダム貼りという、職人のセンスで柾目、板目をランダムに組合せたもので、色調もあえてマチマチに選ぶことで無垢材のような表情を生み出します。更に表面には、木目を引き立たせるうずくり加工を施しました。テーブルの縁はしっかりとしたホワイトオークの無垢材を回し、オリジナルの面取りを施し、無垢材ならではの木の温もりが感じられるようにデザインしました。

シンプルな脚と貫で構成される脚部のパーツは、美しく高い精度で仕上げるために接続部を溶接すること無くボルトで留められています。繊細な印象の脚部ですが、強度とデザイン性を両立するため天板を掘り込み、レーザー加工された6mm厚のスチールプレートを埋め込んで固定しています。足元の貫も同様に強度とデザイン性を両立するためのパーツです。そして脚部のデザインのポイントになるのはアジャスターと組立用のボルトの納まり。直径25ミリのパイプの中に特注の2つ穴のナットを溶接し、アジャスターと組み立て用のボルトを取付けています。余計な突起やパーツが無いため、足元の貫は薄くシンプルなデザインになりました。脚部の仕上げはヴィンテージブロンズ仕上げとヴィンテージニッケル仕上げがお選び頂けます。ひとつひとつ手作業でメッキを行っているため、表情豊かな仕上りです。

047-MODELは4サイズのリビングテーブルと、NEO CLASSICO Heritageブランドの各種ダイニングテーブルと高さを揃えたサービングテーブルのラインナップです。そしてNEO CLASSICO Heritageブランドは、デザインテイストを統一するため、各アイテムはデザインを共有しています。たとえばこの047-MODELはテーブル天板の縁取りのデザインと脚部の構成を、同ブランドのダイニングテーブル042-MODELと、そして脚部の素材感を同ブランドの照明071-MODELと共有しています。047-MODELだけではなくNEO CLASSICO Heritageブランドのアイテムをコーディネートし、素材感豊かな空間を作ってみてはいかがでしょうか。
(エーディコア・ディバイズ 企画開発/富所 駿)

■047-MODEL リビングテーブル、サービングテーブル 製品ページ ▶ 左:テーブルの端部はホワイトオークの無垢材を回し、クラシカルな面取りを施してあります。右:写真は高さ720mmのサービングテーブル、ダイニングテーブルと高さを揃えています。脚部のフレームは細い脚でも十分な強度を出すため貫を使用し、ボルトで各パーツを接続しています。 左:脚を取り付ける天板受けは、厚さ6mmのスチールプレートをレーザー加工したもので、取付け部の天板を掘り込んでいるため、フラットな仕上りです。右:脚部のアジャスターとボルト 足元の納まりがすっきり見えるように、パイプの中に特注の2つ穴のナットを使用し、取付けられています。

スペシャルセール開催!(東京・広尾ショールーム)

2016.10.25

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.169
朝晩冷え込むようになり少しずつ秋の深まりを感じるようになりました。ここ最近は、秋といえばハロウィンのイベントで盛り上がっていますね。エーディコア・ディバイズでも、展示品一掃セールを皮切りに新作発表会と、イベントで盛り上がる時期です。広尾ショールームのセールはいよいよ今週末(10月29日・30日)の開催となりました。初日の午前中は毎年争奪戦です。

ショールームにご来場のお客様でも、人気の商品が多数セール対象品になります。リビングセットやダイニングセットをお持ちのお客様でも、ラウンジチェアやサイドテーブル、照明などお部屋のアクセントとなるプラスのアイテムの掘り出し物が見つかるかもしれません。セール当日には現在展示していない商品も追加予定です。一度、下見にいらしたお客様もぜひ、いらしてみて下さい。

これからお引越の方、長年お使いいただいた家具の買い替えをご検討の方にも大変お得な2日間です。クッションなどの小物も販売いたしますので、ぜひお立ち寄り下さい。
(ショールーム担当:西條 恵理)
SALE詳細はこちら 昨年発表された人気のダイニングセット。NC-052A-210+NC-051BC 。人気色のD-7(ヴィンテージブラック)です。セット価格¥767,000 → 50%off ¥383,500(税抜) 素材感を感じさせるうづくり加工の無垢天板のダイニングテーブルMD-607-180と柔らかいラウンドフォルムのチェアMD-501のセット。セット価格¥680,000 → 40%off ¥408,000(税抜)

SALE・新作展示会のご案内(名古屋ショールーム)

2016.10.13

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.168
日毎に秋も深まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか?エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、毎年この季節に、年に一回限りの展示品スペシャルセールを開催しています。

東京・広尾ショールームの10月29日、30日を皮切りに、名古屋・栄ショールームと大阪・心斎橋ショールームは11月5日(土)・6日(日)の2日間での開催となります。ショールームに展示のある商品は、どれも売れ筋のものばかりで毎日丁寧にメンテナンスしていますので綺麗な製品ばかりです。お得なダイニングセットやリビングセットは40〜60%OFFになるものまでありますので、お気に入りの商品を見つけに是非御来場下さい!すでに下見にいらっしゃっているお客様もたくさんいらっしゃいます。皆様のご来場をスタッフ一同お待ちしております。

セール後には、待望の2017モデル新作発表会が控えておりそちらも準備を進めております。名古屋・栄ショールームは11月18(金)に開催が決定! 展示会では、新しい製品のラインナップを発表いたします。ドリンクを片手に、ゆっくりご覧下さい。皆様お誘い合わせの上御来場下さいませ。心よりお待ちしております。   (ショールーム担当:小田切 里子)
SALE詳細はこちら
新作詳細はこちら SOTTILE+CERVO3 売れ筋のこちらのダイニングセットは、なんと60%OFF!
¥498,000→¥199,200(消費税別)
背の木部が美しい、L型ソファZONAはリビングテーブルとセットで60%OFF!
¥863,000→¥345,200(消費税別)

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る