CATEGORIES

中国車のデザインと性能

2019.03.29

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.95
中国深センへ2019年モデルのPMM-Woodのアクリルパーツの検品に行ってきました。一部のパーツを海外で作るようになっても、工場での品質チェックは欠かせず、初期から数回は私自身の目で確認する事を行なっています。今回も香港から高速船で蛇口港まで、港からタクシーで市内へ向かいます。3ヶ月ぶりの深センでしたが、蛇口港辺りも街が変わって新しいビルが立ってきています。市内へ入る渋滞する道も一歩通行の方向が変わり、幹線道路への流入はスムーズになっています。この辺りがどんどん変わっていくのは中国です。日本だと道路の方向を変えたりするのはとても無理なのですが。

市内へはいつもの深センに本社があるBYD社の電気自動車のタクシーです。深センでは、ほとんどこの電気タクシーに変わっているのですが、一部残っている日本車のタクシーは乗り心地が悪く、いつしか列に並びながらBYDの電気自動車のタクシーに乗れますようにと思うようになりました。それだけ静かで車内が広く快適な車なんです。工場への移動はレンタカーで移動なのですが、日本車のセダンです。これもアメリカではそのメーカーの売上のメインになっているモデルです。後部座席に乗っていると、背が寝すぎていて、革張りという事もあり、だんだん前に滑って行きます。同行したスタッフに人間工学的には寝すぎていて、これはダメなシートだねと話をしていました。

工場に着くと見慣れない新車が停まっています。聞くと工場長の車で念願の新車を手に入れたという事で嬉しそうにされています。デザインも洗練されているし、どこの車だろうと近づくと、いつも乗っている電気タクシーのメーカーのBYD社の車です。中国車もここまでの車を作るとは少し驚きました。夕方まで工場で検品をして、夕食場所までその車に乗せていただいたのですが、室内のデザインとクオリティにも驚きましたが、大画面のモニターが回転し、スマホとミラーリングコネクトし、オーディオやエアコン情報もタッチモニターでの操作性にも関心しました。一番驚いたのは、6人乗車してフル加速した時です!今まで乗った事のある乗り物の中で一番加速が鋭く、スターウォーズの映画の中でミレニアム・ファルコン号がワープした感じで景色が流れます。それも電気モーターの静かな加速。レストランに着いてブレーキを見るとブレンボのブレーキが装着されています。それも10ポッドの大口径。後で調べると2Lガソリンエンジンとモーターのハイブリッドで441kwと600ps近い馬力があり0-100キロが4.3秒、スーパーカー並みの性能です。

デザインは元アウディのチーフデザイナーだったヴォルフガング・エッガー氏が2016年から手がけているという事で、欧州車のレベルです。今まで中国車のデザインはパクリが多く、品質もイマイチの噂だったので、実際に新しい中国車に乗ってみて性能とクオリティの高さには感心させられました。ただ、フロントには唐の感じの文字があったので、この漢字がなければもっとカッコ良いのにねとスタッフと話をしていましたが、このBYD社の車は中国の国内向けで王朝シリーズとして秦、唐、宋、元の名前を付けられているという事で納得しました。今まで中国では欧州車や日本車の海外ブランドが憧れの車でしたが、中国ブランドとして高性能で高品質で環境に優しいブランドとして売上を伸ばしているそうです。性能だけでなく、シートの座り心地がレンタカーの日本車と雲泥の差だった事に驚かされました。

今回は深セン郊外の工場近くのホテルに宿泊したのですが、広さとインテリアのデザインにも少しびっくりしました。いつもは街を車で走るだけなので、実際に触れる事は少なかったのですが、中国製品のデザインとクオリティに触れてみて、日本も危機感を持って、物作りに取り組まないといけないと実感しました。アクリル工場の社長から中国でエーディコアの製品を売りたい、日本のブランドとして販売したいとの話があり嬉しく思いました。まずはグローバル品質になるようにQCに努めないといけません。
(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)
左上:工場長の新車のBYD/比亜迪股份有限公司の王朝シリーズのSUV「唐」です。流行りの彫刻的なフロントマスクで、均整のとれたデザインです。600馬力でランボルギーニのSUVのウルスと同等の性能で、静かで鬼のような加速です。左下:7人乗りのインテリア(BYDのサイトより)右上:シンプルなダッシュボードの上の大きなパネルはタッチパネルで90度回転して立てにも使用でき、スマートフォンとのコネクトも可能です。ライナーにはLEDランプが光ります。右下:蛇口港より市内へのタクシーはいつものBYDのタクシーです。前を走るのも同じタクシー。日本のタクシーより静かでスタイリッシュです。 深セン市外の工場近くにあるホテルのインテリアです。別に観光地でないエリアで住宅街と工場があるエリアですが、スタイリッシュなホテルで1泊6000円代で宿泊できます。こんな郊外にこんなホテルがあるなんて、深セン市内に毎回帰っていたのですが、早くここを知っていたら、、。

天然皮革の魅力と見極め

2019.03.26

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.110
まだ、寒暖差が激しい日が続いてますが本格的な花粉の時期も到来し春本番の様相です。先日、暖かくはなりつつありますが、まだ春浅い東北の工場へ製品の確認と打ち合わせに行ってきました。昨年発表した新製品の製品確認と、製品の品質管理を行う目的での訪問です。桜の時期はまだ先でしたが、穏やかな日差しには春の気配が感じられました。

今回訪問した工場では、天然素材である「革」の確認に時間を取りました。エーディコア・ディバイズで用いている天然皮革は、牛の革を使用しています。牛革は雄か雌か、年齢によって多様な種類に分類されます。表皮の表情や仕上げによって価格も大きく変わります。木材もそうですが、革も個体差があり部位によっても表情や質感が異なります。何より難しいのは、素材を見極め適材適所に革を用いることです。天然皮革はバッグや靴などに用いられることが多く、見た目の均一さを重視してカットします。しかし家具の場合は大きいサイズが必要なこともありますが、品質や強度に問題のない革本来の風合いである生前のキズやトラと呼ばれる天然のシワは製品に取り入れています。ビニールレザーのように全てが均一に見える人工素材とは違う、天然皮革の表情でもあります。革を無駄なく活かしつつ、仕上がりをイメージして適材適所に型をセットする職人さんの腕の見せ所です。

型取りをする際、さらに難しいのが革はテンションを掛けて引っ張ると、見えなかった血筋(血管の痕)や「トラ」と呼ばれる生前のシワや傷跡が浮かんでくることです。品質には影響ありませんが用いる場所によっては目立ってしまうことがあります。カットした後では調整ができないので、半裁の状態で革の状態をチェックします。どこを選んでどこを捨てるのか・・・・大切な素材を無駄なく使いたい気持ちと、均一な見た目に仕上げたい気持ちのせめぎ合いです。工場では、1脚1脚この作業を行います。天然素材ならではの仕事であり、素材を活かす製品作りの腕の見せ所です。

エーディコア・ディバイズでは、規格張り地には天然皮革しか採用したことがありません。もちろん人工レザーを張ることは出来るのですが、瀬戸のこだわりでもあります。扱いも難しく製作にも時間が掛かるのですが、使い込むほどに馴染んで風合いが増すのが天然皮革の魅力です。長くお使いいただける家具をお届けすると同時に、資源を無駄にしないエーディコアのモノ作りのコンセプトでもあります。(開発 武田伸郎)






「半裁」と言われるサイズ、牛の革を背中から半分にカットした状態の天然皮革。引っ張ってテンションを掛けながら革の状態をチェックします。30年以上革を見てきた経験値がものを言います。

新生活にインテリアグリーンを

2019.03.23

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.256(東京・広尾ショールーム)
ようやく春めいて来たかと思ったら寒の戻りがあったりと、春本番まではあと少しでしょうか?そんな中、東京では桜が開花し今月末には満開を迎えるようですね。広尾ショールーム付近でもあちらこちらで桜が咲き始めました。

エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、この春から新生活を始める方や、日々の暮らしに変化をつけたいとお考えの方のために4月19日(金)〜5月31日(金)の期間、スプリングキャンペーンと合わせてインテリアグリーンフェアを開催いたします。ショールームでは、ディスプレイにもインテリアグリーンを取り入れています。大型のグリーンは置くだけでお部屋の雰囲気をガラッと変えてくれますが、スペースの問題などでなかなか手が出ない方も多いと思います。テーブルや棚に置けるサイズのものであれば、気軽に取り入れていただけます。寄せ植えをしたり、鉢を変えれば雰囲気も変わりますので長くお楽しみいただくこともできます。最近では多肉植物やサボテン、エアプランツなども人気のようですね。今回のグリーンフェアでは、気軽に取り入れていただけるように、育てやすいグリーンと鉢をセットでディスプレイいたします。期間中はグリーンの販売もいたしますので、ぜひショールームにいらして下さい。

空間に彩りを添えるグリーンは、家具や照明と同じようにインテリアの重要な要素のひとつです。グリーンには室内の空気をきれいにしてくれる効果もありますので、インテリアのアクセントにグリーンを取り入れてみてはいかがでしょうか。キャンペーンとフェアの詳細は改めてご案内いたしますので、皆様のご来場をお待ちしております。
(ショールーム担当:西條 恵理)
左上:小さなポットのものは寄せ植えにするとボリュームが出ます。右上:存在感のあるサボテンの寄せ植え。2年で少しずつ大きくなっています。左下:エアプランツはお世話がとても楽でオシャレです。右下:カラフルなサボテンはお部屋に彩りがプラスされます。 日陰ではまだ蕾もありますが、明治通りや近くの小学校では桜が満開です。

PRODUCT : MAGNOLIA DINIG CHAIR

2019.03.22

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.116
今月は2019年モデル、アクリル樹脂と木のコンビネーションが新鮮なダイニングチェア、PMMA+Woodシリーズ MAGNOLIAをご紹介します。MAGNOLIAは木蓮科のこぶしをイメージしたデザインです。

MAGNOLIAはスクエアな全体感でありつつも有機的な曲線でできたサイドチェアと、アームまで柔らかなカーブでアクリルを一体成型したアームチェアのラインナップ。ガラスを超える透明度を持ったアクリル樹脂のシェルは厚みが12ミリあり、時間をかけオーブンで熱したアクリル板をアルミの金型でプレスして作られています。木製の成型合板に比べると自由に三次曲面を作り出すことができるアクリルの性質を生かし、身体を包み込むようなカーブを実現し、背をもたれかけるとわずかにしなることで上質なかけ心地に仕上がっています。シェルの表面の仕上げはわずかな歪みもないように人の手で時間をかけて磨き上げています。

座面にセットされるクッションは、MAGNOLIAの持つ軽やかなイメージを崩さないようトップがフラットで薄く見えるデザインです。三次曲面のシェルにフィットするようウレタンを積層してできており、深みがあり底付き感の無いかけ心地に仕上がっています。また、クッションは座面に空いた穴に紐を通し、裏からボタンで留めることで容易に着脱できるようになっています。フレームはホワイトアッシュの無垢材でできており、フレームと座面の接合部は三次曲面のシェルの裏面にぴったりと合うように面取加工を行っています。フレームは透明なアクリルの座面を通して見えるため、どの角度から見ても美しく見えるように仕上げてあります。脚部は上から下へ厚みが薄くなる不均等厚成型合板で作られており、構造自体も美しい椅子になっています

アクリル樹脂と木部の組み合わせが新鮮な印象を与えるMAGNOLIA、アクリルの樹脂の成型技術と木部の精緻な加工技術が組み合わされて出来上がりました。透明なシェルは空間を広く見せ、洗練された存在感のあるデザインです。写真では表現しきれない魅力をぜひショールームでご覧下さい。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■MAGNOLIA DINING CHAIR 製品ページ ▶ 左:アクリル樹脂のシェル。しなやかなカーブは身体にフィットし、わずかなしなりが上質な座り心地を生み出します。右上:シェルは厚み12mmの一枚のアクリル板を成型しています。右下:不均等厚成型合板の技術を用いた脚部。 左上:フレームは透明なアクリルの座面を通して見えるため、どの角度から見ても美しく見えるように仕上げてあります。左下:ウレタンを6層に重ねた座クッション。深みのあるしっかりとした掛け心地です。右上:座面のカーブにフィットした座クッション。トップはフラットで軽やかなデザインです。右下:クッションに取り付けた紐を座面に通し、ボタン状の留め具で固定します。

もうすぐお花見の季節です

2019.03.15

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.255(名古屋・栄ショールーム)
寒さの中にも、少しずつ春の暖かい日差しが感じられるようになりましたね。名古屋の桜の開花は来週と言われており、見頃は3月末頃になるようです。来週末から名古屋・栄周辺でもお花見のイベントが始まります。

名古屋・栄ショールームから徒歩5分程にあるオアシス21の広場では、桜のつぼみが少しづつ膨らみ始めています。広場は街中の賑やかな場所にあり、日当りもよく芝生にはベンチが設置されていて街中でもグリーンを感じながらリラックスできます。今の時期は外で過ごしやすい為、ランチの時間には広場でお昼休憩を取る方やお散歩している方も多く、まさしく都会の「オアシス」だと感じます。名古屋の桜の名所といえば名古屋城。ソメイヨシノや、シダレザクラなどの10種類以上の桜が約1,000本以上咲き誇ります。名古屋城に隣接する広大な敷地の名城公園には季節のお花を楽しめる施設も入っていてオススメです。また、「日本の桜の名所100選」に選ばれている鶴舞公園では約750本の桜とぼんぼりが飾られており、お祭り気分を味わえます。期間限定でライトアップやイベントなど楽しめる行事も行われていて、毎年この時期は多くの人で賑わっています。今年は暖かく桜の満開になる時期が早いそうなので、例年より早く春を楽しめますね。

名古屋の桜の名所を散策しながら、エーディコア・ディバイズ名古屋・栄ショールームにもぜひお立ち寄りください。ショールームにディスプレイしている桜は見頃を迎えています。他にもピンクやイエローのお花を取り入れていて、春を感じる事ができます。季節のフレーバーティーをご用意して皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(ショールーム担当:川瀬 真里奈) オアシス21の広場「緑の大地」です。お天気の良さで桜の蕾も少しづつ膨らみ始めています。 ショールームのディスプレイには、イエローやピンクのお花や植物を多く取り入れ、春らしさを演出しています。左:イエローとホワイトのラナンキュラス 右上:満開に咲いているショールームの桜 右下:丸くて可愛らしいピンクのガーベラ

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る