CATEGORIES

柔らかな雰囲気の円形ダイニングテーブル

2021.06.17

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.337(東京・広尾ショールーム)
ダイニングテーブルを選ぶ際に多くの方は長方形のタイプで、お部屋の広さに合わせてサイズを選ばれます。円形のテーブルに憧れている方も多いようですが、「使いこなせるかな?」とか「お部屋に合うかな?」と取り入れられない方もいらっしゃるのではないでしょうか。円形テーブルは食卓に集まる人が顔を合わせて食事しやすく、柔らかな空間作りができますので、その魅力をご紹介します。

1.曲線の優しいフォルム
お部屋の形やキッチン、キャビネット、ソファなどインテリアを構成する要素は直線的なものが多いです。そこに長方形のテーブルを置くと角張った印象になりがちですが、円形テーブルを置くと空間全体が柔らかな印象になります。柔らかい雰囲気がリラックスした気持ちにさせてくれます。丸いペンダントライトを合わせるとさらに柔らかさが引き立ちます。小さなお子様がいる家庭では、ダイニングテーブルの角に頭をぶつけるのではないかと気にされる方も多いと思います。狭い空間ですと、大人でも脚や腰をぶつけた経験があると思います。円形テーブルは角がないのでその点は安心です。
2.コミュニケーションが取りやすいセッティング
長方形のテーブルの場合、同じ側に座っている人とは顔を合わせることは少なく、会話の際は横を向いて話すことになります。大きなテーブルになればなるほど間に人を挟んで座るため、離れている人との会話は容易ではありません。その点、円形テーブルの場合は全員が中心を向いて座りますのでお互いの顔が見えやすく、会話がしやすいのが特徴です。
お鍋や大皿料理など、みんなで取り分けて料理を楽しむことが多い場合も円形テーブルが使いやすいです。円形テーブルの中心にある料理は、どこからでも届きやすいので気楽に食事を楽しんでいただけます。中華料理の丸テーブルが代表的な例です。
3.座る人数に柔軟に対応
1本脚タイプの円形テーブルの場合は椅子を置く場所を選びませんので、来客時に柔軟に対応できます。椅子の数も一般的には4脚または6脚と偶数でセッティングすると綺麗に見えますが、円形テーブルの場合は3脚や5脚でもバランス良く置くことができます。テーブルの大きさの目安は、4人掛けの場合は直径120cm、6人掛けの場合は直径150cmをお勧めします。

お部屋の間取りや広さ、ライフスタイルによってベストなダイニングテーブルのスタイルは様々ですが、おうち時間が増えてご家族で食卓を囲む機会が増えたご家庭では、より食事や会話が楽しめるように円形テーブルを取り入れてみてはいかがでしょうか?ショールームでは、インテリアコーディネート相談も承っておりますのでお気軽にご相談ください。完全予約制にてご案内しておりますので、ご来場際は事前にご予約のうえお越しください。
(ショールーム担当:西條 恵理)
▷ショールームご予約フォーム 
円形テーブルのダイニングに丸いペンダントライトを合わせた例です。オーバルバックのチェアとのコーディネートで優しい雰囲気の空間になります。 上:1本脚タイプの円形テーブルは椅子を置く場所を選びません。下右:直径150cmの円形テーブルは6人掛けも可能です。4人掛けの場合は、かなりゆったりとお使いいただけます。下左:ストレートなラインの脚部と厚みのある天板のテーブルも、円形にすることでソフトな印象になります。

季節の色を取り入れて

2021.06.17

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.336(名古屋・栄ショールーム)

いよいよ梅雨が本格的に始まり、気分も少し滅入る季節となりました。日々の生活で慣れ親しんだプライベートな空間も、この季節を少しでも清々しく軽やかに過ごすために普段のインテリアに変化をつけてはいかがでしょうか。家具を変えることも一つですが、お使いのアイテムにシーズン毎に季節感をプラスしてみたり、カバーリングなどで色味に変化をつけるだけでも気分を変えることができます。今回は納入例を参考にインテリアアイテムや、色による印象の違いをご紹介いたします。

今の季節なら、クッションや家具のカバーリング、インテリア小物などを夏らしいものに変えたり、全体の色味をブルー系やグリーン系など初夏を感じさせるような色をアクセントで少し取り入れるだけで、お部屋の雰囲気がグッと変わります。また壁面には絵画や写真、パネルなどを季節を感じられる物に掛け替えて、空間を演出することも清涼感がでて素敵です。また、面積を占めるベッドリネンやカーテンで色の変化をつけることもとても効果的です。家具を新調される際にもカバーリング仕様の家具でしたら、シーズン毎に変えられるように寒色系のカバーと暖色系の物を2つご用意いただくと、季節ごとのコーディネートがしやすくなります。当社でもカバーリングの商品をご用意しています。アクリル樹脂と木製素材の異素材を組み合わせたPMMA+Woodのシリーズは、透明感のあるアクリル樹脂が涼しさを演出するだけでなく、照明を受けて家具自体が色味を発するような暖かな雰囲気も演出することができるので、一年を通して楽しめる家具です。チェアは座面がクリアなので、座クッションや置きクッションでコーディネートが自由自在です。またテーブルも天板がクリアなので、床に敷いたアクセントラグの色味も楽しめますし、ペルシャ絨毯などの柄も視界を隔てることなく楽しむことができます。家具やインテリアを新調される際には、通年で楽しめるアイデアを考えながら選ばれてはいかがでしょうか。

ただいまショールームは、完全予約制にて一組2時間制でコロナウィルスの感染予防に努めております。次亜塩素酸の加湿器と換気システムでショールーム内の空気の入れ替えも万全です。どうぞ安心してご来店ください。また、遠方のお客様やショールーム訪問を躊躇されている方には、個別にオンラインで製品確認も可能なオンラインプロダクトツアーも開設しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
(ショールーム担当:水野 未佳子)
▷ショールームご予約フォーム  左:クッションとベンチのカバーリングがコーディネートされています。壁面に飾られたアートパネルも効果的です。右上:MD−211のソファに張られたブルーとカーテンのアクセントカラー、テーブル上のお花の色がお部屋全体を引き締めています。 右下:シンプルなソファも小物で季節感を楽しめます。 左上:TA-001SC-Wの背板越しにクッションが楽しめます。左下:ラウンジチェアのクッションをパーツ毎に張地を変えてポップな印象に。 右:照明の温かみのある色がアクリル樹脂にも反射して雰囲気を醸し出しています。

自分だけのメイド・トゥ・オーダー家具

2021.06.03

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.335(大阪・心斎橋ショールーム)
エーディコア・ディバイズの家具は、全てご注文をいただいてから製作しています。1985年のブランド発足当時から在庫を持たず必要な数を必要な時にお届けするスタイルは今も変わっていません。当時は大量に家具を生産しコストを下げて販売し売れ残ったら在庫一斉セールで処分するというのが業界のスタイルでした。当社では受注生産をすることで無駄な廃棄を防ぎ、環境や資源の事も考えてきました。また、お使いの用途やお好みに合わせてカスタマイズしていただけるいわゆるメイド・トゥ・オーダー家具を実現しています。今回は選べる塗装色やファブリック、様々なオプションをご紹介します。

木部のカラーは、全部で22色ご用意しております。AD COREとNEO CLASSICOの規格色は全13色ございます。3分艶塗装で木目の目立たないセミオープン仕上げにしていますので、上品で高級感のある印象です。A-modeは5色、A-mode Heritage、NEO CLASSICO Heritageは9色で、全艶消しのオープン仕上げです。ナチュラルやヴィンテージ風などのテイストに対応しています。また当社では、全ての木部に抗菌塗装を施していますが、より安心してお使いいただける抗ウイルス塗装もご用意しています。ファブリックは抗菌対応、抗ウイルス対応、お手入れのし易いものなどバリエーション豊富にご用意しております。お子様やペットがいるご家庭では、撥水加工やバックコーティング機能のついたファブリックが好評です。また、チェアにオプションのハンドルをつけることで、汚れ防止になり、お掃除の時も移動がスムーズです。ラウンジチェアやソファには本革のパイピングやボタンを施せる製品もございます。本革を使うことでアクセントにもなり高級感がでます。お部屋や希望のイメージ通りにご自身でカスタマイズ出来るのもメイド・トゥ・オーダー家具ならではの良いところです。

お気に入りの家具があれば「おうち時間」も楽しく過ごせるはずです。インテリアを見直して快適な生活をしてみませんか?現在ショールームは完全予約制ですが、当日のご予約も承っております。お気軽にお問い合わせください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。
(ショールーム担当:中谷 有里)
▷ショールームご予約フォーム 
左上:塗装カラーはバリエーションが豊富です。規格以外の特注カラーも承ります。左下:チェア用オプションハンドルやスワロフスキーのクリスタルガラスを使用した把手、チェアの脚用プラパパートなど。右:ダイニングチェアMD-101にオプションハンドルを付けた仕様です。 左:ソファMD-705のオプションレザーパイピング・ボタン仕様です。右上:レザーパイピングのアップ。アクセントになり締まった印象になります。右下:ボタン絞りのアップ。レザー仕様にするとこで更に高級感が出ます。

趣味の時間

2021.05.31

AD CODE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.120
10年以上前に北欧デンマークを旅した時のことでした。家具メーカーや老人ホームなどを回って、デンマーク人の余暇の使い方に驚いた記憶が蘇っています。ある大手の家具工場へ行った時に3時が帰宅時間と聞いて、会社としてよくやっているものだと驚きました。3時に帰って家で何をするんだろう?と聞くと、ヨットやサイドハウスを自分で作っている人が多く、余暇を楽しんでいるとの事。税金は高く物価も高いので、貯金はほとんどしないと聞いて、将来心配ではないの?と質問すると、国に貯金していて老人ホームなどに入れば大丈夫だしと。訪問した老人ホームではお洒落した老人が幸せそうで、そこで介護している方々も皆さん笑顔で裕福そうです。なぜ?と聞くと介護している人が幸せでないと、介護されている人が幸せにならないからと、、。なんだか羨ましく思いました。

私自身、夜遅くまで働く毎日だったので、余暇といっても週末に少し車のメンテナンスをするのが精一杯で、羨ましいというか、そんな日はリタイヤするまでは来ないなと思っていました。しかし、このコロナ禍で去年から出勤時間を朝早くし、勤務時間を時短にして4時半帰宅になりました。テレビを見て過ごすにも見るべき番組がなく、古いオートバイ(バイク)のメンテナンスでもするかと、ガレージで置きっ放しになっていたバイクを出して、毎晩のようにバラして組み立てをしました。週末の空いた時間でやるのはメンテナンスと言われる整備が中心ですが、毎日となるとレストア作業までするようになり、2台あるバイクも新品のようになってきました。平日の夜にガレージで作業、週末は調子を見るための試乗となり、キャブからエンジン、電気系、足回り、ブレーキまでバラして組み直しました。ピカピカになり調子良いバイクを見ていると、ふと、デンマークで見た余暇の使い方と同じじゃないかと、。

撮影に訪れているロサンゼルスでも、訪問する家のオーナーの多くは朝早く出社して、夕方早く帰ってくる方が多く、大きなガレージで古い車やバイクを直して週末に乗ると聞きました。マリブの海岸線にあるバイカーの聖地のネプチューンカフェでは毎週末、強面のバイカーがピカピカのバイクで集まってきます。怖そうな人達の多くは普段はビジネスマンで、自分で組み上げたバイクを自慢しに来ているそうです。その時も羨ましく思ったものです。日本では今、芸能人や芸人の方が旧車の絶版車と言われる古いバイクに乗るのが流行っているようで、SNSやネットニュースで芸能人が自慢しているのを見かけるようになりました。10年以上前はハーレーが多かったのですが、今は1970~80年代の絶版車で少し鈍臭い感じのバイクが多く、他人が乗っていないバイクが人気のようです。あまり人気が無いバイクはパーツが無いので修理や維持は大変なんですが、、。

私自身、古いバイクや車に乗っていますが、30年以上経た車体のパーツは手に入らず、自分で直すしかありません。ネットオークションでパーツが売られているのですが、写真だけで判断して購入すると失敗する事があります。昔は解体屋がどこでもあり、自分の車やバイクのパーツを山になった廃車の中から取り外して買ったものでした。バイクのパーツはメーカーにもよりますが、生産終了後10年程でパーツ在庫が無くなります。でも、助かるのは社外品と言われるパーツの存在です。そのほとんどが海外製で古いバイクや車を大切に乗ろうとする文化がある国のパーツが多く、以外にアメリカ製のパーツも多いんです。私の乗っている1962年製のカルマンギヤもパーツが沢山出ているので、助かります。ヨーロッパではパーツ購入だけして自分で修理できる家電が人気と聞きました。ネットニュースで日本の高級腕時計のパーツ保存が10年と出ているのを見て、日本も修理しながら使う文化がもう少しで出てくればいいのにと思います。

カーボンフリーと言われ、古いバイクや車は公害を撒き散らしているように思われますが、車検時に排ガス検査も通らないといけません。物を長く使う事も持続可能な社会ではないでしょうか。当社は廃盤が無いので、36年前の製品もメンテナンスが可能です。コロナ禍で大変な世の中ですが、自分のために使える時間ができたように思います。皆さんも今までと違う時間の使い方をして、コロナ禍の不自由な時間を自由に使ってみませんか。次回のWebセミナーは人間工学の話をしようかと思っています。椅子やソファの人体に合うサイズなどお話しする予定です。お楽しみに!
(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)

マリブにあるバイカーの聖地ネプチューンネット。シーフードがメインのカフェで世界中からファンが集まります。週末になると自慢のバイクに乗って強面の人たちが多く少し怖く、初めてだとなかなか中に入れません。どのバイクもカスタムされてショー用バイクのようです。フードはクラブコロッケが有名でフィッシュアンドチップスなど美味しいです。 左:1978年のVESPAでスモールヴィンテージと言われるタイプです。タイヤ交換やホイール塗装を行い、ボアアップ、ビックキャブやチャンバー取付、強化クラッチ、ハイギヤ、ブレーキ交換、電装系も新しくしてほぼ新車にしました。右:1988年のヤマハXV250です。エンジンの磨きと白錆が出ていたアルミパーツの磨き塗装、キャブレター、ブレーキやサスペンションのオーバーホールを行い、転倒して傷になったガソリンタンクのデカールは開発の富所君にカッティングシートで作ってもらい貼り直しました。ヤマハはパーツ在庫保管年数が長いので、消耗品はまだ手に入ります。どちらも手に入れて30年以上経ちますが調子は最高です。今は医療機関に迷惑をかけてはいけないので本気乗りはしていませんが、、。

MD-1102G TABLE(ガラス天板)

2021.05.28


クリエイティブディレクター瀬戸 昇が、デザイナーからの視点で写真だけでは伝わらない製品の魅力を動画でお伝えします。今回は2021モデルから、柔らかでシンプルなデザインで、多彩なバリエーションの天板を持つテーブル、MD-1102をご紹介します。
■MD-1102 製品ページ ▶

DESIGNER

PRODUCT

PRODUCT INFO.

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る