CATEGORIES

災害と再生

2020.03.31

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.106
1月末にアメリカ西海岸建築ツアーから帰って2ヶ月が経ちましたが、2ヶ月で世の中がこんな事になるとは思ってもみませんでした。世界中の人々も同じなんでしょうね。中国の遠くで起こっている事として、SARSの時と同じで用心しておけば、いずれ過ぎ去ると思っていました。4月のミラノサローネが6月に延期になっていましたが中止となりました。いつになると終息するのか分からない今、本当に心配になりますね。

こんな時期ですが、ある協会から5月に講演の依頼をいただきました。庭(ガーデン)に関係している協会からのご依頼なので、今まで取材した住宅の中で、庭とインテリアの関係を持った家の写真を探しました。今まで200軒以上の取材をした中で印象深かった庭は、当社のカタログ写真の撮影をお願いしているフォトグラファーのドミニックさんの庭です。マリブの海岸線から少し入った所にあるドミニックさんの家は、彼自身が15年以上かけて植木を植え手入れされた庭で、とても個人住宅とは思えない広さと変化に富んだ庭でした。奥様は有名ファッション誌の編集長をされていたジュディスさんで、母屋だけでなく庭に点在する東屋や馬小屋を改造したアトリエは、彼女の優しいアートに溢れた空間が作られていていました。庭は歩くだけで1時間以上かかる程の広さで、後でグーグルマップの衛星写真を見て驚いたのは、隣の高校の野球場、サッカー場、ソフトボール場のある校庭と同じ広さだった事です。よくこの広さを開拓して庭にしたなと驚きました。

その庭のある家が一昨年のマリブからロサンゼルス一帯を襲った山火事で火災に遭い、ほとんどを消失してしまいました。昨年のカタログ撮影のロケハンの時にお見舞いを持って訪問した時には、まだ片付けが徐々に始まったばかりでした。70歳近いドミニックさんですが、庭を含めての再生を諦めておらず、これから、もっともっと仕事をして必ず再生させる事を話されていました。焼けた庭を案内していただいた時に印象的だったのが、ヤシ科の植物や多肉植物の力強さです。火事に合った樹木は葉を出してもすぐに枯れてしまい、立ち枯れをしてしまうそうですが、ヤシ科の植物は幹が黒く焼けていても青々とした上の葉が伸びていました。足元に広がる多肉系の植物も黒い芝生の中で緑溢れる姿を見せてくれていました。

元々、厳しい環境に育つ植物は生命力が強く再生力があるとの事で、山火事にあっても再生していくそうです。それを見ていると、片付けに精を出す、ドミニックさんの姿と重なって見えました。今年の東京の桜の開花は本当に早く、いつも通りの可憐な桜色を見せてくれています。周りの野山も緑が少しづつ芽生えて、いつの間にか新緑の匂いがするようになっています。新型コロナウイルスの事はあっても新しい季節は巡ることを感じています。緑溢れるドミニックさんの元の庭の写真を見ながら、これからのインテリアは、家で過ごす時間が長くなるからこそ、室内だけでなく、インテリアと緑や庭の一体感が大切になるように感じました。本来の庭と室内の関係を大切にした日本建築のあり方を再認識する事にもなります。

この感染はいつまで続くのかは本当に分かりませんが、終息する日はきっと来ます。しばらくセミナーは開催できないと思いますが、何か情報発信できればと思っています。私たちは安心安全で快適なインテリアを提供できるように頑張ります。大変な事はあると思いますが、皆さん頑張りましょう!(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)

素晴らしかった頃のドミニックさんの家と庭。35,000平方メートルの敷地にはアトリエやテラスのある東屋や、子供達の遊ぶインディアンのテントなどが作られていました。起伏がある庭で普通に歩いても1時間以上かかる庭でした。 火事に見舞われた家と庭。カッコよかったトラックも無残。焼けて見通しが良くなり山の向こうまで見渡せ、こんなに広かったのかと驚きます。ドミニックさんが後片付けを進めています。庭にあった植物で一番最初に戻りつつあるのは多肉植物と、焼け焦げたヤシ科の植物です。一度火災に遭ってもまた芽吹いてきたそうです。

国内で生産した家具を抗菌塗装仕上げで対応いたします

2020.03.30

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.95
記録的な速さで桜が開花したこの春、暖かい日が続いて夏日まで気温が上がった日もあったというのに・・・先日の日曜日には都内でも雪が降り積雪まで記録しました。満開の桜と雪模様、いつもならあまり見ることのできない美しい季節の組み合わせに見入ってしまいそうですが、目まぐるしく状況が変化する新型コロナウィルスの問題で、残念ながら例年のように桜を楽しむ事もできなくなってしまいました。

そんな折、感染防止、感染対策には細心の注意を払い、エーディコア・ディバイズの製品をお願いしている九州の工場に製品確認に行ってまいりました。今回の工場視察では、皆様にご案内しています「抗菌塗装」の仕様確認も目的の一つです。世界中で大変な問題になっている新型コロナウイルス、家具業界に携わっている私たちに何ができるのか?今できることとして取り組んだのが「抗菌塗装」「抗菌ファブリック」のご提案です。手洗いの徹底やマスクの着用などと同様に、今できることで少しでも感染を防止できれば、とはじめた対応です。

新型コロナウィルスの問題が深刻になるにつれ、いろんなメディアで「抗菌」アイテムのPRも一気に増えてきました。建材やスプレーなどアイテムは様々ですが、手軽さや即効性だけではあまり意味がありません。今回採用した抗菌塗装は、ポリウレタン塗装のトップコートに高機能抗菌剤を配合し抗菌性を持たせ、塗装膜の中に均等に分散されたナノサイズの抗菌剤が効果を発揮する持続性のある抗菌塗装仕上げです。添加剤は無色透明で、これまでの通常塗装の仕上げと違いがないことも確認しました。エーディコア・ディバイズの製品は全て国内で生産しており、仕様の変更や対策がすぐにできることが強みです。新型コロナウィルスの問題が広がる以前に、塗料メーカーと工場で準備を進め抗菌塗装の対応を取りました。

新型コロナウィルスが世界規模に拡大していく中、日本での感染拡大も心配ですが不安がってばかりもいられません。お客様にはご注文をいただいた家具を、今までと同様にお届けしてまいります。お伺いした九州の工場でも感染予防をしっかりと行って、フル稼働で生産を進めています。エーディコア・ディバイズの「すべての製品は国内生産」、こんな時こそ Made in Japan の底力を発揮する時だと思います。抗菌塗装もぜひお問い合わせください。今できることを最大限に、エーディコア・ディバイズでは家具作りを続けてまいります。(開発 武田伸郎) ソファ工場では感染対策のマスク着用でフル稼働で生産しています。 抗菌塗装仕上げ用の添加剤。無色透明で仕上がりの色もツヤも規格の塗装色と変わりません。

特別編:消毒用アルコール、次亜塩素酸水を用いた除菌について

2020.03.27

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.84
新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、家具の除菌についてお問い合わせをいただくことが多くなってきました。基本的にAD CORE DEVISEでは家具のお手入れは中性洗剤を薄めた水拭きを推奨していますが、消毒用アルコールや次亜塩素酸水を用いた除菌を行うと天然皮革や塗装にどのような影響を及ぼすのか実験を行いました。

実験に使用した薬剤はエタノール含有率が約80パーセントの市販の消毒用アルコールと、pH4~7、濃度200ppm以上の市販の除菌用次亜塩素酸水です。アルコールは濃度80%程度が一番殺菌力が高く、次亜塩素酸は通常の除菌には濃度200ppm程度が必要と言われています。実験の対象は当社の規格品の天然皮革全6品番、塗装は当社規格ポリウレタン塗装の塗装色N-12とD-3を用意しました。実験の方法は1日4回、2時間ごとに消毒用アルコールと次亜塩素酸水をそれぞれウエスに含ませ、3〜4回軽く拭く。これを土日を除く2週間、計10日間行いました。1日4回の除菌ですので、計40回の除菌を行いました。

結果は下の写真も併せてご覧ください。

・天然皮革 アルコール:色落ちがあり手触りも変化 次亜塩素酸水:変化なし
除菌用アルコールで拭いた天然皮革は全てで色落ちが見られました。特にネイビーの革は色落ちが目立ちます。早いものでは初日の3回目の除菌で色落ちが見られました。これは表面を着色している樹脂がアルコールにより溶けたためと考えられます。色落ちだけでなく手触りも変化しました。一方、次亜塩素酸水での消毒では色落ちや手触りの変化は見られませんでした。レザーの除菌を行う際は界面活性剤を使用した中性洗剤か、適切な濃度の次亜塩素酸水をお使いください。当社製品の天然皮革は自動車のシートやハンドルなどに使用されるグレードのものを使用しておりますが色落ちが生じました。車内の除菌を行う際にはアルコールを使用されないようご注意ください。

・ポリウレタン塗装 アルコール:変化なし 次亜塩素酸水:変化なし
アルコールで除菌したもの、次亜塩素酸水で除菌したもの、どちらも変化はありませんでした。しかし、アルコールを直接吹きかけそのまま放置した塗装は艶が変化し、水拭きを行なっても元には戻りませんでした。消毒を行う際には界面活性剤を使用した中性洗剤か、適切な濃度の次亜塩素酸水をお使いください。アルコールを使用いただいてもすぐに拭き取れば問題は起こらないかと思われますが、長期の使用では塗装の寿命を短くする可能性がありますのでご注意ください。

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今回の実験はお客様がより当社の製品を安心してお使いいただけるよう行いました。まだまだ先行きが見えない中ではありますが、エーディコアでは抗菌対応のファブリックや抗菌塗装などをご用意して、より安心で安全な製品づくりに努めてまいります。抗菌対応のファブリックと抗菌塗装についても社内で実験を行っていますので追ってお知らせさせていただきます。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)
左上:今回の実験で使用した消毒液。左が濃度200ppm以上の市販の除菌用次亜塩素酸水、右がエタノール含有率が約80パーセントの市販の消毒用アルコール。右上:天然皮革は左面を次亜塩素酸水、右面をアルコールで除菌しました。下:実験後のサンプル。 左上:実験終了後。次亜塩素酸水に使用したウエスには色移りがなく、消毒用アルコールを使用したウエスには色移りが見られました。左下:同じ品番の天然皮革でも色味の違いにより色移りの差が見られました。右上:塗装サンプルは実験前から変化は見られませんでした。右下:塗装面にアルコールを直接吹き付け、乾くまで放置したもの。艶に変化が見られます。

抗菌対応マテリアル

2020.03.27

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.292(東京・広尾ショールーム)
陽射しがずいぶん暖かくなり、春を感じる日が多くなってきました。冬の寒さから開放され行楽やレジャーを楽しみたいところですが、今年は新型コロナウィルスの感染防止のため首都圏では外出自粛要請も出され、自宅で過ごすことも多いと思います。感染を防ぐために身の回りを除菌したりと、いつも以上に気に掛けることが多くなりました。

エーディコア・ディバイズでは、永く安心してお使いいただける製品づくりを続けてきましたが、今回、インテリアの中でも身近に関わる家具をより安全にお使いいただけるように、抗菌対応の木製用塗装のトップコートやファブリックを規格として用意しました。ショールームではファブリックサンプルも用意し、実際にご覧いただけます。種類によって機能は、抗菌や防カビ、防臭、防汚、撥水、止水、静電防止など様々です。抗菌や防カビのように安全性に配慮したものだけでなく、防汚や撥水は日々のメンテナンスも楽になります。予め機能が施されているファブリックは安心してお使いいただけます。銀糸が織り込まれているものは、銀イオンの効果で抗菌・防臭効果が半永久的に持続しますので、永くお使いいただく家具にはお勧めです。テクスチャーやカラーもバリエーションがございますので、お部屋のインテリアに合わせてお選びいただけますので、ぜひショールームでご相談ください。もちろん、新規製作だけでなく張替えの際にもお選びいただけますので、椅子の張替えやソファの替えカバーをお考えの際にもお申し付けください。

ショールームでは、お客様が安心してご来場いただけるように様々な対策をしております。
・ショールーム来場の完全予約制の実施:2時間以内(濃厚感染の防止のために時間を制限しました)
・ショールーム担当のマスク着用
・入館時の手の消毒:お客様にも消毒をしていただきます。( アレルギーのある方には手袋をご用意しています)
・定期的な社内消毒:玄関ドア、トイレのドアノブ、スイッチ類、打合せ使用家具の消毒
お客様にはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、安心してショールームでお過ごしいただけますようスタッフ一同努めてまいりますので、ぜひご来場下さい。

▷抗菌対応のマテリアルについて
▷ショールームにおける新型コロナウイルス感染防止対策について
(ショールーム担当:西條 恵理) 抗菌対応ファブリックのバリエーション。4月には抗菌対応ファブリックを張ったソファが入荷します。 ショールームでは定期的にドアノブやスイッチの消毒を行っております。アルコールアレルギーのお客様には手袋を用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

名古屋ショールーム4月より土曜日オープン

2020.03.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.291(名古屋・栄ショールーム)
この度、新しく名古屋ショールームスタッフとなりました水野未佳子と申します。どうぞよろしくお願いいたします。通常のショールーム業務だけでなく、毎月ブログを投稿してまいりますので楽しみにしていてください。そして、4月4日(土)より名古屋ショールームも土曜日を営業することとなりました。栄にありますショールームは近隣のショッピングスポットからも足を伸ばしていただきやすい場所にございます。完全予約制となりますので、ぜひ栄にいらっしゃる際は、事前にご予約のうえお立ち寄りください。

昨日までの名古屋市は、朝晩は冷え込む日もありましたが、日中は気温も上がり春らしい陽気が続いていました。その甲斐あって久屋大通のシダレザクラはほぼ満開で、晴天のブルーに淡いピンクの桜の花色がとても映え、圧巻の美しさでした。来週半ば頃までは雨が続く予報です。せっかく開花した桜が散ってしまうのでは、と少し心配ではありますが、満開の桜を少しでも長く楽しみたいものです。今年は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、集団での宴会を控えるよう呼びかけられており、この時期ならではの“風物詩”が見られないのは少し物足りないですが、桜は例年通り満開の花を咲かせてくれます。日本の四季を味わう意味でも今年の“桜”を存分に楽しみたいと思います。名古屋ショールームでも、桜を飾り春の雰囲気を演出しています。ショールームの桜は開花し、一気に春らしくなりました。本来なら桜が散る頃が見頃となるシャクナゲも暖かいショールームでは既に花を咲かせております。

展示商品にも春を思わせるような柔らかい張地のソファなどの展示がございます。是非直接触って座ってみてください。気持ちまでリラックスできるような優しい座り心地に癒されると思います。張地や合わせる小物でも季節感を演出できるのは、カスタムファニチャーならではです。身近なインテリアに春を取り入れて普段の生活をランクアップさせながら、毎日を楽しんでみてください。春の花々と共に皆様のご来場をショールームでお待ちしております。
(ショールーム担当:水野 未佳子)
ショールームの桜は満開です。 久屋大通付近のシダレザクラは、ほぼ満開です!

PRODUCT

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る