CATEGORIES

特注収納家具のご紹介

2020.09.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.101
エーディコア・ディバイズでは様々なインテリアスペースに活用いただくため、ダイニングスペースをベースにしたテーブルとチェアからリビング空間のラウンジチェアやソファを中心に、キャビネットや照明など幅広いアイテムをお客様のニーズに合わせてご用意し、お使いいただいています。そんな規格製品とは別に、当社では物件に合わせて制作する特注家具の対応を行なっています。

先日、シニアレジデンスの物件で、総ワイド4mを超える書棚と5mを超えるテレビボードのご注文をいただきました。ワイド寸法や天井までの高さを採寸し、きっちり納まる仕様で設置する収納家具です。当初はソファやラウンジチェア、照明器具などをスペックいただいていたのですが、「収納家具も製作出来ないか」とご依頼をいただき対応させていただきました。一般に作り付けの収納家具は、椅子やテーブルなどの「脚物家具」と呼ばれる家具とは違い、パーツを現場で組み上げて最終の納まりを見越して製作します。面積が広いので扉などの塗装仕上がりも大切で、テーブルやチェアと色調が調和していることも重要なポイントです。インテリアのイメージや収め方も大切ですが、詳細の仕様はコストの兼ね合いを見ながら詰めていきます。現調や設置に関わる配送や施工費も考慮しなければいけません。見せ所は手間を掛け、コストパフォーマンスを考慮しながら全体のバランスを加味して進めました。

今回納品させていただいたレジテンスでは、くつろいでいただくラウンジチェアやソファと同じくらい、皆様が集うライブラリーとモニタールームの収納家具がインテリアのメインアイテムとなっています。明るい色のフローリングと、ウォールナットブラウン色の壁面収納の組み合わせが落ち着いた雰囲気を醸し出します。ラウンジチェアとソファにセレクトいただいた上質なファブリックも、インテリアの設計コンセプトに沿ったくつろいだ安らぎの空間イメージを演出することができました。

エーディコア・ディバイズでは、規格製品の寸法変更から素材や塗装色のアレンジはもちろん、完全オリジナルの特注製品も制作しています。今回ご紹介したスペースに合わせたテレビボードや壁面収納など、個別の物件対応も行なっております。イメージや仕上がり、コストパフォーマンスを含めたご提案させていただきます。特注対応について、ぜひ弊社担当までご相談ください。(開発 武田伸郎)
総ワイド5mを超えるTVキャビネット。収納する壁面と天井まできっちり納めた特注品です。 現調採寸を行ない、図面で確認しながら製作を進めます。

特注製品の対応いたします

2020.08.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.100
記録的な猛暑と新型コロナ感染対策に終始した今年の夏、本来なら少しずつ秋めいてくるこの時期ですが、まだまだ暑い日が続いています。新型コロナ渦の中、マスク着用が必須の状況下ですが、しばらくは熱中症にも注意が必要のようです。今回がデザインブログを開始してちょうど100回目のメールマガジンになります。今回は、ご存知ない方もいらっしゃるようなので、エーディコア・ディバイズの特注製品の対応をご紹介したいと思います。以前から手掛けている対応なのですが、今回納品させていただいた事例と合わせて、改めて紹介させていただきたいと思います。

エーディコア・ディバイズでは3つのブランドを中心に、ホームユースのダイニングやリビングスペースからオフィスやパブリックスペースのコントラクト物件まで、幅広いアイテムでお客様のニーズにお応えしてきました。素材やサイズバリエーションを豊富にご用意し、モダンデザインからクラシカルなスタイルまでインテリアに合わせてスペックいただける家具をご提案してきました。それに加え、お客様のニーズに合わせて部分的な仕様変更やアレンジを施したり素材の変更や塗装をご希望の色に合わせる仕上げ、ソファやテーブルのサイズを変更するなど、既製品の家具では難しいサービスを行ってきました。ご注文を頂いてから製作する「受注生産システム」のメリットを活かして、大幅な価格アップをせずにお客様の要望にお応えする特注対応です。さらに、お客様の要望に答えられるよう製品のアレンジだけではなく完全特注製品の制作も対応してきました。これまで完全特注の家具は「数がまとまらないと出来ない」「制作は可能だがコストが高い」ことが常識とされていましたが、これまで以上に生産の効率化を図り、お客様のニーズに沿った対応が出来るよう体制をさらに促進しました。

自粛期間中の真っ只中、日本でも有数のお鮨店のオリジナル椅子の問い合わせをいただきました。海外デザイナーが監修したインテリアと椅子のデザインはお鮨屋さんのイメージを凌駕した超モダンデザイン。チェアのイメージスケッチも「どうやって制作するのか?」と、悩んでしまうような意匠です。設計ご担当者の方の方曰く「コストを掛けても作れる工場がない」と、ご相談いただきました。制作台数は9脚、イメージに合わせて作るには型も必要になります。自粛期間中のため、お客様との打ち合わせや工場での確認も思うようにできませんが、意匠、ディテールについては3Dデータで確認し工場との打ち合わせはWebミーティングも活用し詳細を詰めていきました。木材のマテリアルを表現して指定のファブリックを張り込み、接合部のチリや全体のバランスまで3Dで見ていただきチェックを取りながら進めました。(今後は3Dプリンターでイメージ確認することも検討しています)座り心地や強度、重量も使い勝手でクリアしないといけません。制作可能な仕口や仕様を検討し、デザインとスペックを決定しました。

自粛期間中で打ち合わせも難しい時期でしたが、試作を作らずにイメージを掴んでいただきながら完全特注の制作を進めることができました。デザイナー・設計の方とデータのやり取りを重ね、工場と様々な課題をクリアしながら今まで見たことがないようなオリジナルチェアを制作して納品させていただきました。オーナーの方にも納得いただいた、超オリジナルなインテリアが完成、完全特注対応の実績の一例となりました。エーディコア・ディバイズでは、規格製品の寸法変更から素材や塗装色のアレンジはもちろん、完全オリジナルの特注製品も制作しています。テーブルやチェア以外にも、テレビボードや壁面収納など個別の物件に合わせた対応も行なっております。特注対応について、ぜひ弊社担当までご相談ください。いろんな角度から情報を精査してご提案させていただきます。(開発 武田伸郎)
超モダン、オリジナルなインテリア!お鮨屋さんのイメージを超越しています。 3Dのイメージ画像。木目や座面のファブリックも指定のマテリアルを取り込んでいます。有機的な左右非対称のフォルム、独特な背の形状のオリジナルチェアは重量配分も難しいデザインでした。

オンラインセミナーの演出

2020.07.30

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.99
1200名以上のお客様に参加いただいた第一回のZoomオンラインセミナーから1ヶ月経ち、つい先日Zoomを使用した第二回目のオンラインセミナーを行いました。今回はショールームの空間を感じていただけるようなセミナーになるよう、演出にも様々な工夫を凝らしました。いつもは開発部長の武田が執筆しているDESIGIN Blogですが、今回はセミナーの裏方、ディレクターとして参加した開発部富所からオンラインセミナーの裏側をお伝えします。

今回のセミナーはスマートフォンを用いた「インテリア写真の撮り方」講座。撮影を実演しながら操作方法をパワーポイントで説明するスタイルです。ショールームの3Fを会場に、講師であるデザイナーの瀬戸がインテリアを撮影しながら、カメラを持つ姿勢や立ち位置なども実演しながら説明します。機材を準備する上で前回のセミナーと異なるのは、講師が歩き回りながらショールームを撮影するということです。前回のセミナーはノートパソコンについたカメラで講師の顔だけを映していましたが、今回は撮影の実演する姿の全身を映したり、スマートフォンを操作する手元を写したり様々なシチュエーションに対応しなければなりません。

そこで今回「ジンバル」という機材を導入しました。ジンバルはスタビライザーとも言われ、カメラのブレや揺れを抑えてスムーズな撮影を可能にする機材です。セミナーではリアルタイムで撮影、放送するため通常のカメラ用ではなく、スマートフォン用のジンバルを用意しました。スマートフォンを用いた「インテリア写真の撮り方」講座ということもあり、お客様には動画の撮影に使用しているカメラもスマートフォンのものというご案内をしています。ジンバルは三脚に固定することもでき、セミナー序盤は固定した状態、実演の際はジンバルを手持ちに変えて講師の瀬戸とともに動きながら引いて撮ったり、手元を撮ったりライブ感のある撮影を行うことができました。お客様の家具を選ぶコーディネーターの方や、物件を案内する不動産関係の方などではお仕事にジンバルを用いている例があると聞きました。

カメラだけではなく、マイクもワイヤレスのものを用意し、同時に営業PRを行う営業部長の下山の音量や音質が合うようにテストを行い調整しながらセミナーを行なっています。オンラインでもショールームの空間が美しく見えるよう、ショールームのアイテムはLEDの撮影用ライトを用いてライトアップを行い、出演者に当たる光も調整しながらセミナーに臨みました。

今回のセミナーでは一部音声が乱れる場面があり、参加者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。次回のセミナーではこのようなことがないよう万全の準備を行ってまいります。来月8月にはアメリカ西海岸の住宅セミナーを予定しております。皆様のご参加お待ちしております。(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿) 左上:セミナーの撮影風景。左下:デザイナーの瀬戸がショールームの撮影の実演を行っています。カメラも瀬戸の手元をアップで撮影します。右上:セミナーの参加者の画面。パワーポイントと実演の映像を同時に見ることができます。右下:ショールームはまるでスタジオのようです。 今回の動画放送に使用したスマートフォン用ジンバル。手ぶれをなくし、カメラを水平に保ちます。更に手元のコントローラーでカメラの向きを変えることができます。カメラに使用しているスマートフォンはiPhone11です。

ステイホームと家具のメンテナンス

2020.06.29

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.98
新型コロナウィルスの移動自粛も解除になり、私たちの生活もようやく回復基調になってきました。一時は、飲食店はもとより公的な施設まで機能が止まってしまい街から人影が途絶えてしまいました。エーディコア・ディバイズの製品は、ホームユースから様々な商業施設やパブリックスペースにお使いいただいていますが、そういった施設がほぼシャットダウンしてしまったことになります。緊急事態期間は、当社でもチーム制で在宅勤務の対応を取っていましたが、自宅での自粛生活が一ヶ月以上続いたことになります。そんな営業活動もままならない自粛期間にお問い合わせをいただいていたのが、家具の張替えやメンテナンスのお仕事でした。

ホームユースでは自宅で過ごす時間が長かったため、椅子やソファの張替えを検討する方が増えたのですが、商業施設や飲食店などでも自粛休業中に普段ではなかなかできない椅子やソファの張替えのお問い合わせをいくつもいただきました。今回お話をいただいたお客様は、渋谷駅から徒歩数分の道玄坂にある大人のシガーバー「 IRIE 」さま。入り口の扉は栃の木、無垢材の温もりを最大限に活かしたミズメ材のカウンターの前にAD-023 ルッソカウンターチェアがセットされている上質な大人の空間のお店です。15年に渡り当社の製品を使っていただいていたのですが、今回椅子の入れ替えもしくは張替えのお問い合わせをいただきました。椅子の状態を確認し、予算も検討いただいて張替えの対応となりました。

ルッソは、2002年に発表したAD COREのチェアシリーズ。オーソドックスなデザインですがAD COREらしく構造にこだわり細部の仕上がりまでこだわった製品です。エーディコア・ディバイズの製品は廃盤がないため、非常に長くお使いいただいてるお客様がたくさんいらっしゃいます。20年以上お使いいただいているお客様から、製品のブランドシールの電話番号を辿って連絡をいただくこともあります。今回お店でお使いいただいていたカウンターチェアも、長期のご使用により、全体に汚れが目立ち座面のクッション性もだいぶ落ちていました。今回は張替えに合わせて座面のクッションも交換対応しました。汚れやキズもレタッチし、張り上がった椅子は見違えるように仕上がりました。リフレッシュしたチェアはこれからもお客様をおもてなししてくれると思います。

新型コロナウィルスの感染は国内では終息に向かいつつありますが、まだまだ一進一退の状況です。世界的な終息までにはまだしばらく時間がかかりそうですが、こんな時期にこそお使いになっている家具のメンテナンスを検討されてみてはいかがでしょうか。ホームページでもご紹介していますが、今なら抗菌や次亜塩素酸対応のファブリックもお選びいただくことができます。ソファなど違うファブリックで張り替えるとイメージも一新し、愛着のある家具も見違えるように蘇ります。普段はあまり使わない鮮やかなファブリックにしてみるなど、イメージを膨らませて検討してみてはいかがでしょうか。お問い合わせお待ちしています。(開発 武田伸郎)
■ BAR IRIE ■ 渋谷の駅から徒歩数分とは思えない、落ち着いた空間。納品した時には、オープン前の仕込みが始まっていました。「ミズメ」のウッドカウンターとAD-023カウンターチェアがお客様をお迎えします。
右上:長年お使いいただいたカウンターチェア。大切にお使いいただいていますが経年でだいぶ傷んでいます。右下:布を剥がしてクッション材を取り除いたところ。クッションベースの布バネも張りが弱くなっています。左:リフレッシュしてお納めした椅子。座り心地も戻りました。

緊急事態宣言解除と信頼の国内管理製品

2020.05.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.97
先月のメールマガジンをお送りした4月末、これから日本でも欧州や米国のように感染が拡大するのではないかと不安な日々を送っていた時です。緊急事態宣言が出され、これまで経験したことのない自粛生活の日々を過ごしてきました。エーディコア・ディバイズでも出来うる限りの対策を取り感染防止対策の日々を送ってきましたが、今週ようやく緊急事態宣言が全国的に解除されました。感染の第2波の不安などもあり、まだまだ安心は出来ませんが次の感染対策の段階に進んだように思います。

当社でも緊急事態宣言発令により、様々な感染対策を行ってきました。出勤時の消毒から検温の徹底、オフィスのレイアウト変更から定期的な除菌作業。館内の加湿器に次亜塩素酸水をセットし除菌換気、次亜塩素酸水の価格が急騰したので、現在は次亜塩素酸水生成器を購入して次亜塩素酸水を作って使用しています。エントランスの消毒も、手動のポンプ式から手をかざすだけて消毒液が出てくる自動のタイプに換えました。人との接触を避けるためWebミーティングを推進し、必要なイヤホンやマイクなど備品を揃えて対応してきました。そんな対策で大変だったのが、必要な備品を揃えることでした。納期が掛かってしまっては意味がありません。ネットで入手できるものを探してみると、中国や海外生産のモノしかありませんでしたが、大手通販サイトで販売しているものなので大丈夫であると判断してもろもろ購入しました。ところが・・・。

出荷連絡があってから2週間以上たっても届かない、中には一ヶ月も掛かった製品がありました。しかも、届いた検温気は梱包がボロボロで説明書は中国語のみ、加湿器は3台とも水漏れ、報告すると返品せずに物も見ないで返金されました。次亜塩素酸水生成器も1台ごとに出来がバラバラ、組み立てもデタラメで使えるかどうかの確認もされていない製品でした。大手通販会社でこんな製品を扱うことも問題ですが、出荷するメーカーが売れれば良いとばかりに何の管理もしていない事に呆れるばかりでした。

そんな中、手配できる製品も増えてきたので国内の会社が管理しているメーカーにWebミーティング用の音響備品を発注してみました。高価なものではありませんが、指定通りの納期で梱包もしっかりしており、説明書もキチンと付いて着荷しました。もちろん製品に問題ありません。その他の資材でも、たとえ海外生産であっても日本のメーカーが管理して出荷しているモノは、品質管理がされており信頼が持てるものばかりでした。この緊急事態宣言中、いかに日本製品、日本の管理体制がきちんとしているかを実感した2ヶ月となりました。エーディコア・ディバイズの製品も、全て国内で生産し品質管理を行って出荷しています。長くお使いいただくためにメンテナンスや不具合の対応もしっかり行なっています。これからも安心してお使いいただける製品を、皆様のもとにお届けしてまいります。(開発 武田伸郎)

左上:中国から直送されて来た製品。箱は潰れ、説明書もすべて中国語です。
左下:中国製の加湿器。使用直後に水が漏れ、物も見ずに返金対応されました。
右上:中国製ですが日本で品質管理された製品。わかりやすい日本語の説明書が同封されています。
右下:当社の製品。検品、梱包を行い、荷扱い注意の表記をした梱包でお送りします。

PRODUCT

DESIGNER

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る