CATEGORIES

PRODUCT : MD-905 DINING TABLE

2020.02.25

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.83
今回は2020モデルから、MD-905ダイニングテーブルをご紹介します。MD-905はヴィンテージ、モダンなど使用される場所を選ばないニュートラルなデザインで、2019モデルとして発表されたMD-901ダイニングチェアに合わせてデザインされたテーブルです。

MD-905はW1500、W1800、W2100のサイズバリエーションをご用意しました。ダイニングチェアのMD-901と同様に各所に楕円をモチーフにしたデザインです。天板にはホワイトアッシュの柾目突板を使用しています。木口材はホワイトアッシュの無垢材を楕円の円弧のカーブに削り出し天板裏側までつながります。無垢材の脚部と天板木口がつながるデザインで、どの角度から見ても美しい軽やかなテーブルに仕上がっています。

脚部はホワイトアッシュの無垢材を使用し、正楕円形状のまま脚先までテーパー状に削り出しました。無垢材の力強さと軽やかさを併せ持った、見る角度により立ち姿を大きく変えるデザインです。脚部はノックダウン方式を採用しながら金物が見えないようにするため、天板とのジョイント部分もデザインしました。ジョイント部分は楕円の脚部とカーブを描く天板木口が接合するため、三次曲面を精巧に削り出す加工を行なっています。シンプルな造形を作り出すため、目に見えないディティールまでデザインされたテーブルです。

MD-905はニュートラルなユニセックスファッションのように、型にはまらず自由にお使いいただけます。ダイニングチェアのMD-901と組み合わせることで、様々なテイストのインテリアに溶け込みます。天板の裏や見えないジョイント部など完成度を求めた結果、シンプルでありながらどの角度から見ても美しい、造形美溢れるテーブルになりました。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■MD-905 DINING TABLE 製品ページ ▶ 左:見る角度によって表情を変える脚部。木口部分のカーブによって天板は薄く軽やかな印象です。右上:カーブを描く天板木口と脚部のジョイント部。右下:ジョイント部は精巧な加工を行い曲面の天板と楕円の脚部を接合しています。 天板は裏面も仕上げられています。木口はホワイトアッシュの無垢材を楕円のカーブに削り出し、天板裏側までつながる作りです。無垢材を使用した楕円形状の脚部とカーブを描く天板木口が滑らかにつながるデザインです。左下:天板裏にマグネットを使用し組立用六角レンチを収納しています。

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る