CATEGORIES

エコロジーなモダンデザイン

2020.05.29

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.108
日本では非常事態宣言がようやく解除になり、新しい生活様式での社会が戻りつつあります。皆様お元気でしょうかどう距離感を取り戻すことの方が、時間がかかるように思えます。ビジネスの場も、お客様との距離感を模索しながらの再始動です。

世界的なロックダウンの後、インテリアデザインの方向性も変わってくると思います。第二次世界大戦中に白洲次郎が、農家になり自給自足の生活を送った話は有名ですが、感染予防は自給自足で生活インフラに頼らない生活が一番なのかもしれません。生活インフラに頼らないと聞くとロハスなナチュラリストをイメージしますが、2016年に訪問したアメリカ西海岸のマリブで見た住宅では少し違っていました。マリブの海岸線から内陸に入った人里離れた山頂にあり、生活インフラに頼らない住宅は近未来的で超モダンなデザインでした。

幹線道路に面したゲートにはサボテンが植えられ、そこからしばらく坂を上がった所にその住宅はありました。乾いたマリブの山々に映える石の外観は、ダニエル・クレイグとオルガ・キュリレンコが出演した映画「007慰めの報酬」のロケ場面になったチリのESO Hotelのように感じます。サボテンやリュウゼツランが植えられた庭の前にあるガレージには、宇宙船のような銀色の1967年シェルビーGT500が置かれ、石庭の前にあるグレーの建物が余計に未来的に見えてきました。建物内に入るとエアコンが効いてひんやりした石の床材を歩きながらモダンなインテリアにも感心しながら、裏にあるプールやベッドルームのバスルームを見て、この人里離れた場所で生活をするためのインフラをどうやって整えたのか気になりました。

生活インフラを個人で引くには電気やガス、上下水道を整えるには距離によりますが、かなりの経費がかかります。アメリカの郊外にある木製電柱も見当たらないので不思議に思っていると、外部の生活インフラにはまったく依存していない住宅との事で、電気はソーラーシステム、水道やプールの水は山からの雨水貯水を濾過して作り、下水は浄化システムを使って地中深くへ浸透させる方式をとっていました。さすが新しいアメリカの個人住宅は違うなと感心していると、1993年に建築されたエコロジー住宅でシステム自体は更新されているが、基本は同じものを使っている事を聞いて、そんな前に作られた住宅だった事に再度驚きました。モダンアートや家具は更新されて、ポルシェカレラGTが置かれたガラス張りのガレージもあり、エコロジーとは無縁な生活のように見えますが、環境に優しい生活インフラに頼らないモダン住宅がありました。

アメリカ西海岸では、果樹園の中にある自給自足のナチュラル住宅にも行きましたが、どちらもアリだと思います。モダンでもナチュラルでも環境に優しい生活にするのが、個人のライフスタイルなんです。しばらくは、海外へ行くのは自粛になりそうですが、新しい生活様式とインテリアスタイルを楽しみましょう!来週には初めてのWebセミナーを開催します。リアルセミナーは何度もしてきましたが、カメラを通してのセミナーは初めてです。この年齢になって初めての事に取り組めるのは幸せです。お楽しみに!(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇) 左上:ガレージ前の宇宙船のような銀色の1967年シェルビーGT500。右上:石庭には水やりをできるだけ少なくできるようにサボテンやリュウゼツランが植えられています。左下:庭の一部には人工芝が使われていますが安っぽくなっていません。他の本物の素材が良いからでしょうね。右下:石のアプローチを歩いて玄関に向かいます。 左上:大きな窓の真ん中に暖炉があるリビングルーム。目の前にはマリブの山々の乾いた景色が広がります。右上:木天井のダイニングルーム。左下:寝室の浴室からはプールが見えます。水は全て山の雨水から濾過された水が使われています。右下:ガラス張りのガレージには2003年のポルシェカレラGTが置かれていました。ひんやりした室内のエアコンはソーラーシステムから供給されています。

緊急事態宣言解除と信頼の国内管理製品

2020.05.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.97
先月のメールマガジンをお送りした4月末、これから日本でも欧州や米国のように感染が拡大するのではないかと不安な日々を送っていた時です。緊急事態宣言が出され、これまで経験したことのない自粛生活の日々を過ごしてきました。エーディコア・ディバイズでも出来うる限りの対策を取り感染防止対策の日々を送ってきましたが、今週ようやく緊急事態宣言が全国的に解除されました。感染の第2波の不安などもあり、まだまだ安心は出来ませんが次の感染対策の段階に進んだように思います。

当社でも緊急事態宣言発令により、様々な感染対策を行ってきました。出勤時の消毒から検温の徹底、オフィスのレイアウト変更から定期的な除菌作業。館内の加湿器に次亜塩素酸水をセットし除菌換気、次亜塩素酸水の価格が急騰したので、現在は次亜塩素酸水生成器を購入して次亜塩素酸水を作って使用しています。エントランスの消毒も、手動のポンプ式から手をかざすだけて消毒液が出てくる自動のタイプに換えました。人との接触を避けるためWebミーティングを推進し、必要なイヤホンやマイクなど備品を揃えて対応してきました。そんな対策で大変だったのが、必要な備品を揃えることでした。納期が掛かってしまっては意味がありません。ネットで入手できるものを探してみると、中国や海外生産のモノしかありませんでしたが、大手通販サイトで販売しているものなので大丈夫であると判断してもろもろ購入しました。ところが・・・。

出荷連絡があってから2週間以上たっても届かない、中には一ヶ月も掛かった製品がありました。しかも、届いた検温気は梱包がボロボロで説明書は中国語のみ、加湿器は3台とも水漏れ、報告すると返品せずに物も見ないで返金されました。次亜塩素酸水生成器も1台ごとに出来がバラバラ、組み立てもデタラメで使えるかどうかの確認もされていない製品でした。大手通販会社でこんな製品を扱うことも問題ですが、出荷するメーカーが売れれば良いとばかりに何の管理もしていない事に呆れるばかりでした。

そんな中、手配できる製品も増えてきたので国内の会社が管理しているメーカーにWebミーティング用の音響備品を発注してみました。高価なものではありませんが、指定通りの納期で梱包もしっかりしており、説明書もキチンと付いて着荷しました。もちろん製品に問題ありません。その他の資材でも、たとえ海外生産であっても日本のメーカーが管理して出荷しているモノは、品質管理がされており信頼が持てるものばかりでした。この緊急事態宣言中、いかに日本製品、日本の管理体制がきちんとしているかを実感した2ヶ月となりました。エーディコア・ディバイズの製品も、全て国内で生産し品質管理を行って出荷しています。長くお使いいただくためにメンテナンスや不具合の対応もしっかり行なっています。これからも安心してお使いいただける製品を、皆様のもとにお届けしてまいります。(開発 武田伸郎)

左上:中国から直送されて来た製品。箱は潰れ、説明書もすべて中国語です。
左下:中国製の加湿器。使用直後に水が漏れ、物も見ずに返金対応されました。
右上:中国製ですが日本で品質管理された製品。わかりやすい日本語の説明書が同封されています。
右下:当社の製品。検品、梱包を行い、荷扱い注意の表記をした梱包でお送りします。

インテリアデコレーションのメリット

2020.05.27

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.298(東京・広尾ショールーム)
全国的に緊急事態宣言が解除され、新しい生活スタイルでの日常が少しずつ戻ってきつつあります。気持ちの良い春の季節に外出自粛で、お花見や旅行、歓送迎会など春のイベントに興じることができず、気が付いたら梅雨の季節がもうそこまできています。夏を感じる日も増えてきましたので、エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、爽やかな初夏のディスプレイで皆様をお迎えしております。インテリアにデコレーションを上手く取り入れると、日々の生活に様々なメリットをもたらしますので、ご紹介します。

「おうち時間」や「ステイホーム」で自宅で過ごす時間が増え、在宅勤務などで生活スタイルやインテリアを見直された方も多いと思います。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、自粛生活はまだ続きそうです。季節のお花を飾ったり、インテリアのデコレーションを変えるだけでも気分が変わり、お部屋で過ごす時間も楽しくなると思います。これから夏に向け日々暑くなっていきますので、エーディコア・ディバイズのショールームでは、見た目にも涼やかにガラスの花器やブルー系のクッションや小物を取り入れ爽やかにコーディネートしています。ブルー系の色は季節感を出すと共に、心身を落ち着かせ集中力を高める色でもありますので、在宅勤務時のワークスペースに取り入れるのもオススメです。また、安らいだ気持ちにさせてくれる色でもあります。外出時は、ウィルス感染防止で緊張感を持って過ごしている方も多いと思いますので、自宅ではリラックスできるソファにブルーのクッションを置きゆったり過ごすのも良いですね。ショールームのデコレーションでも季節のお花や植物を取り入れていますが、植物を飾るとプラスのことがたくさんあります。リラックス効果や空気清浄、疲労回復効果など良いことだらけです。植物の中でもエアプランツはお手入れも手間がかからず、爽やかな印象なのでこれからの季節にピッタリです。インテリア小物や植物を上手に取り入れて、快適な夏のおうち時間を過ごしてみませんか?

6月1日(月)よりショールームの営業時間は、月曜日から金曜日は10:00〜17:00、土曜日は10:00〜18:00に変更となります。これまで東京・広尾ショールームは月曜日を定休日とさせていただいておりましたが、お客様がよりご来場しやすいように月曜日もオープンしております。複数のお客様同士の接触を避けるために引き続き、完全予約制となりますが当日のご予約も承っておりますので、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
ご来場予約フォームはこちらから
(ショールーム担当:西條 恵理) 1階のメインダイニングには涼やかなガラスのフラワーベースに、初夏になるとピンクの花を咲かせるスモークツリーを飾りました。スモークツリーはドライフラワーにもできますので、長く楽しめますね。 ソファにはブルー系のクッションを置き爽やかに。在宅ワークの休憩時間にリラックスできますね。

特別編 : 抗菌塗装の製品シール、梱包仕様について

2020.05.26

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.86
今回は抗菌塗装の製品仕様、梱包仕様をご紹介します。インテリアの中で身体に密接に関係する家具を、より安心してお使いいただけるように、抗菌対応をした木製用塗装のトップコートやファブリックを用意しました。抗菌塗装については、より安全で安心な製品として実感していただくために、製品の抗菌塗装の証と製品保護のシートにもこだわりました。

抗菌塗装をお選びいただいた全ての製品には抗菌シールを貼付し抗菌仕様の証としています。抗菌シールは、椅子は座面下、ソファはフレーム部、テーブルは天板上面に貼られています。シールは防水性仕様になっており、貼り付けたまま使用することが可能です。医療機関や飲食店など特に衛生面に厳しい物件で、お客様が安心感を持ってお使いいただけます。シールが必要のない方は綺麗にはがせるように、粘着が残らない仕様です。
椅子、ソファ、テーブルの全ての抗菌塗装製品の保護シートには、抗菌不織布を使用しています。細菌に対する抗菌効果だけでなく、防臭効果や防ダニ効果のある高機能性の不織布を使用していますので、保管時や清掃時に保護シートとしてもお使いいただけます。

製品保護に使用する高機能性保護シート(ボナレックス)
ボナレックスは、抗菌剤 (銀イオン)、防ダニ剤 (セラミック)を生地に練り込んでいます。無機系の抗菌剤、防ダニ剤を使用しているため、揮発成分がなく密閉された空間でも安心です。
・抗菌剤、防ダニ剤を生地に練り込む製法なので、効果が長続きします
・SEK抗菌防臭加工製品統一試験法準拠 (JIS L 1902) の原料を使用した製品です
・ポリプロピレン製なので耐酸性、耐アルカリ性に優れています
・急性経口毒性試験、皮膚一次刺激性試験、変異原性試験、皮膚感作性試験などを行い安全性を確認しています

梱包用ダンボールの表記
抗菌塗装を行なった製品の梱包用ダンボールには抗菌仕様の表記がなされます。
お客様に安心して安全な製品をお届けできるように細心の注意がなされた製品作りの証をお届けいたします。

新型コロナウイルスの感染拡大も少しづつ収束を迎えて来たようですが、衛生面に関しての意識は今までよりも高まってくると思われます。これからもエーディコア・ディバイズでは安心で安全な製品づくりに努めてまいります。

(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■ [AD+AC] 抗菌対応のマテリアルをご用意しました ■
■ 抗菌塗装無料キャンペーン中 ■
左上:抗菌仕様シール。 左下:チェア、ラウンジチェアは裏面に抗菌仕様シールを貼付します。右上:木フレームのソファはフレーム 。右下:テーブル、キャビネットは天板。 左上:抗菌不織布の表示 左下:抗菌塗装をお選びいただいた製品は、抗菌不織布で保護してお届けします。右上 右下:梱包用ダンボールにも抗菌仕様の表記を行います。

カバーリングソファで、快適に

2020.05.22

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.297(名古屋・栄ショールーム)
最近、名古屋での最高気温は25度を超える日もあり、汗ばむ陽気となってきました。これから日々暑くなり衛生面も気になる季節です。エーディコア・ディバイズではカバーリング仕様のソファもご用意しております。カバーリングソファは、季節や模様替えなどのタイミングでのカバー交換はもちろん、定期的なクリーニングなどのお手入れが可能ですので清潔にお使いいただけます。

名古屋・栄ショールームでは、数あるカバーリングソファの中から、柔らかな印象のMD-805、シンプルなスタイルと座り心地にこだわったMD−110、スリップカバータイプのNC-046Cを展示しております。MD-805は、ボトム裏のボルトを外し、カバーを交換する事が可能です。背クッションはカバー内が上下2つに分かれているので、中材をそれぞれ取り出してご自宅でメンテナンスすることが可能です。またMD-110は、シンプルなデザイン同様にカバーもシンプルに一枚で作られており、マジックテープで固定しています。NC-046Cの座クッションは、ファスナー仕様で着脱できます。ソファの下張地自体も強度があり、滑りにくい仕様になっていますのでカバーを装着した時の型崩れがしにくく、下張地のみでも通常使用ができます。本体のカバーはマジックテープで止めています。カバーを取り付ける際は、角をピッタリ合わせて掛けると綺麗に装着できます。カバーリングの交換はちょっとしたノウハウが必要ですが、ソファの張り替えは思いのほか手間とコストがかかりますので、その点からもカバーリングソファはお勧めです。

エーディコア・ディバイズでは、家具をより清潔により安全にご使用いただくために抗菌対応ファブリックをご用意しています。種類によって抗菌・防カビ・防汚・撥水・止水・静電防止などの機能が施されています。ぜひこの機会にカバーリング商品+抗菌対応ファブリックを取り入れ、日々の生活を清潔で気持ちよく過ごしてみませんか?
(ショールーム担当:水野 未佳子) 左:NC-046Cの座のクッションを外した画像 右:本体のカバーはマジックテープで取り付けられています。 左上:MD-805の背クッション中材は2個に分かれています。右上:ボルトを外すと部位ごとにマジックテープで取り付けられています。下段:MD−110シンプルなデザインを壊さないカバーリングです。

PRODUCT

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る