CATEGORIES

ラグジュアリーカーのインテリアトレンド

2020.09.30

AD CORE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.112
先日、カーコーティング会社の広告写真撮影のため、広尾本社のショールームガレージと愛車のカルマンギアを貸し出ししました。他人に車を磨いて頂くのは初めての事で、プロの磨きテクニックと溶けるような艶に惚れ惚れとしました。磨かれている時間にボディと同じ塗装のインテリアパネルを自分で磨いていたのですが、磨けば磨くほどピカピカしていく塗装を見て嬉しくなりました。

本社のある広尾の日赤通りは、青山方面への抜け道になっているので、高級車が多く通ります。当社の前はコーナー立ち上がり後の直線になる緩い坂道になっていて、立ち上がりに吹かすエンジン音がうるさく、イタリアのスーパーカーなど走ると爆音です。その多くが艶消し塗装のマットな姿をしていて、爆音と艶の無いボディは不気味で好きになれません。カーコーティングの方が作業しながら、ああいった艶消しの車の多くはフィルムが貼られた物も多くある事と、実際の艶消し塗装の場合は当てたり擦ったりして傷の修理が出来ずに大変で、洗車する喜びは無いですよ。そして、夜は他車から視認しにくいから本当に危ないんですよと、、。

車好きなので新車発表のニュースをチェックする事が多いのですが、先日発表されたロールスロイス・ゴーストやメルセデスベンツ最上位クラスのSクラスのインテリアを見て少し驚きました。どちらも艶消しのオープンポアやセミオープンポアの木目導管が見える仕上げです。ロールスロイスやジャガーなど、イギリス車の上位ブランドは希少木材に厚い塗装を施し、鏡面に磨きあげたインテリアパネルが特徴でもありましたが、新モデルではアッシュやウォールナットの艶消し仕上げです。太陽光の乱反射を防ぎ安全性はあるのですが、ラグジュアリーカーに導管の見える艶消しのオープンポア塗装にウッドパネルは合うのでしょうか。

9月1日に発表されたロールスロイス・ゴーストのデザインコンセプトはPost Opulence/ポスト・オピュレンス(脱贅沢)で、これ見よがしな表現ではなく、素材の本質的な価値によって定義つけられるミニマルな美学を追求したとの事です。インテリア素材は上質なハーフ・ハイドのレザーをできるだけシンプルなステッチで仕上げられ、ウッドパネルはパルダオ材、アッシュ材やウォールナット材の素材感を出したセミオープンポア塗装仕上げが新しく追加になりました。ゴーストはロールスロイスの中でもエントリーモデルですが3500万以上する車です。ロールスロイスを好む新しい富裕層が脱贅沢を望むかは分かりませんが、ラグジュアリーカーの新しいインテリア提案です。

9月2日にはメルセデスベンツSクラスがフルモデルチェンジして7代目が発表されました。メルセデスの最高クラス車で、世界の上級車がベンチマークとする車です。ハイテクとラグジュアリーの融合をテーマに創られたインテリアには、高級ヨットのデザイン要素が取り入れられ、ウッドパネルにはポプラウッドの艶消しブラック塗装のオープンポア仕上げが標準となり、ウォールナットにアルミラインが入った艶消し装飾ベニアの選択も可能です。現在、メルセデスベンツの新型車の上級モデルについてインテリアパネルはウッドの艶消しで導管が浮き出るオープンポア仕上げが標準になってます。

木の素材感を感じるオープン仕上げは家具については常識になっていて、艶消しのオープン仕上げは傷が目立ちにくく、使いやすい仕上がりです。当社の家具用の塗装は3分ツヤ有りのセミープンポア仕上げと、全消しのオープンポア仕上げがあり、現在全ての塗装は抗菌コート仕上げになっています。11月には抗ウイルス塗装を施した素材感を大切にした新作家具を発表します。お楽しみに!(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)
左上下:ロールスロイス・ゴーストのインテリア。、パルダオ材の突き板のマット塗装のオープンポア仕上げです。シートのハーフ・ハイドレザーが使われたシートやドアパネルはステッチをできるだけ無くして仕上げられています。右上下:メルセデスベンツSクラスW223のインテリア。ウォールナットにアルミラインが入った艶消し装飾合板はヨットのイメージ。艶消しのセミオープンポア仕上げ。 左上下:1962年のカルマンギア。久しぶりに磨きこまれて綺麗になりました。インテリアは外装と同じ鉄板に塗装されたものです。ボディと同じで磨けますし、傷もつきにくい。右上下:先日発売になったマイナーチェンジされたメルセデスベンツEクラスのインテリア。マイナーチェンジで鏡面からマットなアッシュ材に。艶消しのオープンポア仕上げで板理の導管がはっきりしています。

特注収納家具のご紹介

2020.09.28

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.101
エーディコア・ディバイズでは様々なインテリアスペースに活用いただくため、ダイニングスペースをベースにしたテーブルとチェアからリビング空間のラウンジチェアやソファを中心に、キャビネットや照明など幅広いアイテムをお客様のニーズに合わせてご用意し、お使いいただいています。そんな規格製品とは別に、当社では物件に合わせて制作する特注家具の対応を行なっています。

先日、シニアレジデンスの物件で、総ワイド4mを超える書棚と5mを超えるテレビボードのご注文をいただきました。ワイド寸法や天井までの高さを採寸し、きっちり納まる仕様で設置する収納家具です。当初はソファやラウンジチェア、照明器具などをスペックいただいていたのですが、「収納家具も製作出来ないか」とご依頼をいただき対応させていただきました。一般に作り付けの収納家具は、椅子やテーブルなどの「脚物家具」と呼ばれる家具とは違い、パーツを現場で組み上げて最終の納まりを見越して製作します。面積が広いので扉などの塗装仕上がりも大切で、テーブルやチェアと色調が調和していることも重要なポイントです。インテリアのイメージや収め方も大切ですが、詳細の仕様はコストの兼ね合いを見ながら詰めていきます。現調や設置に関わる配送や施工費も考慮しなければいけません。見せ所は手間を掛け、コストパフォーマンスを考慮しながら全体のバランスを加味して進めました。

今回納品させていただいたレジテンスでは、くつろいでいただくラウンジチェアやソファと同じくらい、皆様が集うライブラリーとモニタールームの収納家具がインテリアのメインアイテムとなっています。明るい色のフローリングと、ウォールナットブラウン色の壁面収納の組み合わせが落ち着いた雰囲気を醸し出します。ラウンジチェアとソファにセレクトいただいた上質なファブリックも、インテリアの設計コンセプトに沿ったくつろいだ安らぎの空間イメージを演出することができました。

エーディコア・ディバイズでは、規格製品の寸法変更から素材や塗装色のアレンジはもちろん、完全オリジナルの特注製品も制作しています。今回ご紹介したスペースに合わせたテレビボードや壁面収納など、個別の物件対応も行なっております。イメージや仕上がり、コストパフォーマンスを含めたご提案させていただきます。特注対応について、ぜひ弊社担当までご相談ください。(開発 武田伸郎)
総ワイド5mを超えるTVキャビネット。収納する壁面と天井まできっちり納めた特注品です。 現調採寸を行ない、図面で確認しながら製作を進めます。

PRODUCT : MD-901L Lounge chair

2020.09.28

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.89
今回は2020モデルからMD-901Lラウンジチェアをご紹介します。MD-901Lは2019年に発表されたダイニングチェアMD-901のラウンジチェアバージョン。楕円をデザインのモチーフとして各所に使用し、くせのない上質で端正なフォルムを生み出しています。男女を選ばないユニセックスファッションのように、さまざまな空間でお使いいただけるラウンジチェアです。

MD-901Lはオフィスやラウンジなどのフォーマル空間に相性の良いローバックと、ホテルやご自宅などプライベート空間でリラックスしてお使いいただけるハイバックをご用意しました。人間工学に基づいて設計されており、ハイバックタイプのヘッドレストはボリュームを抑えコンパクトなデザインですが、小柄な女性から大柄な男性まで頭をしっかりサポートします。さらに脚カットなどの特注にも対応しており、お使いいただく人を選びません。

美しいカーブを描く背からアームが一体のシェルは成型合板でできており、身体を支える背のクッション部分にはスーパーソフトウレタンを使用するなど、様々な工夫が施してあります。腰に当たる部分の絞りは腰掛けた際に腰を支えしっかりとしたホールド感を生み出し、デザイン上のアクセントにもなっています。ホワイトアッシュ材を削り出した脚部は断面が楕円形状で、これもMD-901のデザインモチーフを踏襲したものです。断面を楕円にすることで強度を保ちつつ細く軽やかな脚になり、陰影がなめらかでナチュラルな印象を与えています。

MD-901Lはステッチのラインやウレタンの貼り方などディティールまでしっかりとデザインすることで、柔らかなラインとシャープなエッジを両立しています。様々なファブリックと相性の良いニュートラルなデザインのMD-901Lはご自宅やマンションのエントランス、応接室などでお使いいただいています。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■MD-901L LOUNGE CHAIR 製品ページ ▶ 当社の東京広尾スタッフの小山内(155センチ)、下山(182センチ)の座り姿です。様々な体格の方がお掛けいただけるよう、人間工学に基づいて設計されています。 左上:背の絞りはデザイン上のアクセントというだけでなく、角度を変えることで腰の当たりをサポートします。左下:チェアの側面図。人間工学に基づいた設計です。日本人の平均身長のモデルを使用しています。右上:内部のウレタンはスーパーソフトウレタンを使用しています。合板の木口までウレタンで覆うことでふっくらと仕上がります。右下:片ステッチを裏面側に使用することで、チェアのラインがすっきりと仕上がります。

ショールームの新しい取り組み「オンライン接客サービス」

2020.09.25

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.310(東京・広尾ショールーム)
近頃は一気に秋を感じるようになり、過ごしやすい季節になってきました。秋はレジャーや行楽の季節でもありますが、今年は例年とは違い密を避ける行動が必要とされています。新しい生活様式に合わせて様々な変化がなされいますが、オンラインでのサービスは最も身近になってきているのではないでしょうか?音楽ライブが無観客で生配信されたり、来場型のセミナーがZoomで開催されたりと自分自身も利用する機会がたくさんあります。窮屈さを感じていた自粛生活も新しいサービスの提供により「意外と便利かも」と思うこともあり、変化を感じます。

お客様が来場され商品をご覧いただくのが基本だった様々な業種のショールームも、ご来場いただけないお客様にも商品を確認いただけるようにリモートで説明を行うサービスを提供しているところが増えてきました。エーディコア・ディバイズでも、ショールームにご来場が難しいお客様や遠方のお客様にもよりリアルに商品をご覧いただけるように、Zoomミーティングアプリを使用したリモートでの商品確認サービスをスタートしました。インターネット環境がある場所でパソコンやスマートフォンをご用意いただければ、ショールーム内の商品を一緒にご覧いただきながらご説明させていただけます。商品を見ながらお客様からのご質問やご相談にもお答えいたします。通常、初めてご来場いただいてからご決定いただくまで2〜3回、ショールームにお越しいただくケースが多いのですが、一度ご来場いただいたお客様からは「追加で確認したい時は、リモートでも出来ますか?」などのお問い合わせもいただいております。また、当社では動画で発生しがちな手ブレを補正するジンバルというツールを使用し、スムーズな動画をご覧いただけます。カタログなどの2次元画像より自然光の中でリアルなサイズ感や雰囲気を感じ取っていただくことができると思います。ぜひ、ショールームスタッフや営業担当にお気軽にお問い合わせ下さい。

10月からは毎年恒例の展示品セールを開催いたします。毎年、心待ちにされているお客様も多く、セール当日はお並びいただくお客様もいらっしゃるのですが、今年は混雑を避けるために期間を長く設ける予定です。今までは、遠方のお客様にはセールをご利用いただくのが難しかったのですが、リモートでの商品案内が可能になりましたのでお気軽にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ・お申し込みはこちら ▷
(ショールーム担当:西條 恵理)

ミーティングアプリzoomを通じ、スマートフォンでショールームや商品を写しながらお客様と打ち合わせをしていきます。

リビングテーブルの有効活用

2020.09.23

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.309(名古屋・栄ショールーム)
今夏の連日の猛暑から、気候もぐっと秋めいて朝晩は随分と過ごしやすくなってきました。季節の変り目に衣替えをするように、インテリアを模様替えするにもちょうど良い季節です。家具というとベッドやソファ、チェストなど大きなものに注視しがちですが、お気に入りのソファセットのクッションカバーを変えたり、機能的なサイドテーブルやリビングテーブルを追加して、より快適な空間を演出されてはいかがでしょうか。

サイドテーブルやリビングテーブルといってもデザインや大きさも様々です。名古屋・栄ショールームに展示しているMD-805ソファにはデザイン・高さ違いのリビングテーブルを組み合わせてコーディネートしています。サイドに合わせたテーブルは、天板下にソファアームを差し込める高さになっています。サイドテーブルが引き込めることによって、ソファに座りながら身近に置いておきたいリモコンや本、飲み物なども置くことができます。またソファ前には円形で高さとサイズの異なるテーブルを2台配し、ネストテーブルのようにコーデイネートして空間に動きを出しました。座りながらの動作もし易く、空間のアクセントとしてもポイントになる使い方ができます。MD-210Aソファと組み合わせたリビングテーブルMD-206は前方とサイドにサイズ違いのテーブルを置き、600角のサイドテーブルはテーブルランプを置いて機能的に、W1200のリビングテーブルはテーブルとしての用途だけでなく、床面近くの棚板がデコレーションにも役立ちます。お使いになる方のアイデア次第で何役もの顔を持つリビングテーブルを上手くインテリアに取り入れ、長くなった「お家時間」を快適に過ごしていただけると思います。

エーディコア・ディバイズでは、安心してこれらの家具をお使いいただけるよう、全商品の木部に抗菌塗装を標準で施しています。また、10月には年に一度の展示品SALEを行います。是非この機会に「お家時間」を快適に過ごすアイテムをご検討されてはいかがでしょうか。ご来場の難しいお客様にも商品をご覧いただけるよう、リモートでの商品案内も可能です。お気軽にお問い合わせください。各ショールームで皆様のご予約をお待ちしております。
▷ご来場予約フォームはこちらから
(ショールーム担当:水野 未佳子) 左:MD−807サイドテーブルと円卓のコーディネート 右上:サイドテーブルをソファアームに差し込んだイメージ 右下:大きさ違いでコーディネート 左上下:棚板を配したリビングテーブルと、同じくサイズ違いのテーブルにはテーブルランプを配置 右:リビングテーブルMD−206のコーディネート

PRODUCT

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る