CATEGORIES

モダニズム建築と感染症

2020.11.30

AD CODE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.114
11月18日にWebを使った2021年モデルの新作発表会を開催しました。当社では、6月からZoomを使ったセミナーを4回行ってきました。感染リスクがなく、遠方のお客様へも新作をプレゼンテーションできるので便利です。Webを使った映像なら録画で良いと思いますが、ライブ感を大切にし、その時間をお客様と共有したいとの思いから続けてきました。今回もカメラとして使用したiPhoneに向かって話をするのは大変でした。ご覧いただけなかった方に発表会での話をしましょう。

今回の2021年モデルは新型コロナ感染拡大によって企画から見直す必要があり、従来のデザインを生み出す手法を変える必要がありました。これまでは、デザインの流行から今後のインテリアを考え、次に来る流行やライフスタイルを見据えたデザイン提案を行ってきました。今年は2月の感染拡大によって、住まいと働く場所が混在するプライベート空間、公共施設での感染対策など、今まであまり必要とされていなかった機能が求められるようになりました。私自身、短い時間の在宅勤務でしたが、家庭内での仕事のあり方や、仕事環境の大切さを知る事になり、中でも椅子の重要性を認識する事になりました。食事を中心とした2時間程度の快適性から4時間以上座る事の多い仕事、それもPC作業の前傾姿勢から、Webミーティングをする際の後傾姿勢まで幅広い姿勢に対応する機能的が椅子に求められます。また、消毒しやすい汚れにくいデザインも必要となります。

20世紀初頭に生まれたモダニズム建築は感染症の中で生まれたと言われています。当時、世界的に大流行していたを結核を治療するために、多く作られたサナトリウムでは白い清潔な空間に換気をするための大きな窓、埃がたまりにくく消毒のしやすいシンプルな空間にし、そこに置かれる家具は、座と背が開いていて埃がたまらず、革や合板で拭きやすく、足は足元からの感染を防ぐために、ステンレスやクロームメッキの金属が使われました。フィンランドのアルバー·アアルトがデザインした整形合板のパイミオチェアーはサナトリウムのために作られました。当時の新鋭建築家、ル·コルビジェ、ミース·ファン·デル·ローエ、アルヴァ·アアルトらが進めた建築はその他のモダニズム建築に影響を与えました。

ル·コルビジェの「光と新鮮な空気が健康には重要」と考えて設計したパリ郊外にある、代表作のサヴォア邸も感染症予防のために作られました。玄関の横に手洗い用の流しを設置し、車寄せのある地上から持ち上げ、住まいを2階からとし、光と空気を入れる換気の良い大きな窓を設けました。そして、家族が安心して過ごせる屋上庭園のある建築としたのも、その時代背景があったからです。その時代のモダニズム建築は、快適性より安心感や安全性といった新しい機能を目的に作られ、世の中にモダンデザインとして取り入れられるようになりました。

2020年は新たな感染症との戦いが続いています。しかし、20世紀初頭と違うのは、病気の正体が分かっており、消毒などの対策が取れる事です。また、抗菌剤だけでなく抗ウイルス剤を使用した安全性の機能も持たせる事ができます。それを活かし快適性を犠牲にしないデザインも可能になっています。当社の2021年モデルはその機能性と快適性が最大限に活かせるデザインを目指しました。東京、大阪、名古屋の各ショールームでは展示が始まっています。ぜひお座りいただいて快適性をお確かめ下さい。新型コロナに負けないように頑張りましょう!(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)
右上下:サヴォア邸。ル・コルビジェが1928に設計。玄関に手洗い場があり外からの感染予防対策があり、2階から住居部分で大きな窓は光の取り込みと換気の為で、屋上には家族が過ごせる庭園があります。左上下:パイミオのサナトリウム。アルヴァ・アアルトによって1928年に設計されたフィンランドにあるパイミオの結核療養所。パイオミチェアーは感染予防のために成型合板が使われました。
2021年モデル CHAIR:MD-1101A 脚部とアーム、背など手の触れる箇所には抗菌のポリウレタン塗装が塗布され、汚れにくく消毒しやすくなっています。TABLE:MD-1102 天板は対薬品性が高いガラスやセラミックが使われます。脚部については抗菌塗装が標準化され、CAHIRとTABLE共に抗ウイルス塗装がオプションで追加できます。

抗ウイルス仕様の家具

2020.11.25

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.103
11月18日のオンラインでの2021年新作発表会は、新型コロナウイルス感染拡大により例年とは違った新作発表会となりましたが、たくさんの方に参加いただきました。今年の新作開発には、コンセプトやデザインと並行して、いち早く「抗ウイルス対応」の仕様開発を進めていました。

エーディコア・ディバイズでは、新型コロナウイルス感染が広まりつつあった3月には抗菌塗装仕様を取り入れ、安心して家具をお使いいただけるよう早急な対策を取りました。そしてその時期すでに「抗ウイルス資材」の開発を各工場と進めていました。抗菌と抗ウイルスでは、同じような感染防止策のように取られることもありますが、内容は大きく異なります。菌は目視が可能で個人でも試験をすることが可能ですが、ウイルスは国内でも限られた施設でした扱うことができず、認証試験も長い期間が必要となります。私たちはいち早く開発を進めて今回の新製品に間に合わせることができましたが、現在は試験を受けるのに1年以上待たなくてはならない状況のようです。抗ウイルス仕様の開発は、木部の抗ウィルス塗料、天然皮革の抗ウイルスレザー、張り地にコーティングする抗ウイルス加工の3アイテムを企画し準備を進めました。

抗ウイルス仕様の開発は、薬剤の調達からはじまり効果の承認、それぞれの加工を施した際の仕上がりに問題がないかどうか、そして抗ウイルス効果の試験を経て実際の製品に仕上げてチェックし最終確認を行います。今年の新製品には各社のご協力のもと、なんとか新製品に間に合わせることができました。抗ウイルスレザーは日本で初めて抗ウイルス性能を承認された天然皮革となりました。抗ウイルス塗料と抗ウイルスレザーは、トップコート材に薬剤を拡散して仕上げているので永続的に効果があります。ファブリックに施す抗ウイルス加工は、決められた工程でコーティングすることにより、風合いを損なうことなく、3回のドライクリーニングや50回の洗濯でも持続効果があるので安心してお使いいただけます。

一旦は終息に向かった感染ですが、ここに来て感染が進んでいます。更なる感染防止対策が大切になって来ますが、今回の感染が収まった後でも抗ウイルス対応は安心して家具をお使いいただくために欠かせない仕様になってくると思います。各ショールームには今年の新製品が展示してあります。デザインや使い心地と合わせて、抗ウイルス仕様の家具をぜひご覧ください。(開発 武田伸郎)



広尾ショールームに展示しています抗ウイルス対応の2021年ニューモデル。木部には抗ウイルス塗装、椅子とソファのファブリックには抗ウイルス加工を施しています。 左:抗ウイルス対応の製品にはシールを添付します。剥がしても跡がつかない仕様です。右:業界初となる抗ウイルス効果のある天然皮革を張ったMD-1101チェア。抗ウイルス塗装と組み合わせればさらに高い効果が得られます。

PRODUCT : MD-1101A  Comfort chair

2020.11.25

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.91
今回は先日発表されたばかりの2021モデルから、MD-1101Aコンフォートチェアをご紹介します。MD-1101Aは安心と安全をテーマに、抗菌塗装、抗ウイルス塗装を最大限に活かせるデザインのチェアです。天然の材料を無駄なく使用し、クラフト感のある優しいフォルムが特徴で、長く快適に座ることを目的にした設計です。ゆったりとしたサイズ感とデザインはダイニングだけでなく、オフィス用テーブルやデスクに合わせてお使いいただけます。

MD-1101Aは幅580mm、奥行は560mmとラウンジチェアに近いゆったりとしたサイズで、座りながら上半身を自由に動かすことのできる余裕のあるデザインです。手が触れる部分には汚れが付着しづらく清掃しやすい無垢材を使用し、背と座には適度な隙間を設けホコリやゴミが溜まりにくくなっています。多くの方がお使いになる公共のスペースでのメンテナンス性にもこだわりました。短めのアームはサイドから座りやすく、翼のように削り出された形状は座っているときの手触りが良いだけでなく、持ち運ぶ際のハンドルにもなります。

フレームにはホワイトアッシュ材を使用し、木目の表情がはっきりとした質感豊かな仕上がりです。背は成型合板の柔らかなカーブで腰をやさしく支えます。成型合板の背裏はホワイトアッシュ柾目の突板で仕上げられています。無垢材は削ぎを少なくし、木材の無駄を抑える成型合板と組み合わせることで少ないパーツで構成した、サスティナビリティを意識したデザインです。背のクッションは腰から背を優しく支えるため、ウレタンを何層にも重ね、立体的な形状を構成しています。座のクッションは緩やかにラウンドした成型合板を下地に、密度の高い上質なウレタンを多層に重ねたクッション材を使用し、長時間のビジネスワークに耐えられる柔らかすぎない座り心地を実現しました。

新しいライフスタイル対するAD CORE DEVISEの回答となる2021モデル。サスティナビリティとメンテナンス性、オフィス家具とは異なる質感豊かなデスクチェアとしての性能を持つMD-1101Aを、是非ショールームでご覧ください。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■MD-1101A Comfort chair 製品ページ ▶

左上:本体幅580mm、座面幅480mmのゆったりとしたサイズ感。座面は緩やかにラウンドしています。左下:ホワイトアッシュの突板で仕上げられた背裏。座面と背の間は適度に隙間が空いておりホコリやゴミが溜まりにくいデザインです。右上:ホワイトアッシュ材のアームは手当たりが柔らかく、拭き掃除などのメンテナンスが容易です。右下:翼のような形状のアームは椅子を引く際のハンドルにもなります。 当社の東京広尾スタッフの小山内(155センチ)、北澤(180センチ)の座り姿です。様々な体格の方がお掛けいただけるよう、人間工学に基づいて設計されています。

安心して製品をお使いいただくために

2020.11.25

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.316(東京・広尾ショールーム)
今年も早いもので残すところ、1ヶ月となりました。今年は年明け早々から、新型コロナウイルス感染拡大でいつもとは違った年になりました。私たちの日常生活も新しい取り組みや生活様式が定着し、コロナ禍によるオンラインサービスの充実や抗菌・抗ウィルスの商品が増えてきたのも変化の一つだと思います。

エーディコア・ディバイズでは、新型コロナウイルス感染拡大に対する取り組みとして、製品に使用する塗料を2020年3月より抗菌塗装の規格化を進め、9月より標準仕様にしました。更に2021モデル発表にあたり、様々なウイルス感染からより安心して製品をお使いいただけるように、抗ウイルス塗装・抗ウイルスコーティングのオプションタイプをご用意しました。お使いいただく場所や用途によりお選びいただけますので、それぞれの特徴をご紹介いたします。

抗菌塗装(標準仕様)は、エーディコア・ディバイズ製品の全ての木部塗装に施しています。特徴は細菌の増殖を抑制(黄色ブドウ球菌・大腸菌など)、耐性菌が出にくい、防カビ効果があります。更に、耐次亜塩素酸性(200ppm以下)がありますので、日常的にお手入れをしていただけます。

抗ウイルス塗装(オプション)は、収納を除く全ての木部塗装に有料にて承ります。特徴は、抗ウイルス効果・ウイルスの減少、抗菌製品技術協議会(SIAA)抗ウイルス表示基準に適合し、高い安全性が認められています。抗菌塗装と同様に耐次亜塩素酸性(200ppm以下)に加え、耐アルコール性(エタノール60%以下)がありますので、冬季のインフルエンザなどが気になる季節にはアルコールで拭いていただくことも可能です。

ファブリック抗ウイルスコーティング(オプション)は、エーディコア・ディバイズの規格ファブリックだけでなく、ご支給いただいたファブリックにも有料で対応ができます。抗ウイルス効果、耐次亜塩素酸性(200ppm以下)、耐アルコール性、消臭効果があります。通常のお洗濯だけでなくドライクリーニングにも強いので、ソファカバーやクッションカバーを清潔に保つことができます。

その他、規格ファブリックと規格レザーのなかでも抗菌加工や抗ウイルス加工が施されているものがありますので、お気軽にお問い合わせください。当社の家具はご家族が過ごすご自宅用としてだけでなく、不特定多数の方が使用されるホテルやレストラン、オフィスにもお使いいただいております。より安心してお使いいただくために、ぜひご活用ください。

11月18日にオンライン新作発表会でお披露目した2021ニューモデルはエーモードブランドから「Peace of mind and peace・安心感と安らぎ」をテーマに、抗ウイルス仕様を施した新製品を発表しました。東京・広尾、大阪・心斎橋、名古屋・栄の各ショールームで展示が始まっております。東京ショールームは2時間制2組様まで、大阪・名古屋ショールームは2時間制1組限定でのご案内となりますので、ご予約のうえご来場ください。
(ショールーム担当:西條 恵理)

ご予約はこちらから
抗菌塗装について
抗ウイルスパンフレットダウンロードページ 2021モデルのソファセットとダイニングセット。展示品には抗ウイルス塗装を施しています。メンテナンス性に優れたデザインをショールームでご覧ください。 左上:抗ウイルスレザー Aa-AVは人気のセブレザーに抗ウイルス剤をオーバーコートしました。3色展開です。左下:抗菌ファブリック TC_ACとLS_ACシリーズ。デザイン性だけでなく、ご希望の機能によってお選びいただけます。
右:恵比寿ガーデンプレイスのバカラシャンデリア。コロナ禍の医療従事者への感謝の気持ちとエールを込めて、ブルーライトアップされています。

2021モデルのご紹介

2020.11.24

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.315(名古屋・栄ショールーム)
今年は春から新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、自粛要請や外出制限の時期もあり、気が付けばもう11月も半ばを過ぎました。例年であればこの季節賑わう街並みもまだ静かなように感じますが、ここ数日でショールーム周辺も徐々に華やかになってきました。毎年恒例のオアシス21一階の特設会場で開催される豊田合成リンクやテレビ塔のクリスマスイルミネーションがスタートしました。今年9月にオープンしたショールームの目の前のレイヤード久屋大通パークも思考を凝らしたクリスマスイルミネーションが開催されるのではと、今からとても楽しみです。

当社ではこの時期、毎年新作商品の発表を行いますが、今年は初めてオンラインでの新作発表を行いました。遠方の為に発表会にお越しいただくことが難しかったお客様にも、発表当日にリアルタイムで新作をご覧いただくことができました。みなさまに大変ご好評をいただき、私たちにとっても例年とは違った新鮮なスタートを切ることができました。2021モデルは「Peace of mind and peace・安心感と安らぎ」をテーマに、豊かで快適な生活をコンセプトの商品を発表しました。背面がビーチ材の成型合板とウレタンフォームを多層に重ねたコンフォートチェアは長時間座っていても疲れにくく、ホームユースだけでなく、オフィスでもお使いいただけるスタイルです。背板から繋がっているアーム部分が短いのでダイニングでの動きもしやすく、在宅勤務でもストレスなくご使用いただけます。また、ホコリや汚れが溜まりにくいデザインなので、お手入れがし易いのも特徴的です。座面の奥行きが900mm,1100mmと選べるシステムソファは、同じく幅を900mm,1100mm,1400mmと選べる1Pソファやオットマン、アイディア次第でいく通りにもご使用できるベンチなどを組み合わせてコンビネーションでご使用いただけます。座面にはポケットコイルを使用し複数名でご使用になっても座り心地が偏ることがありません。またカバーリングシステムでカバーの交換やメンテナンス性まで考えられたソファです。そして9月から標準化された木部の抗菌塗装に加え、木部の抗ウィルス塗装やファブリックに施す抗ウィルスコーティングなどもオプションとしてご用意しました。このような時代だからこそ皆様に安心して長くご使用いただける商品です。

新作商品は東京本社・大阪・名古屋のショールームにて展示しております。各ショールームは完全予約制にて一組二時間制にて運営しております。どうぞ安心してお越しください。またご来場を躊躇されているお客様や、ご来店の難しいお客様にはリモートで商品のご紹介も可能ですのでお申し付けください。皆様のご予約をお待ちいたしております。
(ショールーム担当:水野 未佳子)
ご予約はこちらから 左上:天板の仕様が選べるMD-1102とMD-1101のダイニングセット 右上:コンビネーションを楽しめるソファセットMD-1105 左下:スツールが追加されたMD-905のダイニングセット 右下:オットマンが追加されたラウンジチェア  左:オアシス21 の“氷じゃないスケートリンク”「豊田合成リンク」は、転んでもぬれない・冷たくない不思議なリンクです。 右:名古屋テレビ塔もクリスマスイルミネーションに輝いています。

PRODUCT

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る