CATEGORIES

不動産投資のフリップとは

2021.01.29

AD CODE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.116
昨年末、NHKのBS番組で「ハリウッド華麗なる物件案内」という番組を放送していて、アメリカ・ロサンゼルス不動産事情を、現地の日本人のセレブ御用達不動産ブローカーの案内で見せていました。今、アメリカではファッションや店舗を持つ業態が壊滅的な状況で、ブルックスブラザーズなど有名ファッションブランドの破綻や、高級チョコレートのゴディバの北米撤退など多くのニュースが流れています。しかし、株式投資や不動産投資は活発で、特に不動産の売買は高級物件を中心に動いています。アメリカでのカタログ撮影でお世話になっている、プロデューサーの靖子さんに聞くと、靖子さんの住まいのあるウエストハリウッドには、今、セレブの映画俳優やお金持ちの多くが仕事場への通勤短縮にと住んでいたマリブから、ウエストハリウッドに移り住んでいて、エリアの不動産価値を高めているそうです。

アメリカ西海岸で撮影を始めて、建築ツアーでも多くの住宅や建築を見てきましたが、多くのオーナーは、少し住んで高く売って次にステップアップすると言われていて、特にインテリアデコレーションに力を入れている住宅ほど、仕上がりが素晴らしく、家具やアートも家の一部として一緒に販売されます。それが住宅の価値を上げる事にもなっているそうです。その事もNHKのBS番組の中でも紹介されていて、その不動産投資法が「フリップ」という名前で紹介されていました。私自身もロケハンの時に何軒か転売で利益を上げているオーナーに会うまでは、古い住宅が付加価値をつけて転売されている事を知りませんでしたが、リノベーションされた家の中を歩いて、その意味と実情を知る事ができました。日本では古い物件を購入し、かなりの予算をかけて新しくしたとしても、新築と同じ金額で取引されることはありえません。

しかし、アメリカでも古い住宅を新しく改装しただけで不動産価値が上がるわけではありません。人気のエリア、有名建築家の設計、有名人が住んだ家、人気のミッドセンチュリー時代のモダン住宅など、二度と手に入らない物件など人が欲しがる条件がいろいろあります。価値を上げるリノベーション手法は2つあり、建てられた時代と違う、新しいデザインを施した住宅で、多くは景観と置かれる家具が価値を上げてます。一方は、建てられた時代のオリジナルに戻すリノベーションで、有名建築家やその時代に人気だった建築家や有名人が住んだ家で、家具もその時代に合わせリプロダクトでないオリジナル家具で、コンセントやスイッチ類まで、その時代の物が使われています。ここまで徹底するかと驚く事が多くありましたが、相当なセンスと努力が価値を高めて利益を上げるフリップにつながります。

アメリカではいろいろな物に価値をつけて商売にしています。現代アートの取引もそうですが、有名なのは自動車で、古い車だけでなく、人気の車種でそれをオリジナルの状態にレストアして当時と同じ走りを取り戻した車に価値が付けられます。昔は古いフェラーリでしたが、この数年はナローポルシェと言われる1970年代の901型で、1960年代の356型と言われる古いポルシェより価格が沸騰しました。Gパンと言われるデニムも同じで、日本から火がついたのですが、戦中のデニムや鉱山内で発見される1920年代のリーバイスには数万ドルの価値が付けられてデニムハンターという仕事を生業としている人もいます。どれも欲しがる人がいるから価値が上がり、どの物も今では手に入らないという希少性が条件になります。日本の大正時代の着物があっても二束三文なんですが、、。

1月13日に開催したアメリカ西海岸セミナーでは原爆の父のオッペンハイマーが住んだ1960年代の住宅も紹介しましたが、照明スイッチや置かれる小物までこだわった住宅でした。今年はどのような情報をお伝えできるのでしょうか、実際に行って感じた事をセミナーとしてお伝えするのが私のスタイルです。次のセミナーをお楽しみに!
(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)
ハリウッドヒルズに建つフォトグラファーの住宅。1970年代の住宅を2011年に購入し3年かけてリノベーションされました。まるで美術館のような住宅は家具もアート級で、売れば間違いなくフリップ成功です。 セレブが多く住むウエストハリウッドに建つ1960年の原爆の父、ロバート・オッペンハイマーの住宅です。オリジナルの状態に戻されて、キッチンのオーブンや水栓、コンセントやスイッチ類も1960年代の物が使われています。映画にも使われる家で有名人の住んだ家は人気です。

オンラインミーティング活用術

2021.01.27

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.105
新たな2021年がスタートして、早1ヶ月が過ぎようとしています。新型コロナウイルスの感染状況は日々めまぐるしいく変化していますが、今は1日でも早く安心して過ごせる日が来るように一人一人が感染防止に努めるしかありません。すでに1年の長期にわたり世界中がウイルスの感染対策を強いられていますが、この感染の発生により生活や仕事の面でも様々な変化がありました。オンラインミーティングの普及もその一つです。

感染防止期間中「出来るだけ人と接触しない」ことを推奨され、どうやってコミュニケーションを図るかが問われてきました。これまでもネット回線を使った会議なども使われていましたが、あまり広く普及はされていませんでした。しかし、昨年の移動自粛期間にZoomをはじめとするオンラインミーティングは、あっという間に広まって定着しました。当初はいろいろと問題があったようですが、利用者が増加するにつれどんどん改善されて、今ではいつでもどこでも他者とつながるコミュニケーションツールとなりました。TV放送でも必須のツールとなりましたよね。エーディコア・ディバイズでは、リモート出勤時の朝礼ミーティングから始まり、新作発表会をはじめ5回にわたるオンラインセミナーを開催してオンラインコミュニケーションツールを活用してきました。現在は、お客様とのコミュニケーション以外にも、生産をお願いしている工場との打ち合わせにもオンラインミーティングを活用しています。

エーディコア・ディバイズでは、アイテムの特徴により製品に適した工場に生産を依頼しています。木加工に特化した工場、張りが得意なところ、金属加工だけをお願いしている会社もあります。長年のお付き合いがあり定期的に訪問している工場ですが、移動自粛によりお伺いできない状況が今も続いています。昨年は新製品の開発でもZoomを使ったリモートミーティングを行いましたが、現在は製品チェックをZoomミーティングで行っています。複数の参加者が共通の資料やモニターを共有したり発言を行えるメリットを生かしての打ち合わせです。工場内での現場、設計室、東京の事務所など、各所から一同に参加できるので非常に効率的。スマートフォンで参加すれば移動カメラとしてのミーティング参加も可能になります。今は自粛制限で出来なくなっている「お客様による製品の工場検査」も、オンラインで開催できます。今までは出張の時間やコストを掛けて行なっていた工場検査も、オンラインなら効率的に実施が可能です。

はじめはギクシャク気味だった工場とのオンラインミーティングも、徐々にスムーズに開催できるようになってきました。(私も口が重いのですが現場の方はシャイな方が多いので・・・)来月からワクチン接種が開始予定で感染終息に向けて明るい兆しも見え始めていますが、まだしばらくは自粛期間が続くと思われます。1日でも早く感染が収束し、皆さんと安心してお会いできる日を待ちながら、それまではオンラインミーティングを活用しながら、しっかりコミュニケーションを取っていきたいと思います。(開発 武田伸郎)





画像左上:各参加者がスマホのカメラで写した製品画像を見ながらチェックを行います。画像右上:製品の全体像から確認。モニター操作でカメラの画像をメインに拡大してみています。
画像下段:気になる箇所、チェックしたい部分をカメラを寄せて詳細チェック。ディテールまで確認可能です。

オンラインプロダクトツアーでインテリア相談

2021.01.26

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.322(東京・広尾ショールーム)
おうち時間が増えた今、家具の買い替えを検討したり、在宅ワークの環境を整えたり、より快適に過ごせる空間を求めているお客様が増えています。もちろん、お引越しや新築でご新居の家具を揃えたいというお客様もいらっしゃいます。エーディコア・ディバイズ各ショールームでは、ご自宅にいながらショールームの家具をご覧いただけるオンラインプロダクトツアーを実施しています。パソコンやタブレットを利用して、オンラインで商品をご覧いただきながら相談いただけますので、お客様にも好評です。

コロナ禍の中、ショールーム訪問を躊躇されているお客様や遠方のお客様だけでなく、忙しくてショールームに訪問する時間が取れない方にもお勧めなのが、オンラインプロダクトツアーです。いくつものショールームを実際に訪れるには時間も労力も必要ですが、このツアーはご自宅やお好きな場所で、空いている時間を使ってインテリアの相談ができますのでスムーズにインテリアプランを進められます。また、事前に図面をいただければご提案資料を作成し、画面共有をしながらお打合せができますので、より詳しくご案内ができます。更に、一度ショールームにご来場いただいた後に再度ご検討の商品を確認したい場合や、塗装色・ファブリックのバリエーションをご覧いただきたい場合などにも活用していただけるサービスです。椅子1脚からトータルコーディネートまでいたしますので、ぜひご相談ください。

日常生活では様々な制約がされますが、お客様と一緒にインテリアを作っていく過程を楽しみながらご案内させていただいていますので、お気軽にお問い合わせください。またショールームでは現在、感染防止対策を行い完全予約制でご案内させていただいております。ご来場の際は事前にご予約をお願いいたします。
(ショールーム担当:西條 恵理)
▷オンラインプロダクトツアー
▷ショールームご予約フォーム 左:オンラインプロダクトツアーは展示商品をご覧いただきながら、ご説明いたします。右上:ホームページやプレゼンテーション資料を画面で共有しながらお打ち合わせいたします。右下:スマートフォンカメラで製品の細部を写してご覧いただきます。 3Fショールームは天窓があり明るく開放的な空間です。A-modeシリーズを中心に展示しています。

PRODUCT : MD-1105 SYSTEM SOFA

2021.01.22

AD CORE DEVISE PRODUCT BLOG vol.93
今回は2021モデルから、MD-1105システムソファをご紹介します。MD-1105はアメリカのモダン建築をイメージさせるゆったりとした奥行きとシンプルなデザインのシステムソファです。多彩なサイズバリエーションで座り方にこだわらず長く過ごすためのスペースとしてお使いいただけます。アームレスなデザインと抗ウイルスファブリックの組み合わせで、様々な感染リスク対応しました。

MD-1105はシートの高さを380mmと低めに抑え、シートピッチは一人用のW900mmからW1100mm、二人でも使用できるW1400mmの3種類をご用意しました。奥行きは通常の安楽姿勢のソファとしてD900mm、あぐらをかいたり足を伸ばせるミニシェーズロングとしてD1100mmの2種類からお選びいただけます。ソファタイプの他に通常より少しコンパクトなD1400mmのシェーズロング、900mm角のオットマンとコーナータイプ、ソファーテーブルとしてもお使いいただけるベンチのバリエーションです。それぞれのソファのサイズはシステムソファとして組み合わせて使用することを考えて設計されています。フレームにはジョイント用のパーツが標準で取り付けられており、コーナータイプを二つ並べてアームタイプの2Pソファとして使用したり、ソファの脇にサイドテーブルとしてベンチを置くこともできます。システムソファとして大きな組み合わせだけでなく、コンパクトなソファセットとしても考えられています。

シンプルに見える背やアームにも座り心地を考えたデザインが施されています。座面にはポケットコイルを下地に使用し、しっかりとした掛け心地と耐久性を両立しました。背は積層合板を下地にウレタンフォームを多層に重ね、背の置きクッションを取り外して使用する際もゆったりもたれ掛かることができます。背、座共に分解することができ、カバーリング仕様になっています。フレームと浮遊感のある脚部はホワイトアッシュで仕上げられています。足先のパーツは通常スリップタイプですが、フェルトタイプに変更することも可能です。

お使いいただく方のインテリアスタイル、ライフスタイルに合わせて様々な組み合わせが可能なMD-1105システムソファ。家族が集まるリビングからオフィスのラウンジ、マンションなどのエントランスのシンボリックなビッグソファまで幅広く安心してお使いいただけます。モダンすぎずナチュラルすぎないデザインはニュートラルな空間に溶け込みます。多彩なバリエーションと上質な掛け心地をショールームでぜひお確かめください。
(エーディコア・ディバイズ 開発部/富所 駿)

■MD-1105 System sofa 製品ページ ▶


左上 : 人間工学に基づき、様々な姿勢に対応できるようサイズバリエーションをご用意しました。座面にはポケットコイルを使用しています。左下:あぐらをかくとちょうど良いD1100タイプ。右上:通常の安楽姿勢のD900タイプ。右下:足を伸ばせるコンパクトなシェーズロングタイプ。 左上:多様なサイズバリエーションの組み合わせが可能です。左下:フレームはオプションでコーナーにパイピングを施した革張仕様もお選びいただけます。右上:背、座は分解でき、カバーリング仕様になっています。右下:全てのソファにジョイントパーツが取り付けられています。

アメリカ西海岸のインテリアを参考に

2021.01.22

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.321(名古屋・栄ショールーム)
昨年11月に新作を発表をしてから、あっという間に新年を迎え1月ももう終わろうとしています。昨年末から感染が広がっている新型コロナウイルス終息の兆しもなく、私たちの生活に大きな変化をもたらしています。

先日の今年初めてのセミナーは、コロナ感染予防からショールーム訪問を躊躇されている方や遠方のお客様にもご参加いただけるように、オンラインにて開催しました。テーマは『これからの建築とインテリア.2』と題し、昨年のロックダウン直前の2020年1月末に取材をしたアメリカ西海岸の高級住宅地に建つ個人邸や、最新のシェアオフィスなどのレポートをお届けしました。日本国内ではなかなか見ることのない広大な敷地に建つモダン住宅は、外観から内装までどのシーンも絵になるため息がでるような建築でした。ショールームでのお打ち合わせの際にご覧いただいてるイメージカタログの撮影は、このような住宅をお借りして撮影をしています。建物はもちろん、内装やインテリア、壁に飾られているアートや照明、何気なく置かれている小物使いまで、オーナーのセンスの良さが伺えます。そして、完成した総合カタログは、私たちの生活にも取り入れられるコーディネートのヒントが隠されている、インテリア雑誌のように楽しめる一冊となっています。カタログをご覧いただく際は、是非そのような点にも着目してご覧ください。また、今回のセミナーレポートはECサイトにて画像の販売もしております。興味のある方は是非こちらもご確認ください。総合カタログを一般の方へも販売しております。ご希望のお客様はショールームまでお問い合わせください。

現在、緊急事態宣言の発令に伴い名古屋・栄ショールームは当面の間、土曜日はお休みさせていただいております。また、各ショールームも営業時間を短縮して営業しておりますので、詳しくはHPをご確認のうえご予約いただきますようお願い致します。皆様のご来店をお待ちしております。
(ショールーム担当:水野 未佳子)
▷西海岸セミナー画像販売はこちら
▷ショールームご来場予約はこちらから

セミナーで紹介されたアメリカ西海岸の邸宅のインテリア。洗練された小物使いで、独特の世界観が広がっています。 左上:シンプルで解放的なアメリカのレンタルオフィス  左下:セミナーレポート画像の販売サイト 右上:MD-210Bの撮影画像。原色の小物やアートがアクセントになっています。 右下:当社イメージカタログ

PRODUCT

PRODUCT INFO.

DESIGNER

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る