CATEGORIES

本当の実力

2021.02.26

AD CODE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.117
日本の基幹産業は自動車産業です。私自身デザイナーになったきっかけはスーパーカー世代で自動車のデザインに興味があったからです。バブル期に人気になった自動車レースの最高峰のF1では、日本メーカーのエンジンやドライバーが多く参加しホンダとアイルトン・セナの強さは世界を席巻し、TVでも放映され自動車人気が最高潮に達したのもその時期でした。その後、景気後退で日本メーカーの参加も無くなり、TV放送もされなくなりいつの間にか知られないスポーツとなりました。自動車も環境に悪影響のある道具として見られるようになりました。F1へ久しぶりにエンジンサプライヤーで参加していたホンダもこの景気で今年限りの参加になっています。そういった事から日本メーカーの海外での人気や実力はあまり知られなくなっています。

新型コロナで日本でのスポーツ世界戦は中止になりモータースポーツも同様に日本戦は無くなりました。その中、少し驚く事がありました。2020年の世界ツーリングカー選手権(WTCR)で中国の自動車メーカーのLYNK&CO(リンクアンドコー)が2年連続チャンピオンになになった事で、それも日本ではまったく知られていません。世界ツーリングカー選手権は国際自動車連盟 (FIA) が開催している世界8カ国を転戦する国際自動車レースです。トヨタが参加している世界ラリー選手権(WRC)は一般道を走る競技レースで、自動車選手権と双璧の自動車レースなのですが、どちらも市販車に近い車両を使用する為、ヨーロッパでは人気が高く、市販車の販売にも大きく影響をします。世界ラリー選手権では韓国メーカーのヒュンダイも参加しており、2年連続チャンピオンになっていてトヨタは2位でした。どちらのレースでも一時期は日本車が活躍していただけに車好きとしては、とても残念です。

新型コロナの発生源と言われる中国がワクチンで新興国や東ヨーロッパを中心に外交戦略を展開していますが、自動車産業でもいつの間にか主役になろうとしています。そっくりな粗悪車を作っていた中国メーカーが、ヨーロッパ自動車メーカーを傘下にして技術や品質を吸収しています。LYNK&COは中国の吉利汽車集団のグループ会社で、吉利汽車集団は2010年にボルボを傘下に収め、2018年2月には、ダイムラーに10%出資して筆頭株主になりました。その中でLYNK&COは欧州では価格帯も中級から高級車市場に狙いを定めて展開しており、車の開発はスウェーデンで行われていています。自動車レースの世界の結果でイメージアップさせる手法は昔からあり、日本メーカーがしてきた事ですが、その手法を中国、韓国メーカーが行なっています。日本メーカーが環境や利益を優先している間に、レースの世界でも抜かれてしまったのは、車好きには本当に残念で、日本頑張れ!と思ってしまいます。今後、電気自動車が自動車の本流になるのは間違いない事で、欧州車はハイブリッド車から電気自動車に本流を定めていてメルセデスベンツやボルボからは電気自動車の発表が続いていますが、中国の電気自動車の販売台数は世界一になり、電気自動車の分野で主流を目指しています。

このコロナ禍の中で日本はコロナのニュースばかりで、世界へ目を向けていなかったように感じます。相変わらず日本のすごさを売りにするTV番組が多く、いつの間にか日本はなんでも世界で一番だと思い込んでしまっているようです。日本の物作りの良さは、使われる方の事を思い、長く使い続けられるメンテナンス性の高さです。感染終息後の事を見据え、この時間を有効に使い、新しい仕事のあり方、新しいデザイン、より細やかな物作りができるように、自分を磨きましょう!(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)
上:LYNK&CO 03 WTCR/世界ツーリングカー選手権の2019年、2020年のチャンピオンカー。アウディ、ワーゲン、ヒュンダイ、ホンダが参加。2020年2位はホンダでした。
下:ヒュンダイ・i20クーペWRC。WRC/世界ラリー選手権の韓国メーカーヒュンダイのマシンで2019年、2020年のチャンピオンカー。2020年の2位はトヨタでした。2021年のWRCの開幕戦のモナコラリーではトヨタが完全勝利したので今年のWRCは楽しみです。

MD-901 CHAIR

2021.02.24



[AD CORE DEVISE PRODUCT INFORMATION]
クリエイティブディレクター瀬戸 昇が、デザイナーからの視点で写真だけでは伝わらない製品の魅力を動画でお伝えします。今回は、A-modeブランドのフォーマルな空間にも使用できる、場所を選ばないチェアMD-901です。
■MD-901 CHAIR 製品ページ ▶

2021トレンドカラーとインテリア

2021.02.24

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.325(東京・広尾ショールーム)
少しずつ暖かくなり、春めいた日も増えてきました。暖かくなると気分も明るくなり、春に向けてファッションやメイクなど、トレンドカラーを意識する季節になります。毎年、PANTONE社から発表される「カラー・オブ・ザ・イヤー」ですが、2021年は「アルティメット・グレイ(Ultimate Gray)」と「イルミネイティング(Illuminating)」がトレンドカラーに選ばれました。

PANTONE社は、アルティメット・グレイについて「永続的でしっかりした基盤をもたらす、強固で信頼できる要素を象徴」していると説明し、イルミネイティングについて「生き生きとした輝きを放つ明るく陽気なイエローで、太陽の力を宿した温かみを与えるイエロー・シェード」としています。2色の組み合わせが選ばれることは珍しいことなのですが、このグレー+イエローの組み合わせは、昨年から世界中に広まった不穏な空気を払拭するかのように「回復力と希望」を与え「不屈の精神に支えられたポジティブなメッセージを表現」しています。

グレー+イエローの組み合わせはインテリアにも取り入れやすいカラーです。グレーは日本でも根強い人気のカラーの一つで、木との相性も良く、北欧やモダン、クラシックやシャビーシックなど幅広いインテリア空間に馴染みます。当社の木塗装色の中でも、ヴィンテージグレー(D-9)は近年、人気色です。また、グレー系のファブリックもソファやチェアの張地としても人気があり、バリエーションを豊富に揃えています。グレーのようなベーシックカラーにコミュニケーションカラーでもあるイエローをアクセントとして加えると、会話が弾み明るく楽しい雰囲気になります。アクセントとしてイエローを取り入れるには、グレーのソファにイエローのクッションを合わせるのが手軽に取り入れられる方法です。明るくコントラストが効いたリビング空間になります。イエローを取り入れる分量を増やすのであれば、ダイニングチェアの張地をイエローにしてみてはいかがでしょうか?おうち時間も増え、自宅で家族と食事をする機会も増えていると思いますので、イエローカラーで会話が弾むかもしれません。また、季節のお花や観葉植物の鉢カバーなどの小物で取り入れてトレンドカラーを楽しんでみるのもお勧めです。

エーディコア・ディバイズの各ショールームでは、皆様からインテリアのご相談を承っております。理想のお部屋のイメージ写真や図面などございましたら、ぜひお持ちいただきショールームにご来場ください。現在ショールームでは、感染防止対策を行い完全予約制でご案内させていただいております。ご来場の際は事前にご予約をお願いいたします。皆様のご来場をお待ちしております。
(ショールーム担当:西條 恵理)
▷ショールームご予約フォーム  左上:「イルミネイティング(Illuminating)」と「アルティメット・グレイ(Ultimate Gray)」 右上:ライトグレーのソファにイエローのクッションでアクセントを効かせています。
左下:イエローのファブリックのバリエーション 右下:グレーのファブリックのバリエーション。この他にも多数取り揃えております。
NEO CLASSICO 007-MODELのチェアにイエローのファブリックでコーディネート。明るいダイニング空間は会話が弾みそうです。

抗ウイルス仕様のインテリア空間

2021.02.21

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.106
文字通り三寒四温の時節、上着がいらないくらいの暖かい日があったかと思えば冬に逆戻りしたかのような寒い日もあり、体調管理も大変です。くしゃみをするにも気を使いますし、風邪をひいたりしたら大変なことになります。そんな状況の中、新型コロナウイルスの感染が広がり始めてから1年余りが経過してしまいました。日本でもようやくワクチンの接種が始まり、寒く厳しい冬もようやく終わろうとしています。感染者の数も徐々に終息に向かい始めているようですが、本当に感染が収まるまでは油断大敵です。

エーディコア・ディバイズでは、この感染が確認され始めてすぐに「抗菌塗装」や、抗菌仕様の実験を開始し、対策を始めました。手洗いや除菌作業と同様に、できるだけ感染のリスクを軽減して安全な生活がおくれるように家具に抗菌などの機能を持たせる対策を実施しました。しかし、抗菌仕様は早期に対応ができたのですが「抗ウイルス」対応は難航しました。資材や薬品の入手が困難で、試験や認可の取得も順番待ちの状態で時間がかかりましたが、当社の取り組みが早かったため、2021年の新作発表会には間に合わせてインフォメーションすることができました。

オプションでご注文をお受けする「抗ウイルス」仕様ですが、ここにきてご注文やお問い合わせが増えてきました。緊急事態宣言やロックダウンなどの人の移動や接触を制限しての感染防止ではなく、持続的な環境整備による感染防止策にシフトしてきたように思います。介護施設関係や住宅関係の展示場、ホームユースでのご利用など、様々なジャンルからご注文をいただいています。飲食や公共スペースでは不特定多数の方が安全にお使いいただけるように、ホームユースでは日々の生活が安心できる住環境にするために、感染リスクを抑える抗ウイルス対応のニーズが広がっています。塗料に薬剤が調合されているため、塗膜が劣化するまで継続して効果が得られる木部用の「抗ウイルス塗装」、ソファなど直接肌に触れても安心なファブリック用の「抗ウイルスコーティング」、レザーメーカーと共同開発した天然皮革の質感を活かした日本で初めての「抗ウイルスレザー」。抗ウイルス対応は3つのアイテムで対応しています。

これから本格的な感染収束に向けて、生活や経済も回復していかなくてはなりません。今後は新型コロナウイルスに限らず、感染予防がインテリア機能のスタンダード仕様になってくるかもしれません。1日でも早く、日常の生活に戻れるよう、少しでも安心な生活にお役立て出来るよう、エーディコア・ディバイズの「抗ウイルス」対応、是非ご検討ください。お問い合わせ、お待ちしています。(開発 武田伸郎)
抗ウイルス塗装は、塗料の資材から違っているので他の製品とは違うラインでの工程になります。色味を見ながら慎重に仕上げていきます。 左上:この製品はファブリックが抗ウイルスコーティングで、木部の塗装が抗ウイルス塗装仕上げ。丁寧に張り込んで行きます。右上:抗ウイルス仕様の証、シールを貼ります。左下:抗ウイルス仕様の製品は、抗菌不織布の養生を巻いて出荷します。右下:梱包に抗ウイルス仕様のシールを貼って出荷、お届けします。

お手入れがし易い、安心安全な家具

2021.02.19

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.324(名古屋・栄ショールーム)

長い冬が終わり草花も次第に芽吹き始め、少しずつ春の気配も感じるようになりました。とはいえ、未だ新型コロナウィルス感染の収束の見通しがつかず、インフルエンザなど様々なウィルス感染には気を付けたい状況は続いています。公共施設や家庭での手指の消毒は定着しましたが、より感染リスクを抑えるためにも手に触れる物は常に清潔に、またお手入れのし易いものが求められています。今回は、当社家具の中でもお手入れのし易い商品をご紹介致します。

当社の社名にもなっていますAD COREのシリーズの代表的なチェアのチェルボ 。その中でもチェルボ Ⅱは、背裏まで生地の張りぐるみの仕様と木タイプの2タイプが選べます。背座が木のタイプは、ビーチ材の木目が美しく、デザイン性にも優れていますが、拭き掃除などのお手入れが容易です。またこちらの商品はスタッキングが可能なので、使わない時には重ねて保管しておくこともできます。もう一点ご紹介するのは、アクリル樹脂と木製素材の組み合わせが温かみのあるPMMA+Woodシリーズのチェアです。こちらも座クッション付きのタイプとアクリル樹脂のみの2タイプからお選びいただけます。座クッション付きのタイプも座裏でボタン留めする仕様なので、お手入れの際は座クッションを外していただくことも簡単ですし、チェルボⅡと同様に背座が1枚で成型されているので、ホコリが溜まりにくく、アクリル樹脂なので水溶性の汚れはすぐに拭き取れ安心です。汚れが気になる時などは市販のリビング用洗剤を濡れふきんにとって、拭き取っていただくことも可能です。どちらの商品も木部には標準仕様として抗菌機能を持たせていますので常に衛生的にご使用いただけますが、より安心して製品をお使いいただけるようにオプションで抗ウィルス塗装もご用意いたしました。抗ウイルス塗装は、木部塗装のトップコートの中に耐薬品性にも優れているポリウレタン塗装に加え、塗装膜の中に練り込まれた抗ウィルス銀系薬剤が効果を発揮し続けます。+αの安心を、これからは家具にも求めてみませんか?木部だけでなく、張地に抗ウィルスコーティングも可能です。興味のあるお客様はぜひお問い合わせください。

現在、ショールームは緊急事態宣言の発令に伴い、営業時間を変更しております。また、名古屋ショールームは当面の間土曜日営業をお休みさせていただいております。詳しくはHPをご確認のうえご予約ください。各ショールームでは定期的な換気や次亜塩素酸消毒などの拭き掃除も徹底しておりますので、どうぞ安心してご予約ください。皆様のご来店をお待ちいたしております。
(ショールーム担当:水野 未佳子)
▷ショールームご予約フォーム 
左:人気のCERVOⅡ(チェルボデゥエ) 右上:公共施設に納入した一例です。 右下:ご家庭でも木仕上げは清潔にお使いいただけます。 左上:アクリル樹脂に照明も反射してデザイン性にも優れています。 左下:公共施設でも衛生的にお使いいただけます。  右:モクレン科のこぶしをイメージしてデザインされたMagnolia(マグノリア)

DESIGNER

PRODUCT

PRODUCT INFO.

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る