CATEGORIES

空間のバランス

2021.03.30

AD CODE DEVISE DESIGNER BLOG Vol.118
当社ではお客様からプレゼンテーションをご依頼されることが多くあります。かなり以前はイラストボードに写真や家具図面を貼ってマーカー着色をして、平面図には手書きで家具をレイアウトしました。その際に役に立ったのが樹脂でできた家具用テンプレートです。そのテンプレートには家具の隙間や1人当たりの寸法が考えられたテンプレートで、それを図面に当てながら人の動線なども見ながら家具の配置を書いたので、自然に寸法感覚が身につく事ができました。今はプレゼン作成がパソコン作業になり、家具データを平面図に貼ることができるようになり、家具レイアウトも楽になりました。

しかし、家具配置は簡単にできるのですが、動線や家具の隙間や広さに対するバランスを考える事が希薄になっているように感じます。社内で作成したプレゼンを見ると、窮屈だったり、人が通れないレイアウトだったり、空間に対して家具が大きすぎたりとおかしく見える事も多くあります。お客様からいただく図面も椅子をテーブルの中に入れた状態で点線としてレイアウトされている事も多く、実際に人が使われている状態でのレイアウトでない場合があります。その平面図の上に、そのまま家具を配置しているので、椅子やソファに人が座っていると動線が取れていないレイアウトが出来てしまいます。樹脂でできた家具用テンプレートならテーブルと椅子の間が少し開いているので、実際に座った感じでレイアウトできるのですが、、。レイアウトも使われる方の家族構成や年齢によっても要点が変わってきます。

部屋の広さに対しての家具の占めるバランスも重要です。広いリビングにご指定のあった当社の家具のみ配置をして、他社の家具が入れられていないので、空間が空きすぎていて、スカスカになった平面図を見る事が多く、空間に対しての適度な家具ボリュームも考えないとと思う事もあります。アメリカの住宅を取材した時も感じる事が多いのですが、空間が広すぎて置かれる家具のボリュームが少なくてせっかくの空間が逆に貧祖に見える事があります。これは壁の空間も同じなのですが、白い壁ばかりだと寂しく見えて、アートを配置して空間のバランスを取られた空間は良く見えます。平面的には空間の3割の家具がバランスが良いとされています。大きな空間でも家具ボリュームのバランスが大切なんだと思う事が重要で、前々回もメルマガで書きましたが、不動産のフリップで成功する物件は家具をバランス良く配置して空間のバランスが取れている事が不動産価値も高めているんです。

感染の影響でお客様の所にお伺いできない事が多く、データのみをお送りする事も影響していて、プリントしてみれば感じられる事も、画面だけでの確認になっている事も原因の一つになっています。そこで、社内でプレゼンテーションの仕方や平面レイアウトの仕方の勉強会を行う事にしました。お客様に家具のレイアウトで少しでも良い提案できるように社員のスキルアップに勤めています。これからはプレゼンをお受けする際にはいろいろな質問をする場合があるかと思いますが、少しでも使いやすいレイアウトを作る為ですので、ご容赦いただけますでしょうか。快適な空間で当社の家具をお使いいただければより、快適にお過ごしいただけますので、、。(クリエィティブディレクター 瀬戸 昇)

左上下:ウエストハリウッドで3000万ドルで販売していた住宅です。巨大な住宅でしたが、家具の配置も考えられていてバランスが取れた住宅でした。すぐに買い手が見つかったようです。右上下:ビバリーヒルズの住宅で引っ越し直後という事もありましたが、家具が小さく感じて少し貧祖に見えます。ダイニングの椅子も中に全て入れられていて、空間が寂しく感じます。
左上:今はほとんど使わなくなった樹脂製のテンプレートです。昔は製図板(ドラフター)と鉄道定規で家具を書いていました。左下:このテンプレートは1/50ですが、1/100や1/200もありました。テーブルの外に椅子が置かれ、使用する状態でのレイアウトができます。右上:温泉旅館のレイアウトを1/100でトレペに書いた図面です。数百人の宴会場のレイアウトを描く時はサービス動線を考えながらで大変でした。右下:データで平面図を落とし込む時はお客様の動線は重要です。

天然大理石模様セラミックテーブル天板

2021.03.29

AD CORE DEVISE DESIGN BLOG Vol.107
暖かい日が続き、桜の花もあっという間に満開になり初夏に向けて緑が芽吹き始めています。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言がようやく解除になり、ワクチン接種も開始されていますが感染予防の対策はまだまだ必要なようです。そんな状況の中、エーディコア・ディバイズ製品の抗ウイルス対応のお問い合わせが増えてきているのですが、昨年発表したダイニングテーブルの天板に採用した大理石テイストのセラミック天板のお問い合わせが増えてきました。

エーディコア・ディバイズ 2021モデルのテーブルシリーズ MD-1102 は、天板トップのマテリアルを、木製・ガラス・セラミックからお選びいただける仕様です。ウイルス感染対策に伴い除菌や消毒をする機会が非常に増えていますが、木製や化粧パネルでは天板に不具合が生じる可能性があり注意が必要になりますが、ガラス天板やセラミック天板はその心配があまりありません。天然石は丈夫な素材のイメージがありますが、水分や汚れがシミになったり、洗剤などでツヤや表情が変わってしまうデリケートな素材です。補修する場合は研磨や磨き直しが必要になり、コストや手間が非常に掛かってしまいます。今回採用した大理石模様のセラミック天板は、天然石のデザイン性を持ちながら機能的に非常に優れたインテリア素材です。ダイナミックな表情や微妙に変化する色合いが特徴ですが、磁器質タイルなので水分や汚れが染み込み難く、清潔で衛生的にお使いいただけます。さらに、硬度が高く鋭利な刃物やカトラリーなどでの引っ掻き傷に強く優れた耐久性を持っています。

大理石模様のセラミック素材は、まるで天然石を切り出したようなテクスチャーと一般的な石材タイルや天然石では難しい継ぎ目のない大判サイズも大きな魅力です。3メーターの巨大な原盤を加工して製作するのですが、非常に重く割れてしまう危険性がある素材なので輸送にも注意を払います。素材の特性を生かしてキッチンに使われることも多く、テーブル天板を素材合わせでお使いになりケースもあります。清潔で衛生的なマテリアルなので、キッチンワークトップや洗面カウンターにも最適な素材です。エーディコア・ディバイズのセラミック天板でスペックしている素材は、黒をベースとした大理石模様ですが、別製でホワイトやグレーの大理石模様も対応は可能ですのでぜひお問い合わせください。

MD-1102テーブルの開発にあたっては、天板素材として初めて取り入れたセラミック素材のため、加工や木部との収まりにはとても苦労しましたが、美しいディテールの存在感のあるテーブルになりました。素材として高い性能を持った大理石模様セラミック天板ですが、この素材の一番の魅力は磁器特有の深みのある表情と上質な素材感とテクスチャーです。機能だけで選ばれているのではなく、この重厚感と素材感が今のインテリアの空間に求められているデザインなのかもしれません。オフィスからパブリックスペース、様々な住空間まで皆様のインテリア空間に取り入れてみてはいかがでしょうか。(開発 武田伸郎) MD-1102 天然大理石模様セラミック天板のテーブル。木製フレームと重厚な大理石セラミック天板の組み合わせは、重厚かつスタイリッシュ。 左上:セラミック天板は、1枚ごとに色調や光沢、柄やテクスチャーが微妙に異なります。 左下:大理石模様のセラミック素材と木ベースの柔らかな素材の組み合わせ 右上:セラミック素材特有の深みのある質感、風合いが魅力です。1枚ごとに色調や光沢、柄やテクスチャーが微妙に異なります。 右下:特注対応になりますが、ホワイト大理石模様のセラミック天板も対応可能です。

MD-706A LIVING TABLE

2021.03.28



[AD CORE DEVISE PRODUCT INFORMATION]
クリエイティブディレクター瀬戸 昇が、デザイナーからの視点で写真だけでは伝わらない製品の魅力を動画でお伝えします。今回は、A-mode Heritage よりオーク材を削り出された脚部が美しいリビングテーブル、MD-706Aをご紹介します。
■MD-706A LIVING TABLE 製品ページ ▶

ラウンジチェアでデスクワーク

2021.03.23

AD CORE DEVISE SHOWROOM BLOG Vol.327(名古屋・栄ショールーム)

寒さも和らぎ春の足音が聞こえてくる季節となりました。ここ一年ほどはプライベートな時間をご自宅で過ごすことも多くなり、在宅勤務も特別なことではなくなってきました。自宅での時間を快適に過ごせるアイテムが分野を問わず多くなってきましたが、家具でもプライベートな空間にも馴染み、より快適にお使いいただける商品をご紹介したいと思います。

在宅勤務の際、まず必要なのはデスクとチェアです。デスクについては、既存のダイニングテーブルやリビングテーブル等で代用されている方も多いのではないでしょうか。デスクは既存のものを使用しても、チェアを変えるだけで、仕事モードへの気持ちのスイッチも切り替えやすくなります。当社ではオフィスや書斎などでお使いいただけるエグゼクティブチェアのご用意もありますが、インテリアにも馴染み易くお仕事以外でもご使用いただけるラウンジチェアをご紹介いたします。
ラウンジチェアNC-043LAは硬めの座面とウィングバックデザインが身体をしっかりとフォールドし、周りの喧騒も視界に入りにくいので仕事にも集中できます。また、NC-053Lは座り心地が柔らかく、少し低めの座面が長時間のデスクワークの合間の休憩時間もリラックスしてご使用いただけます。また、お仕事で使用されない時は同シリーズのオットマンと組み合わせて、リビングでゆったりとお過ごしいただけます。これら背面の高さのあるハイバックのラウンジチェアは、リモートでの“背景隠し”にも一役買ってくれそうです。1脚あれば何通りもの使い方が楽しめるラウンジチェアをおうち時間に取り入れてみてはいかがですか?ご使用中の家具とのコーディネートも遠慮なくご相談ください。

現在、ショールームは営業時間を変更しております。詳しくはHPをご確認のうえご予約下さい。また、遠方のお客様やショールーム訪問を躊躇されている方には、個別にオンラインで製品確認も可能なオンラインプロダクトツアーも開設しております。お気軽にお問い合わせ下さい。(ショールーム担当:水野 未佳子)
▷ショールームご予約フォーム  左:名古屋ショールーム展示のNC-043LA-W 右:脚がキャスタータイプのNC-043LA-Cもあります。 左:ショールーム展示のNC−053L-H 右上:サロンのデスクチェアとしてもご採用いただいています。 右下:同シリーズのオットマンと組み合わせたNC-053L

MD-705 SYSTEM SOFA

2021.03.20



[AD CORE DEVISE PRODUCT INFORMATION]
クリエイティブディレクター瀬戸 昇が、デザイナーからの視点で写真だけでは伝わらない製品の魅力を動画でお伝えします。今回は、A-mode Heritage ブランドのボタン絞りとパイピングが特徴のシステムソファ、MD-705をご紹介します。
■MD-705 SOFA 製品ページ ▶

DESIGNER

PRODUCT

PRODUCT INFO.

DESIGN

SALES

SHOWROOM

PRESS

OTHERS

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る