COLUMN

2022.6.23 SHOWROOM

過ごし方で選ぶソファ

AD CORE DEVISE SHOWROOM COLUMN Vol.371(東京・広尾ショールーム)

家で過ごす時間が増え、リビングでの生活スタイルやくつろぎ方もますます多様化しています。リビングでメインとなるソファの使い方も生活スタイルの変化により、変わってきているのではないでしょうか。そこで、リビングでの過ごし方に合ったソファの選び方やお勧めのモデルをご紹介いたします。

家の中心となるリビングは家族や友人、親しい人が集まり温かく楽しい団らんの時間を過ごすことが多いのではないでしょうか。ゆったりとくつろぎ、会話を楽しむには様々な座り方ができる大きなソファがお勧めです。MD-1105モデルは、広い座面に脚を載せたり、寝そべったり、軽く腰掛けたり、自由なスタイルでくつろぎながらコミュニケーションが取れます。背やアームがないオットマンを組み合わせれば、色々な方向から座れ、家事の合間に腰掛けたりなど、短時間でも気軽なコミュニケーションが可能です。また、MD-211モデルは囲むように角度をつけたコンビネーションができます。座る人全員の顔が見渡しやすく、自然と会話が生まれる空間になります。
反対に、一つのリビングに集まっていても読書をしたりタブレットで動画を見たりなど、一人ひとりやりたい事が違う場合には、個々のシートが区切られたソファがお勧めです。誰かと同じ空間にいる気配を感じながら、自分の時間を楽しめます。MD-505モデルやARIAは座面クッションと背クッションが個々に分かれていますので、1人1シートで贅沢にお座りいただけます。
また、リビングを多用途に使いたい場合や、限られたスペースを有効に使いたい場合には、機能を持たせたソファもお勧めです。SOGNOはソファとしてもベッドとしても機能性をそこなわずにスタイリッシュにお使いいただけます。MD-605モデルは背クッションを外すとシングルサイズのデイベッドとしてもお使いいただけます。ご自身がリビングで寝そべりたい時や、親しい方が宿泊する時にも対応できますので多用途に使えます。

過ごし方に合わせてリビングのソファをお選びいただくと、リビングで過ごす時間も豊かになります。様々なスタイルのソファの中からご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。ご来場をお待ちしております。(ショールーム担当:西條 恵理)

左上:MD-1105モデル。コーナー部分にオットマンを配置すると抜け感が出て、背側からも座れフレキシブルにお使いいただけます。 右上:MD-211モデル。120度と90度のコーナーソファがあり、柔らかなカーブがコミュニケーションが広がる空間を作り出します。 左下:MD-505モデル。独立した柔らかな背と座が安らぎを与えます。 右下:ARIA(AD-009)。座面の傾斜と奥行きがくつろいだ座り心地を生みます。
左:ソファとベッドの機能を持たせたSOGNO(AD-035)。簡単な操作でソファからベッドに。シングルとセミダブルの2サイズあり、市販のボックスシーツをご利用いただけます。 右:MD-605シリーズ。置き式の背クッションを外すとデイベッドとしてお使いいただけます。

2022.6.22 SHOWROOM

STYLE Expressionをご用意しています

AD CORE DEVISE SHOWROOM COLUMN Vol.370(名古屋・栄ショールーム)

6月に入り全国的に梅雨入りをし、いよいよ梅雨も本番です。AD CORE DEVISEでは、ショールームにお越しいただいたお客様にお好みのインテリアをイメージしていただき易いよう、印刷物でご覧いただけるSTYLE Expressionをご用意しております。こちらのカタログは、お打ち合わせの際に家具へのイメージを膨らましていただけるようにご用意したツールで、ショールームでご覧いただくことができます。AD CORE DEVISEの家具をご存じでないお客様にも、当社の4つの異なるブランドテイストを分かり易くご覧いただける構成になっています。

STYLE Expressionの写真は、アメリカ西海岸の邸宅で撮影した製品のイメージ写真がメインで、見ているだけで想像が広がり、ページをめくるたびにワクワクする素敵なSTYLE BOOKです。見開きで同シリーズのリビングセット、ダイニングセットをご覧いただける構成になっているので、ページ毎に一目でお部屋全体のコーディネートをご確認いただけます。当社では今年から、環境への配慮の観点から紙媒体での総合カタログは廃止し、ホームページからカタログをご覧いただけるようホームページもリニューアルしましたが、お手元でゆっくり家具をイメージしたいというお客様のお声からSTYLE Expressionを作りました。ただし、ご自宅でお好きな時間に家具選びを楽しんでいただけるよう、代表的な製品を掲載したお渡しできるミニカタログもございます。ご希望の方はスタッフまでお声掛けください。

STYLE Expressionをご覧いただきながら、ショールームで実物の家具に触れて家具選びを楽しんでいただくのも良し、ご自宅でゆっくりミニカタログやホームページで製品を見比べていただくのも良し、お好きなスタイルで家具選びをお楽しみ下さい。(ショールーム担当:水野 未佳子)
▷ショールームご予約フォーム 

手触りにもこだわったSTYLE Expressionです。ぜひお手にとってご覧ください。
左:STYLE Expressionに掲載されている家具をSRでご体感いただけます。 右上:家具が決まったら、塗装色や張地などお好みに合わせてご提案させていただきます。 右下:STYLE Expression以外にもホームページ画像やタブロイド紙、ミニカタログなどで製品をご確認いただけます。

2022.6.8 SHOWROOM

空間に合わせた自分好みの家具を

AD CORE DEVISE SHOWROOM COLUMN Vol.369(大阪・心斎橋ショールーム)

エーディコア・ディバイズの製品は、ご注文をいただいてから国内の工場で製作しお届けしています。お選びいただいた家具を、ブランドごとに選べる塗装色に加え、豊富なバリエーションの張地の中からお好きな布をお選びいただき、様々な組み合わせの中から自分仕様の家具をお作りいただけます。お部屋のインテリアのテイストにあわせた、お気に入りの家具に囲まれた生活をスタートしてみませんか?

ソファやチェアの規格張地は全部で124アイテムご用意しております。また規格外でもご指定の張地をご使用いただくこともできます。また、ソファに施すパイピングをオプションで本革に変更できる製品もあります。本革にすることで引き締まった印象になり、高級感も出て大変好評です。木部の塗装色は、お部屋の床や壁などのテイストに合わせられる様に全部で22色ご用意しています。A-mode・PMMA+Woodは5色、AD CORE・NEO CLASSICOは13色、Heritageシリーズは9色とブランドごとに色をお選びいただけます。木本来の色を生かしたナチュラル色やダーク色、Heritageシリーズには人気のヴィンテージ色をお選びいただくことができます。塗装色やファブリックを合わせることで、インテリアに統一感が生まれます。また、背面にハンドルを付けることが可能なチェアもあります。後ろ姿のアクセントにもなり、張地部分に直接触れることがないので衛生的で、機能的にもチェアの移動がしやすくお掃除の際にとても便利です。

お部屋のイメージに合わせてお客様にご満足していただけるよう様々なご提案をさせて頂きます。実際に張地や塗装色を見ていただけるよう全てサンプルを揃えておりますので、ぜひご相談ください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(ショールーム担当:天川 唯)

上段:ソファMD-805。下段:ソファ210A。同じ製品でも張地や塗装色の選び方で、随分印象が変わります。
左上:オプションでチェアに取り付けが可能なハンドルが豊富に揃っています。左下:塗装色全22色からお選び頂けます。右:実際にオプションハンドルをつけた仕様のチェアです。(NC-051BC-S)

2022.5.24 SHOWROOM

非日常のインテリア

AD CORE DEVISE SHOWROOM COLUMN Vol.368(東京・広尾ショールーム)

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、働き方や生活様式に様々な変化がありました。感染拡大前の社会に戻りつつもテレワークやリモートワークが定着し、都心にお住まいの方は自宅にワークスペースを設けたり、住まいを環境の良い郊外に移したりと暮らしが変化した方も多いと思います。感染防止対策の自粛期間は、旅行に気軽に行けなくなったので別荘やセカンドハウスを購入され、インテリアのご相談を承ることも多くなりました。

別荘やセカンドハウスの家具をお選びのお客様は、インテリアのご要望も日常の住まいとは異なります。特にリゾートを意識したコーディネートでは、外の景色も楽しめるように、ソファを窓向きに配置することが多くなります。目の前に広がる樹々や海、空を眺めていると自然とリラックスした時間を過ごせ、より非日常感を味わえます。一般的にソファはテレビが見えるように配置することが多いですが、日常生活でもソファの向きを変えるだけで違った雰囲気が味わえると思います。ご家族や親しい方と過ごすリビングのソファで人気の製品が、システムソファMD-1105シリーズです。シート幅のサイズバリエーションが多く、奥行きもD900mmとD1100㎜の2種類からお選びいただけます。コンパクトなシェーズロングとしてもお使いいただけるD1100㎜のタイプは、ソファの上でゆったりと過ごすことができるサイズ感でお客様から好評をいただいています。オットマンやベンチと組み合わせて抜け感のあるコンビネーションもできますので、ロケーションや使い方に合わせてお楽しみいただけます。また、テラスや広いバルコニーには、アウトスペースでもお使いいただけるテーブルとチェアをセットすると屋外での食事やティータイムも楽しめますね。

別荘やセカンドハウスでは生活感をおさえることで非日常感を演出できますが、そういった空間づくりを日常生活に取り入れることで、日々の生活にもリラックスした空間ができます。インテリアコーディネートのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。皆様のご来場をお待ちしております。(ショールーム担当:西條 恵理)

ショールーム来場予約▷

コーナー部分にオットマンを配置すると抜け感のあるレイアウトになります。また、背面側からも座れますのでフレキシブルな使い方ができます。
外部でも使用できるチーク材を使用し、アウトスペースでもお使いいただけます。使用している金物はステンレス製です。仕上げには、環境に優しい水性外部用塗装を施しています。

2022.5.20 SHOWROOM

名古屋・栄のランドマークと共に家具選び

AD CORE DEVISE SHOWROOM COLUMN Vol.367(名古屋・栄ショールーム)

新型コロナウィルス感染予防対策に伴う外出自粛も一段落となり、名古屋の街にも活気が戻ってきました。名古屋・栄ショールーム前の久屋大通りパークの往来も増え、夕方からは錦の街にも沢山の人が集まるようになりました。ショールームの目の前にそびえ立つテレビ塔も日暮れからはライトアップされ、栄の街に彩りを添えています。

蔓延防止措置解除後は、名古屋・栄のランドマークであるテレビ塔周辺でも少しずつイベントも開催されるようになりました。休日にはマルシェが開催されたり、テレビ塔1階の公園コミュニティでは、コンテストが開かれたりと賑やかさが戻りつつあります。また、様々なイベントやテーマに合わせて違った構成で魅せてくれるライトアップは、毎晩私たちを楽しませてくれています。日没が早い季節になると、ショールームからもこのライトアップを楽しむことができ、ガラス越しに映り込むカラフルなネオンカラーに魅了されます。テレビ塔がテーマに合わせてライトアップを変化させているように、エーディコア・ディバイズのショールームでも、季節ごとのテーマカラーに合わせたクッションやお花などのデコレーションで季節感を演出しています。是非ショールームにご来店の際は、家具と共にデコレーションもお楽しみください。梅雨を迎えるこれからの季節は外出も億劫になりますが、名古屋・栄ショールームは、セントラルパーク10A出入口の目の前のビルにあり、地下鉄でのご来店であれば傘いらずの好立地です。

エーディコア・ディバイズのショールームでテレビ塔を間近にご覧いただきながら、名古屋の中心で家具選びをお楽しみ下さい。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(ショールーム担当:水野 未佳子)

名古屋・栄ショールームはセントラルパーク10A出口を出てすぐです。お気軽にお立ち寄りください。
左:名古屋テレビ塔。栄のランドマークです。 右上:5月21日には『階段垂直マラソン(バーティカルランニング)大会』が開催されます。 右下:JSA登録のエリート選手が、サーキット年間チャンピオン『国内 階段王』を目指します!