CATEGORIES

製品価格改定のご案内

2015.12.28

製品価格改定のご案内

お得意様各位


                 製品価格改定のお知らせ


拝啓 秋涼の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は弊社製品をご愛顧にあずかり、厚くお礼申し上げます。弊社も今年でオリジナル家具ブランドを
掲げて満30年を迎えました。これもひとえにお贔屓下さいますお客様各位のお陰さまと感謝いたして
おります。

さて、このたび表題のごとく、来月予定しております新製品の発表と同時に発刊します2016-2017年度
版の新カタログに合わせまして、個別の価格を見直しまして価格改定をいたすこととなりました。これ
まで協力工場とともに製品価格の据え置きに努めてまいりましたが、家具製作資材価格の順次高騰して
いく現況下でそのコスト吸収と抑制が一企業努力では困難となり、製品価格の見直しを余儀なくされる
こととなりました。

つきましては、誠に恐縮ながら、下記のとおり、新年1月の受注分より新価格でのご提供とさせていた
だきますので予告ご案内申し上げます。何卒、趣旨お汲み取りのうえご理解、ご了承賜りますようお願
い申し上げます。尚、今後ともより一層のサービスに努めてまいりますので、倍旧のご支援ご愛顧のほ
どを重ねてお願い申し上げます。

                                            敬具
2015年11月
                              株式会社エーディコア・ディバイズ
                                   代表取締役 北島 孝彦
 

                        記
                    製品価格改定について

                      新価格適用日
               2016 年 1 月 1 日以降のご発注分より
                   
         


望月 貴文氏 「PATINA」木象嵌細工展示会 

2015.12.01

望月 貴文氏 「PATINA」木象嵌細工展示会 

AD CORE DEVISE EVENT NEWS VOL.44
エーディコア・ディバイズ東京・広尾ショールームでは、当社のOBでもあり、イタリア フィレンツェで活躍する木象嵌細工の作家、望月 貴文氏の展示会を12月1日(火)より開催しております。

木象嵌細工とは?
日本では箱根の寄木細工のようなデザインはあるもののあまりピンとこない方も多いかと思います。ヨーロッパでは主に教会や主要建築などの壁面・家具の装飾デザインとして中世から用いられてきた技術でとても絵画的なものです。様々な木目を組み合わせて表現をするこの伝統技法は絵画とは違った独特の雰囲気を持っています。

今回の展示会のテーマは「PATINA -時に磨かれた美-」
過去・現在、そして未来へと時間の経過がつくる美しさを感じていただけるような作品を準備しております。Paisley柄をモチーフにした約1000ピース(W54cm × D54cm)の作品をはじめ、古い靴の木型に象嵌装飾をしたものや木製の蝶ネクタイなど見たことのないようなものばかりです。この機会に是非ご来場下さい。

展示会日程
12月1日(火)〜5日(土)11〜19時 (開催中、望月氏が常駐しております)

望月貴文 プロフィール
1979 東京都足立区生まれ
2003 営業職(コントラクト担当)としてエーディコア・ディバイズに入社
2007 エーディコア・ディバイズ退社後、アンティーク家具修復を学ぶためにイタリア・フィレンツェへ
2008 家具修復工房「Renato Olivastri」にて家具修復・木象嵌細工を学ぶ
2014 木象嵌細工工房“Zouganista di Takafumi Mochizuki”をFirenzeにオープン
現在に至る
Zouganista di Takafumi Mochizukiのホームページ ▷ 細かい精密な細工に目を奪われます。

Recent Posts

Back Number

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005

EVENT

SEMINAR

PRODUCT

PRESS

SHOWROOM

OTHERS

NOTICE

PRIVACY POLICY

PC版を見る
スマホ版を見る